2022年05月09日

世見2022年5月9日プーチン大統領







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月9日プーチン大統領


花々が季節の移り変わりを教えてくれています。


お花を見ていると、こんなにも可憐な生物をつくってくれた自然界に「ありがとう」と言いたくなります。


私達は地球に暮らしています。
地球人だということを認識出来れば、戦争もしなくなるかと思うのですが、私達はこの度、残念な結果を目にしました。


人が人を傷付ける、それも戦争という名で。
人は何故残虐になれるのでしょうか。
戦争が大好きだとしか思えぬプーチン大統領。彼も人の子、人の苦しみがわかっていないはずはないでしょう。


どんな野望を持っていたとしても、一つしかない大切な命を奪う権利は誰にもない。


この度の出来事は、プーチンを歴史の中で間違いなく悪人として登場させることだろう。


ただ、歴史というのは恐ろしい面もある。
権力を手にした毛沢東は、欧米に並ぶ国力を目指すも、後に大量虐殺を行い、甚大な飢餓へと繋がって失脚。後に文化大革命を引き起こし、再び数百万人もの国民を死に至らしめたのです。しかしそんな毛沢東ですが、今では中国建国の父になってもいます。


恐怖政治で権力を握った赤の皇帝。
ソ連のスターリン書記長も、党内のライバルや一般市民、文化人 学者、外国人までもを“人民の敵”とみなして粛清を行いました。

偉大な指導者として国歌にも歌われるほど個人崇拝を望みましたが、スターリンは晩年「自分の周りにいる人間は総て敵である」と悩まされたみたいです。そして、今のプーチン大統領にもこの思いが忍び寄っている気がします。


スターリンは脳溢血で亡くなりました。プーチン大統領にも必ず死は訪れますが、多くの人の恨みをかった分、穏やかな終わりにならないことでしょう。


ヒトラーのような終わりにはならないでしょうが、「嘘がばれない」なぁんてことがあるはずもありません。


きっと厳しい体験をすることでしょう。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索




posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

世見2022年5月8日露政府間協議







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月8日露政府間協議

今、世界が大きく変わりかけている気がする。
人々が造り上げた街々が、アッという間に砲撃で瓦礫と化してしまうのだから胸が痛む。


地下に逃れ、電気もなく、水もなく、雪をかき集めて飲んだとニュースで知ると、こりゃ拷問だぁと思った。


人間はどうなると非道に走れるのだろうか。


戦争が命のやりとりなのはわかる。
だからといって、心をなくしてしまっていいのだろうかと思う私は、何もわかっていないのかもしれません。


北方領土問題も暗礁に乗り上げてしまうだろう。


2014年に起きたウクライナ危機に対して、日本政府はロシア政府関係者らに対するビザの発給停止などの制裁を行いました。


この時、プーチン大統領は「北方領土問題の交渉プロセスを止めるのか」と発言し、ロシアは交渉の用意があるとも言ったのですが、ロシアへの入国を禁じる日本人リストを日本政府に提示後、北方領土を含むクリル諸島で軍事演習を行い、外務次官級協議も一方的に延期したことがあります。


プーチン大統領は、今回の日本の対応にはかなり激怒していると思われるのです。


外交カードの1つとして、北方領土返還を活用して来たロシアでしたが、何か嫌がらせをしてくるのが心配です。


ウクライナ侵攻は私達の生活にも忍び寄っています。


世界経済が大きく揺れることでしょう。
食料難の時代がすぐにやって来るとは思いませんが、値上げの嵐は避けられないと思います。


プーチン大統領と安倍前首相の、日露共同声明が行われたのは2013年の4月でした。


「可能な形で最終的に解決することにより平和条約を締結する」


この決意表明は何だったのでしょうね。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

世見2022年5月7日火山活動







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

―――★―――★―――★―――

<世見>世見2022年5月7日火山活動


揺れる度に体中が痛がるのがわかります。
震度4クラスの地震があちらこちらで起きると、次は我が家も揺れるのかと身を引き締めます。


これからも地震や火山噴火は不意打ちでやって来ることでしょう。


火山に付いては、110の活火山に対しては、気象庁が噴火警報を出すことになっています。


2014年の9月27日、御嶽山が突然噴火した時には噴火警報が間に合わず、登山客が57人も亡くなられ、行方不明になられた方が6人もおられます。


雲仙・普賢岳の火砕流の時を超える、戦後最悪規模の噴火災害になってしまったのです。


御嶽山は常時観測火山に指定して24時間火山活動を監視していたのに、今回の噴火は予期出来ませんでした。


御嶽山は標高3,000m級ながら、7合目まで行くことが出来るロープウェイや駐車場なども整備されていることから、日帰りで登れる山として人気が高いお山でした。


9月下旬から10月中旬には紅葉が美しく、この日は土曜日でしたから多くの犠牲者を出してしまいました。


2013年に世界遺産に登録された富士山も活火山です。


かつて噴火していない火山は“休火山”或いは“死火山”などと呼んでいましたが、2003年には定義が見直されて、日本には活火山が何と110もあるのです。


御嶽山の噴火から8年が経ちました。
御嶽山の噴火が学びになっているといいのですが、いつあの美しいお山の富士山が大噴火するかもしれません。


出来ることなら富士山には噴火を我慢して欲しいところですが、箱根山も気になることから、いつどうなることやら。


火山の近くに住んでおられる方も、火山に観光や登山に出掛けられる時は気象庁のホームページをチェックするくらいはなさってください。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2022年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする