2017年11月21日

世見2017年11月21日東日本大震災から学ぶこと







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
解釈で


人はどんな時に悔しがるのだろうか。
意志が伝わらない時もあるだろうし、一方的に拒絶される時にも悔しさが起きるだろうし、もう一歩のところで進みたかった道を閉ざされた時もこの感情が起きるかもしれません。


ただ、わかることは、悔しさをどのように利用するかで次のステージが違います。
私の場合は「私の人生こんなもん」と思うようにしています。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/11/21


東日本大震災で、私達は何を学んだのでしょう。


行方不明の方が平成23年6月13日で7,932名もおられました。
この時、犠牲に遭われた方は15,424名と発表されました。


あれから年が過ぎる毎に、体験しなかった人の心から、あの日の出来事が少しずつ薄れている気さえいたします。


あの日、3月11日。


日本中を駆け巡った映画のようなワンシーン。私は忘れることが出来ません。
緊急地震速報が電車の中でも至る所から鳴り、ビクビクしたのを思い出します。


東京の高層ビルが大きくしなるように揺れました。
ユラユラと13分以上も揺れたといわれる高層ビル。


いつどこで大災害が起きるかわかりません。
だからと言って、心配をしても答など出るはずがありません。


揺れたら「慌てず騒がず状況確認」と言われても、中々出来ることではありません。
事前に、日頃から家族と話し合い、連絡手段や集合場所を決めておきましょう。勤務先にはチョコやキャラメルを置いておくとか、家には笛を置いておくとか、備えがあれば必ず役に立ちます。


東日本大震災では、地震発生から10分以内で津波が到達しました。


時速は800kmもありました。
今日このようなことを書いたからと言って、大地震が起きると申し上げているのではありません。ですが、起きないとも言えないのが残念です。


大災害は恐怖でも、私達人類の底力は凄く、災害に打ち勝てる力もあります。
私達一人一人が、自然界の恵みで生きられていることに感謝しなくてはいけません。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

「目が覚めることに喜びを。」今日のことば原田武夫氏2017年11月20日








⇒“今日のことば”は:

 「目が覚めることに喜びを。」です。

⇒その理由は……:


 ─ふと思うことがありませんか?
  夕暮れの街並みを見ながら。


 ─「明日、自分がこの世にいなくなったらこの街並みはどうなるのか」
  何も変わらないはずです。


 ─その次の瞬間、どう思いますか?
  何を感じますか?


 ─大いなる寂寥感なのか。
  それとも、「安堵感」なのか。


 ─常に心構えが必要なのです。
  「やり切った」という実感をもって生きなければ。


 ─そして瞬間、瞬間を味わっていくのです。
  そうすれば寂寥感など覚えるはずもない。



朝目が覚めた瞬間に想うべきこと。
「あぁ、目覚めてよかった」


健康であればのこと。
そして、己に為すべきことがあるからである。


だから「生きている」のではない。
「命(めい)の限り生きよ」と動かされているのだ、と。


そのことに対して感謝を。
心から感謝を。


そうすれば・・・道は開かれる。
必ず。

IISIA公式メールマガジン 2017年11月20日号
発行:  http://www.haradatakeo.com/







posted by キキ at 12:00 | 原田武夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世見2017年11月20日国の借金のツケ







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
移り変わり


引越しを今まで何度したのでしょう。


10回もしました。
この引越しの数だけ、私の物語が詰まっています。


家というのは不思議なくらい住む人の気持ちが繁栄されます。
持ち家を手にしたことのない私は、その時の事情で住み、家を変えました。


改めて引越しの回数を思い出しますと、自分が歩んできた人生をも見られます。
縁ありて住んだ家に感謝します。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/11/20


東アジアの米軍の動きが気になります。
昨年、ドナルド・トランプ大統領が当選した時、同盟国に米軍の駐留経費の全額負担を求めました。この答がノーであれば米軍を撤退させるとも言っていました。この時の申し入れをどのように解決をしたのか私はわかりませんが、日本政府は“揉み手外交”をしていたようにも思えるのです。


在日米軍は5万2060人いるそうです。
自衛隊の人が我国にどれだけの人数がおられるのかわかりませんが、日本の軍事費は、安倍内閣発足後5兆541億円になりました。


2016年度の防衛費は前年比1.5%増しです。
北朝鮮問題はあるとしても、来年の防衛費がどうなるのか見ものです。我国は北朝鮮問題が浮上する前から防衛費を随分と使って来ています


消費税2%増に賛成したこの度の選挙結果ですが、子供達の貧困に目を向けてくれるのだろうか。


5兆円を超えた防衛費と、子供達の将来との重き度を私は知りたい。
この20年間で貧困世帯の子供の割合が2.5倍にもなっています。


消費税が5%から8%になって、税収は約8兆円増えました。
消費税増税後、5兆円規模の経済対策をお約束していた安倍政権でしたが、低所得世帯の子供達を守ってくれたのだろうか。


確か8%に増税になった時、具体的な経済対策の中で、従業員の賃金アップと雇用拡大も言っておられました。
私は安倍総理批判をしているのではなく、国民一人一人がもっと真剣に政治と向き合っていないと、大変な未来が待っていると心配になっているのです。


30年も待たずに、今までの国の借金のツケを、多くの国民が目にしそうに思えるのです。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする