2019年01月31日

世見2019年1月31日アイヌと松前藩


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
柳って


2019年01月31日 (木曜日)

川辺りに立ち並ぶしだれ柳。
今はあまり見かけなくなった気がします。


夏場だと、ドロドロドロ〜という音色と共に、髪を前に垂らし両手はだらりと下げて「うらめしや〜」とお化けが登場するかもしれないしだれ柳の下。


この柳の活躍の場面ですが、昔は数多くありました。
弓の矢になる木であったり、川魚を捕る梁を作るので“やな木”と呼んだのですってね。


「大柳 しだれぬ程ぞおもしろい」と、子規が柳を見てこのように表現しました。


柳ってね。風邪や解熱にも役立っていたのですって。凄いでしょう!



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年1月31日 アイヌと松前藩


今月も終わっちゃいますね。
今日もお付き合いくださりましてありがとうございます。


「15世紀といえばどのくらい前なの?」
こんなことを思ってしまいます。
私は、○○世紀と言われても、今ひとつピンと来ないのです。


ネェネェ、蠣崎(かきざき)さんという名字の人はいますか?
今見えた「蠣」という字って、この原稿をパソコンに打ち込んでくれている人は困るかもしれません。


何だかこの名字に興味を覚えたのです。
エエッ! 姓を改めて松前というようになったのですって。


もしかして、松前藩になる前に蠣崎さんが姓を変えていなければ、“かきざき藩”だったのですか!?


「アイヌ人毒殺事件」‥‥と、タイトルを付けたくなる事件が起きました。


シャクシャンって誰なのですか?
彼は松前藩に憤り、アイヌの人々は各地で怒りを体で現しましたが、勝利したのは松前藩。


だぁってね。
松前藩は、アイヌのシャクシャン達に和睦を申し出て、話し合いの席でシャクシャンを殺害したのです。


この事件が起きた後のアイヌの人々は、辛く悲しい物語の日々を送ることになりました。
賠償品を取ったり、服従を迫ったり、苛酷を極めた日ばかりをアイヌの人々は体験することになりました。


「シャクシャン」「オニビシ」「シャクチャン」、アイヌ人の名前です。


どことなくインディアンを想像してしまう名前です。
徳川家康からアイヌとの交易独占の認可を与えられた松前藩の蠣崎慶広は、武田信広の子孫だったとか。私って変なのかもしれません。


和人とアイヌの争いなら和人贔屓でいいはずなのに、自然界と仲良く暮らしていたアイヌの人々に私は心を奪われます。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2019年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

世見2019年1月30日何を書いているのやら‥‥


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
友人と


2019年01月30日 (水曜日)

友の声は年をとりません。
顔はというと、お互い様で随分と変わりました。
話す内容は昔話です(笑)。
久しぶりに会うと同じ話で盛り上がり、同じ話で笑います。
こうして時を重ねて行くのですね。
友と出会えたことに感謝。
又、これからも、新たなる友の出現に期待。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年1月30日 何を書いているのやら‥‥


知識が豊富なわけでもない私ですが、毎日自分でもテーマなく書いているのが実に楽しい。良い時の流れを感じられて、こうして書けることを喜びとしています。


今日も、今から何を書くのか、自分自身も客席から演劇を見ている気分になっています。


「闇の支配者」と書いたからと言って、実際のところ何もわかってはいないのですが、心の奥がムズムズして書きたくなるのですから不思議です。


支配者の狙いは言わずと知れた金儲け。
だからと言って、支配者も人の子。自分が大切に思う人への愛はあるとは思いますが、金儲けにはルールなど必要がありません。


今日も、書くことに苦戦しそうな内容を、不思議な世界の方に教わりました。


ドルに代わる、ウ〜ン何だっけ。
金融政策、次の言葉がわからない。


阻止なのか、変更なのか、とても大事な部分なのに‥‥ごめんなさい。
アメリカとヨーロッパの暗の支配者の考え方が2分している、と受け止めたくなります。


「ユーロを守るのか それとも捨てるのか」


今日も意味不明な文章になっていますが、「企みは現実味をこの春辺りからわかる者には見えて来る」ですって。


「名門大学に今も脈々と受け継がれる組織があります」
「この名門大学出の組織のトップは昨年他界した」
「この組織はアメリカの色んな場面で腕を競いあっている」
「家柄の良さは勿論だが、才能を認められた者は一代で財をつくれる地位も約束されている」


もしかすると、私のような者でも知っている名の人がこの組織の上位にいる気もしています。


表向きは学生の集まり。
ところが、どうやらそうではないみたいです。
わけのわからないことを書いちゃいました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

世見2019年1月29日自分のためだけの品々


★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
思い込み


2019年01月29日 (火曜日)

思い込み過ぎると幸せが遠のきます。
人って気になることがあると、あれこれと思いを巡らせて、決め手に欠けてもこれが正しいと思い込みたくなるみたいです。


思い込みは時に人生を大きく変えます。
思い込みのスタートには嫉妬が原因のこともありますし、自信のなさからもやって来ます。


現在進行形で思い込んでいることがある人は、その思い込んだ決め手くらいは自覚していないと、後で“しまった”がやって来るかもしれませんのでご注意してください。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年1月29日 自分のためだけの品々



我家にやって来たシクラメンの花。
勿論、買い求めたのは私です。
日当たりのよい窓辺で、今日も私から水を与えられるのを待ってくれているシクラメン。


いつも思うのです。
何故、この子(シクラメン)は我家に来たのだろうかと。


家中を見渡せば、私の為だけにある品々ばかり。同じ物があったはずなのに、こうして我家の一員として私と生活してくれています。


縁というのは、人だけにあるのではないことがわかります。
今日くらいは、ご自分のためだけにある品々に、ご挨拶をなさってみては如何ですか。


私達って、“感謝”という言葉をよく使いますが、軽々しく使う前に、相手がおられるのなら言葉で表現して、ご自分のための品々にはおはようとか、ただいまと日頃からお呼びかけをされると、ご自分も爽やかになると思います。


そうした毎日を送ると、困ったことが起きてもへこたれずに頑張れると思います。
誰一人として大災害など体験したくないと思っていても、いざ本番となると心がざわつきますが、日々幸せ探しが出来ていると、自分でもビックリする判断が出来たりします。


未曽有の大災害を体験したのです。
私達はいつ何が起こるかわからないのですから、恐怖を抱く前に、過去の災害から自分に出来ることを学びとして受け止めて欲しいと思います。


今年も油断大敵です。
緊急地震速報は、数秒から数十秒後に地震が来ることを警報で知らせるシステムのことですが、今後、誤情報も流れる気がしています。
地震が起きなかったらラッキーですが、常々揺れを感じたら、次なる行動はこのようにすると思っていた方がより良い結果が出ますし、もしかすると、ご自分のためだけの品々が守ってくれるかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする