2020年02月29日

世見2020年2月29日 火山の噴火







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
心の迷い


疑い始めると自分で答を見付けては、そのことが正しいと自分に言い聞かせたりする人がいます。


当たり前だと思っていたことがそうではないと思い始めると、人って自分が作者になってしまい、心に迷いをつくります。


疑いを見付けた時は、その疑い心を「学び」と考えてみるのが本当のことを知ることになると思います。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年2月29日 火山の噴火


何故日本に生まれたのでしょうか。
理由などわかりません。
私のように生みの親がわからないと、何故神戸で生まれたのかさえわからないのです。


でもね。今こうして日本で暮らすことの意味は充分にあると思います。


日本に暮らしているのですから、地震や火山が多いこともわかっていないとダメなのかなぁと思ったりもします。


火山噴火の予知は地震を予知するよりましなのかなと思っていましたが、57人も犠牲者を出した御嶽山の噴火は突然でした。御嶽山は長野県と岐阜県の県境に聳えている、標高が3067mもあるお山です。


戦後3回ほど水蒸気噴火を起こしていて、今回も水蒸気噴火でした。


この御嶽山は、気象庁が常時観測火山に指定しています。24時間火山活動を監視していたのにも関わらず、気象庁は今回の噴火を予知出来なかったのですから、これからも、24時間の監視体制をとっていても、いつ大噴火をするのかわからない火山があることになります。


御嶽山が噴火したのが2014年9月27日の土曜日でした。


土曜日でなければ、紅葉シーズンであっても登山をされる人は少なかったかもしれません。


多くの登山客がいたことが被害を拡大させたのです。


私達はこの時のことを学びとして受け止めないと、再び大惨事を見ることになるかもしれません。


最近、地図を触ると、箱根山が気になります。御嶽山は富士山と箱根山に近い火山です。


私達が過ごす時の流れと自然界の時の流れからすると、御嶽山が噴火してからの6年という月日は、決して永い時の流れには思いません。


富士山が大噴火でも起こしたら、登山客の人数から見ましても、考えるだけでも恐ろしい光景が繰り広げられるのではと、とても気になって仕方がありません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

世見2020年2月15日 北朝鮮とトランプ大統領







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
長寿


人の寿命は50年と言われていた頃がありましたが、今は100歳時代です。


「人間50年 下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり」


この敦盛の幸若舞の一節を、織田信長は好きだったのでしょう。


桶狭間の戦い直前に舞ったと伝えられていますが、人は誰でも寿命が尽きて死を迎えます。


人生は儚いかもしれませんが、後悔しないように生きてみるのが一番かもしれませんよね。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年2月15日 北朝鮮とトランプ大統領


キングコブラといえば、笛を吹くと壺の中から現れる毒蛇の王様。


キングコブラに噛みつかれると神経が麻痺し、毒液が大量に体内に入ると呼吸出来なくなるというのですから、誠に恐ろしい毒蛇です。


野生では殆ど敵はいませんが、子供時代はそうではありません。


ご存知の通りの頭の形が悪さして、頭の上は見ることが出来ず、大型の肉食の鳥の食糧になってしまうのです。


それとね。あのクジャクはキングコブラに噛みつかれても毒が効かないのです。


知れば知るほどに野生の王国では不思議なことばかりです。


北朝鮮がキングコブラだとしたらアメリカはクジャクだと思いますし、まだまだ子供のキングコブラで頭の上が見えないために、中国・ロシアからいつ噛みつかれるかわかりません。


日本はと言いますと、いつ実験失敗で空からミサイルが落ちて来るかわからない立場です。


北朝鮮からすると、日本は眼中にないというより、威嚇すると思い通りの反応をするので、わかりやすい国と思っていることでしょう。


昨年の6月、現職のアメリカ大統領が初めて軍事境界線を越えて北朝鮮入りをした時には、平和がやって来ると思ったりもしたのですが、非核化を望まない金委員長。これじゃ経済制裁の解除は難しいかもしれません。4回目の話し合いが注目されます。


ところがトランプが大統領の時でないと、次なるトップ会談は難しくなるかもしれません。


トランプ大統領の北朝鮮入りは、今年の大統領選を見越したドラマだったのだと思われるのです。


いよいよ今年はトランプ劇場の王手がかかった年。


これからの動きは、トランプ大統領の頭の中で北朝鮮がどれだけ重要な地位を占めているかにかかっています。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

世見2020年2月14日 韓国情勢







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
バレンタイン


今日の主役はチョコレート。
どうも、人間は脇役のようです。
いつからなのでしょうかね。
バレンタインが今のようになったのは。


今日は自分にラブコール。
チョコレートケーキでもいただくことに致します。


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年2月14日 韓国情勢


戦後最悪といわれる日韓関係ですが、昨年の9月に日韓関係が最悪の中、韓国に出掛けてみると、お店では日本人大歓迎で驚きました。


帰国する飛行機に乗るまでのタクシーでは、日本語が話せる運転手の方は日本人客が減って売り上げが減ったと嘆いていましたし、文在寅大統領のやり方に不満を持っていたのです。


日韓関係が最悪かもしれないと思ったのが空港でした。


食事をする時のメニューで、アサヒビールが×印だったのを思い出します。


文在寅大統領はいったいどうしたいのでしょう。


元徴用工が新日鉄住金に起こした訴訟で、最高裁判所が一人当たり1,000万円の賠償を命じる判決を出してからは、アレヨアレヨと仲が悪くなっていったのです。


韓国は、ジーソミアは昨年の11月末に破棄を撤回、延期は決まりましたが、いつ何をして来るかわかりません。


ジーソミアは防衛に関する情報を両国で交換し合う協定ですが、韓国は北朝鮮のことを心配していないのでしょうか。


韓国は米国からも中国からも信用されていないのでしょうか。


ジーソミア破棄を通達した時に、アメリカのポンペオ国務長官が「韓国に失望した」と表明しましたが、まさにその通りだと思うのです。


韓国国内の中小メーカーは給料が安い。だから職場定着率もとても悪いのです。


勤労者は圧倒的多数で大卒者です。
そのためか、中小メーカーへの就職はしたくないのです。


その結果、国内の品質が低下し、財閥は優秀な部品を輸入することにしたために、増々中小メーカーは大変になり、韓国経済は潤わなくなるのです。


内需振興はこの国の今後がかかっているのです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする