2017年06月18日

世見2017年06月18日気掛かりな世界の気象







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/06/018


異常気象は日本だけではありません。
洪水の被害も増えています。
気温も記録を更新しています。


アメリカは熱波が襲うことでしょう。
アメリカの西海岸は要注意です。


インドも被害が拡大する大災害にみまわれやすく思えるのです。
南アメリカはこの数年降水量がアップすると思っています。


モンスーンの時期がいつなのか私はわかりませんが、東南アジア地域は気掛かりです。又、少雨が原因で困ったことも起きる気がしています。


中国も記録的な大雨がいつ人々を飲み込むかもしれません。
今年の9月までは、充分気を付けて欲しいと思っています。


今後、どこの国で大噴火が起きても、大気中に放出される微小粒子が気候に影響を与えるようにも思っています。


山火事は年々増え、避難を余儀なくされる数も驚きの数字になることでしょう。
「大都会の大停電」映画でも見ているかのように、都会から明かりが消えるのが見えます。


「現実に起きる」と思ってしまったのです。
巨大地震の第一位が東日本大地震でしたが、M9.0以上の地震が起きるとも思っているのです。


その地が「日本である」と今は思っていませんが、チリ、スマトラ、オホーツク海、日本と、書きたくないのに書いてしまいました。


太平洋沿岸は今後も注意が必要にも思っています。
イタリアもまだ落ち着いているとは思えません。
西之島は今日も活発な動きを感じています。
オクラホマ辺りもいつ大きな揺れを体験するかわかりません。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
今年は


昔の人は風流でした。
風鈴の音に涼しさを感じたり、川の流れる音を楽しんだり、星のきらめきに心が洗われたりと、現代人とは違う時が経つ楽しみをしていました。


もう少しすると、「暑い 暑い」が直ぐに口から出て来る真夏がやって来ます。
今年の夏は生涯で一度きり。


ほんの少し風流を味わうくらいはしてもいいように思うのです。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

世見2017年06月17日関東大震災







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/06/017


関東大震災から94年目が、この9月1日に来ます。
あの日の夜明け頃は、南風を伴った豪雨でした。

その豪雨も、10時頃には止みました。
蒸し暑い一日だったそうです。
大地はゆっくりと揺れ始めました。
約15秒後、家が鳴り、烈しく約2分間揺れたそうです。

東京では80カ所以上から火の手が上がりました。
燃え広がった火は飛び火して約150カ所が燃え、鎮火するまで丸2日も続いたとも言われています。


阪神淡路大震災の時の大火災を忘れることの出来ない私としましては、あの当時の人々の恐怖が、今でも生々しく感じ取れてしまいます。


江戸の名残りが色濃くあった東京ですが、関東大震災で随分と江戸の良さが消えました。


「関東大地震は大丈夫ですか」と、よく質問されるのですが、私はこのように思っているのです。


「私は体験するだろう」と。


現在の私の年齢は70歳です。
後20年、生きられるかわかりませんが、20年生きられたとしたら20年以内に起きることと思っているのです。


関東大震災は、後6年で100年を迎えます。
勿論、起きて欲しくはありません。


南海トラフ地震が先か、関東が先か、今日はわかりませんが、連続するようにも思っているのです。


関東大震災は予言されていたともいいます。
私達は人間である前に、命の危機を察知できる動物でもあります。
いつ、どこで、どんな大災害が起きてもおかしくない時期が今です。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
親子


子離れが出来ない親達。
私は、子離れが出来ないからといって悪いことではないと思っています。


でも行き過ぎると子との距離が遠くなります。
子は育つもの。親の存在を忘れているのではなく、自立心の成長が親離れに繋がっているのです。


子もいいとこどりをするので、親の気持ちを上手く利用する時もあります。
どんなことが起きても、生涯親子は親子。


だからネ。
力み過ぎないように!







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

「デュテルテ比大統領が公的場面に姿を見せない日々が続く」今日の焦点 原田武夫氏2017年6月16日号








⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「デュテルテ比大統領が公的場面に姿を見せない日々が続く」です。


⇒その理由は……:

 ─「不都合な現実は都合の良い形へと力づくで変えてしまう」
  これが米欧の統治エリートたちのいつものやり方です。

 ―社会工学的な考え方でもあります。
  「自然(じねん)」は人類の手で変えることができるという確信です。

 ―そのために存在している部隊。
  それがインテリジェンス機関なのです。

 ―逆に言うとこうした確信に基づかない国家にはこれは不必要です。
  それが我が国に他なりません。

 ―繰り返し言います。
  米欧の統治エリートらは「都合の良い真実」を創り出すのです。



フィリピンでデュテルテ大統領が公的な場面から姿を消しています。
これまで何回かありましたが、今回は特に注目されています。


「深刻な疾病」の可能性すら示唆されています。
なぜこのタイミングなのかがカギなのです。


米欧の統治エリートたちを真正面から批判してきたのが同大統領です。
「不都合な真実」を次々に騒ぎ立ててきました。


そういった存在は最終的にどうなるのか。
歴史は教えてくれるのです。


ベネズエラのチャベス大統領も「他殺」と言われています。
反米主義の旗手でした。


今回はどうなのか?
・・・いよいよ「真実」が明らかにされつつあります。

<関連記事>
ディープステートはドゥトルテ大統領を暗殺しようとしています。
・チャベス元大統領について⇓
アメノウズメ塾Nカダフィが殺された訳@あなたは知っていましたか…?
FRB、それは反対するものをことごとく暗殺する富の搾取集団
ドゥテルテ大統領が「第三次世界大戦は見たくない」とアベの申し出を拒否

IISIA公式メールマガジン 2017年6月16日号
発行:  http://www.haradatakeo.com/






posted by キキ at 11:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする