2020年05月20日

世見2020年5月20日 富士山







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
和む


我家には雀さんが一匹、私と暮らしています。


雀吉(じゃんきち)が彼の名前です。
彼は一日中同じ所で過ごしています。


高さは1センチ5ミリ、横は嘴から尻尾までが3センチです。


彼はガチャガチャを回して出て来た丸い容器の中に入っていた我家の子供です。


我家に来て1年半くらいが経ちます。
彼は、私が毎日原稿用紙に向かう机の左横にある、名前がわからない植物の近くにいて、私が原稿を書き始めると心がフワッと楽になる気を送ってくれています。


雀吉、今日も元気にしてくれてありがとう!



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月20日 富士山


日本の象徴といえば富士山。
全世界に富士山の美しさは知られています。


新型コロナウイルスのために、外国人観光客が今訪れることはありませんが、2000年の9月に訪日団体旅行ビザが解禁され、旅行ブームに沸く中国人の間でも、富士山は人気スポットになり、多くの人が富士山を見にやって来ています。


富士山はれっきとした活火山。
きれいな円錐形をしているのは、過去何度も噴火を繰り返した証です。


今から10万年前までに小御岳という火山をつくりました。


その後も噴火は続き、1万3000年前までに古富士を形成しました。


そして、1万1000年ほど前になって大噴火が起き、その時に出来たのが現在の富士山です。


小御岳の更に下に、先小御岳があるのも見付かっています。


富士山が出来てからも噴火は繰り返されていて、864年の貞観大噴火では、流出した溶岩流が青木ヶ原に流れ込みました。


あの当時、“せのうみ”という湖がありましたが、この時の大噴火で分断されて西湖と精進湖をつくりました。


この両方の湖と本栖湖は水中でつながっているとも言われています。


貞観大噴火の時と噴火物総量が同等以上と言われているのが、1707年に起きた宝永大噴火です。


313年前の出来事です。
貞観大噴火から宝永大噴火までにかかった年数は843年です。


出来れば後500年以上大噴火は避けて欲しいとは思いますが、500年後の人々が苦しむのは胸が痛みます。


いつ大噴火をしてもおかしくない富士山ですが、あの美しいお姿は見るものの心を癒します。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

世見2020年5月19日 野生のエルザ







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
お花に


お花さん達は、どんなことを思って咲いているのだろう。


「見て見て、私ってきれいでしょう」とは言っていないのがわかります。


私達は見る側ですが、咲く側のお花さんからすると、次には種を付けて子孫繁栄を思っていて,咲くことの役目を果たしているだけのことなのでしょう。


なのに、切り花のお花さん達は、私達だけを喜ばせるのがお役目だと思うと、心から「ありがとうございます」と言いたくなりました。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月19日 野生のエルザ


今日は、お心が温かくなるお話を書きたくなりました。


『野生のエルザ』

この映画を覚えておられる方もおられると思いますが、あの感動をもう一度味わっていただきたいのです。


「人食いライオンが出た」

そう報告を受けたのが、ケニアの狩猟監視官のジョージ・アダムソン。


ライオンは齢をとると足の速い動物は捕まえられず、人間を襲うようになるのです。


ジョージは猟銃を手にして、人食いライオンを次々に退治しました。


「もういないだろうなぁ」と辺りを見回したジョージは、岩の窪みにいる生後数週間も経っていない3頭の赤ちゃんライオンを見付けました。


彼は親を亡くした赤ちゃんを不憫に思い、育ててみることにしました。


「お土産だよ」と妻にライオンを見せると、妻のジョイ・アダムソンは喜びました。


3頭は、「ビック・ワン」「ラステイカ」「エルザ」と名付けられました。


ミルクも飲んでくれない赤ちゃんライオン。掌にのせてミルクを飲ませたりしている内に、赤ちゃんライオンはすくすく育ち、直ぐに大きくなりました。エルザを残し、2頭は動物園に引き取ってもらいました。


野生に帰すための訓練のおかげで、エルザは野生に帰ることが出来たのです。


エルザが野生に帰って一年が経ったある日、アダムソン夫妻はエルザと別れた自然保護区にやって来ました。二人はエルザの名前を呼びましたが、エルザは現れません。


諦めて帰ろうとした時、茂みの中から一頭のメスライオンが姿を現しました。


エルザです。
エルザは懐かしそうにジョイに体を摺り寄せてきて、ジョイの顔を舐めます。


野生に帰り一年目の出来事です。
エルザは三頭の母親になっていました。雄ライオンの声を聞くと、エルザと子供達は帰って行きましたが、その後もエルザは二人のもとにやって来ました。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

世見2020年5月18日 スーパーノートとCIA







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
人恋し


人恋しい日って突然やって来ます。
話し相手がいても人恋しくなる日があります。


そんな日というのは、子供のようにただただ誰かさんに甘えたい日なのだと思うのです。


人恋しいからと言って、大人だから甘えられないのではなく、甘え方を忘れているだけだと思うのです。


それと、甘えることってどんなことかもわからなくなっているのだと思います。


だからね。
ウニャウニャと意味もなく発した言葉に、「可愛いね」と言われ、頭を撫でられたくなるのですが、そんなことをしてくれる人はいません。


だったらご自分で鏡を見ながら、「可愛いね」くらい言っちゃいなさいなぁ。


自分に甘えるのもいいことに思うのですがね。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月18日 スーパーノートとCIA


戦争が起きれば起きる程に、儲かる人や企業集団がいるのかもしれません。


戦争で儲けた人達は、人として心が痛まないのでしょうか。


戦争には人の死が付きものです。
性別も年齢も関係なく、戦争による被害は罪のない人々が受けることになるのです。


大手軍需産業や一部の金融資本家、政治家や軍人が一体となり、戦争で儲けようと計画を企てていたのを感じ取った地球が、新型コロナウイルスという目的をつくり、世界が一丸となってこのウイルスに立ち向かわせるように仕向けたのかもしれません。この新型コロナウイルスもまた、人間の奢りによるものなのかもしれません。


トルストイの『戦争と平和』という作品は、実に見事な題名を付けたものです。


「戦争で勝利すると平和になる」あるいは「戦争をしなければ平和にならない」


どのように解釈しても戦争は平和にはなりません。


儲ける方法は他にもあります。
戦争で儲けられる人も一部なら、偽ドルをつくる人もほんの一部です。


“スーパーノート”とはどういう意味なのでしょうか。


「極めて精巧な偽ドルがつくられている」と、何故か書きたくなるのです。


「闇の世界の資金源は偽ドルだった」


世界通貨構想の中に、偽ドルが入っていたとしたらどうなるのでしょう。


ドルって、今までどれくらいつくられていたのでしょうか。


アレ、“CIA”と書きたくなります。
まさか、CIAが偽ドルをつくっているのではないでしょうに、何故かCIAと書きたくなるのです。


スーパーノートにCIA。
今日もわからないことを書いてしまいました。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする