2020年03月14日

世見2020年3月14日 首都圏直下型地震







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
笑顔で


今日はホワイトデー

大好きな方から「はい、プレゼント」と言って手渡されたら、どんなお品でも最高に嬉しいことでしょうね。


してもらって当り前とは思っていなくても、身近な方からプレゼントを頂いた時、心のこもったお礼の言葉って言えていない気がするのです。


「ありがとう」くらいは言うかもしれませんが、その時は笑顔で「ありがとう」を言ってくださいね。




―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年3月14日 首都圏直下型地震


オーストラリアの大火災の映像を見ていますと、コアラもたくさん亡くなったのだろうなぁと思い、淋しくなってしまいました。


火事の恐ろしさは阪神淡路大震災で体験していますし、関東大震災の時には地震直後、東京市内の各所でほぼ同時に火災が発生して、人々の心を大きく動揺させた結果、混乱させたと伝えられています。多くの人は地震で倒壊した家屋から逃れ、地震後の猛火にみまわれ、猛火から逃げようとして川や池に飛び込んで助かった人もいたのです。


しかしながら、着のみ着のままでやっと助かった人も多くいました。


関東大震災の時、東京は東京府でした。
人口は405万人、その中でも旧東京市には227万人も住んでいたのです。東京市の下町に被害が集中し、死者58,000人余りの犠牲者を出し、行方不明者は8,000人を超えたと言います。


もしも、現在の東京で、関東大震災と同様の大地震が発生したらどうなるのでしょうか。


現在の東京都の人口は1,393万人超(令和元年9月1日現在)で、市町村の数は26市5町8村です。


都心の昼間の人口はかなりの数字になるのはご存知の通りです。


大正2年9月11日の土曜に起きた関東大震災の時とは随分と条件も環境も異なります。


高層ビルや地下街などの被害は想定出来ないと思いますし、東日本大震災の時の帰宅難民のように多くの人が帰宅出来なくなるとも思い心配になります。


首都圏直下型地震が起きた場合、帰宅後ならいいのですが、そうでないと650万人が帰宅難民になると試算されています。


2人に1人が帰宅難民になると予想されてもいるのです。


人間の歩行速度は通常時速4〜5kmだと言われていますが、長い時間歩くと速度は段々と落ちます。


歩いて帰る訓練は出来ないでしょうが、今後起きることが予想されている首都直下型地震には備えておきたいものです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

世見2020年3月13日 お月様







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
介護


介護が楽しいとは思えないかもしれません。
現実は、見事なくらい思いも寄らないことが起きたりします。


現在進行系で介護をされておられる方に申し上げます。


間違いなく、介護が出来て良かったと思う日もやって来ますし、もっともっとしてあげたらよかったと思う日も来るでしょう。


介護をする縁を持てたことを誇れる日が必ず来ますからね。


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年3月13日 お月様


どんなに深い悩みでも、36カ月も経つと殆どの人がその悩み事を忘れてしまっています。


36カ月と今書いたのは、3年と書くと人って長い気がしますが月に直すと短く感じるからです。


薄型テレビが登場した時、テレビショッピングでその薄型テレビを36カ月の月賦で購入したことがあるのですが、アッという間に支払いが済みました。


あの時から悩み事があると、何カ月でこの悩み事が解消出来るのかと考えただけで、心がフッと軽くなるのです。


悩み事がおありの方は、36カ月後もその悩み事を解決しないで持ち続けているかを一度はお考えになって見られると、意外と心の中に頑張れる力って湧きますからね。


それと夜空を仰いでみてください。
都会では星が降りそうな光景は目に出来ませんが、幾つかの星が輝いています。


あの星は自分のために輝いている、そう思うだけでも心が豊かになります。


お月様は形を変化させながら満月になります。お月様は、地球からは片面しか見えてはいませんが、月面の裏側には日本人にちなんだ名前のクレーターもあります。


現代人は月の明かりをありがたいとは思いませんが、夜の照明に乏しかった昔の人々は、月に満ち欠けは生活には重要なことだったのです。


明治初期まで、新月の日を月の初めとして日数を教える暦があったのですから、お月様はとても身近な存在だったのです。


いざよい(十六夜)の月って聞いたことはありませんか?


いざよいとは行くかどうか迷うという意味ですが、誠に風流な呼び名です。


今ではこのような風流な言葉は浮かばないでしょう。


毎年暮れになると新語が登場しますが、お月様の呼び名ひとつとっても、昔の人のように風流にはいかないようです。


確か10日の日が満月でした。今日のお月様はどのような形をしておられるのでしょう。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

世見2020年3月12日 戦争大好き人間







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
今を


子供がやっと小学生になったのに、もう中学校をどこにしようかと考える親御さんもいます。


病気が治ったばかりなのに、又病気になったらどうしようと悩む方もいます。


失恋をすると、もう恋なんかしたくないと思う人もいます。


そんなに未来のことばかり考えていたのでは目の前のことが見えなくなりますよ。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年3月12日 戦争大好き人間


日本が戦争をしていたことを信じられない人達が増えた気がいたします。


私だって戦後生まれなので、戦争のイメージはありません。


ただ、子供の頃の記憶の中には、兵隊帽を被り兵隊服を着た片足のない人が道行く人からお金をもらっていた光景が残り、忘れられません。


神戸は空襲が激しかったので、至る所が被害を受けたことを話では聞きましたが、空襲の恐ろしさは知らないのです。


母はB29爆撃機を竹槍で突き落とす訓練をさせられた、と言っては笑っていました。


日本人は、戦が好きなのかもしれません。
戦国時代からも戦好きを感じ取ってしまうのです。


日本人同士の戦いには、いったい何が残ったのでしょう。


現代人が、日本に於いての日本軍をどのように思っているのかと考えてみたのですが、日本軍事態の存在すら、若者達には心の隅にもないかもしれません。


日本軍のスタートがいつなのかわかりませんが、黒船の浦賀への来航によって、幕府が陸海軍を成立させたことから始まったのかもしれません。


ちょんまげを結い、西洋式の軍服に身を包んだ幕府兵がいた時代もあったようです。


「陸軍士官学校」「海軍兵学校」
こんな名の学校があったことをご存知の方も少なくなりました。


やがて日清戦争が起き、平壌の戦いを描いた浮世絵からは、日本軍の強さが炸裂しているのです。


戦争とは人と人との殺し合い。決して戦争に美学などありません。


「挙国一致」のスローガンのもと、ロシアとの決戦に向けて、陸海軍は綿密な計画を練ったことでしょう。日露戦争が勃発。そして次に待っていたのが第一次世界大戦です。


こうして戦争大好き人間が出来上がり、第二次世界大戦へと進みました。


命と引き換えに敵を討つ神風特攻隊、又の名を必死隊、彼らの命は白煙を上げて敵艦を狙い、今世から消えることでした。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする