2018年03月25日

世見2018年3月25日30年以内







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
油断せず


あなたは 器用な人ですか?
それとも 不器用な人ですか?
器用な人も不器用な人も、精進しないと大成出来ません。
油断すると、器用なことに×マークが付きます。
自分をよく知ると、遅れながらも不器用な人も器用な人を追い抜けますよ。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/25 30年以内


「今後30年以内に震度6以上の揺れが起きる確率の場所は」こんな言葉を聞き始めてから、随分と時が経つ気がします。


1995年1月17日、阪神淡路大地震は最大震度7でした。
中越地震も最大震度7が起き、能登半島地震が最大震度6強、そして又、中越沖地震が起き最大震度6強の揺れが襲っています。


そして、東日本大地震ではマグニチュード9.0の超巨大地震が起きました(最大震度7)。日本においては、震度は10段階に分けられ、最大数字が7です。


2年前の4月14日、熊本でも震度7の激しい揺れを体験してしまいました。
30年以内、30年以内と耳にする度に、いつまでたっても30年以内のような気がして、この「30年以内」という言葉がピンと来なくなりました。


今、地図を開くと北海道です。
北方領土の4島も、根室から日高までも、近い将来きっと揺れるだろうと思ってしまいました。


特にカムチャッカ半島から国後島までの千島列島。太平洋は、きっと今日も何も起きないかのように海は静かかもしれません。


今度大きく揺れが来るとしたら、根室から釧路かもしれません。
北海道には活火山が10ほどあるといいます。
雌阿寒岳、摩周、そして十勝岳も気になります。


歪が気になる地域の中で、活断層がある場所に近い原子力発電所はこれからどうなるのでしょうか。


我国の地下は、複雑に重なった構造だといいます。
ユーラシアプレートがどのような線を描いているかわかりませんが、日本列島においてこの線上が元気な気がしています。


白根山がこの線上に近いとしたら、富士山にも影響を与えたかもしれません。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

世見2018年3月24日地球温暖化







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
知恵と


使わなければ 少なくなり
使えば 増えるものってなぁんだ?
それは知恵と力です。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/24 地球温暖化


地球温暖化の原因は、私達が生活する上で作り出したことが大きい。


私達人類が文明発展のためになした影響は大きい。
だからといって、多くの人は何をしたらよいのかわからずに暮らしています。


沢山の木を植えることで樹木は二酸化炭素を吸収してくれますが、山々は切り開かれ、アマゾンだって道が作られたりして、人間の思い上がりが広がっています。


このままで行くと、益々災害は巨大化して行くことでしょう


私に出来ることは、待機電力の節約と、スーパーでのビニール袋は出来るだけもらわないことやベランダに植物を育てること。


そして、料理に使った油は捨てる紙で拭き取り、出来るだけ油を流さないようにしていることぐらいです。


このまま温暖化が進むと、北海道と東北は米の収穫量は増しますが、全国平均ではかなり減ることになるでしょう。


温暖化が進むと、氷河や海氷や極域の氷が解けて地球の冷却の役目が崩れ、海面上昇も起きることでしょう。


もしも、海面が2mも上昇したら、水没する地域も出て来ることでしょう。
温暖化は海水温を上昇させ、台風を巨大化させてしまいます。


アメリカ・メキシコは今年も要注意です。
あのヒマラヤ山脈も氷河の溶解が進み、洪水や岩崩れが増加することでしょう。


山火事も増え続けますし、熱波も強烈です。
日本も、鉄砲水には気を付けていないと大きな被害が出ます。


水不足の深刻化はアフリカだけでなく、オーストラリアやニュージランドも起きる日が来ます。


オーストラリアの右(東)の辺りにある小さな島々は、海面上昇で生活の基盤を失うでしょう。


極域では夏場永久凍土層が深刻さを増すことでしょう。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

世見2018年3月23日持統天皇







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
旅立ち


花と月が美しい如月の満月の頃に自分はこの世を去りたいと願った西行。
西行は望み通り、2月(如月)の16日、河内国で入滅しました。
人は必ず、あの世への旅に出掛けなくてはいけません。


風流に生きた西行のように、春の夜にご自分の逝きざまを考えてみるのも風流に思えます。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/23 持統天皇


こうして毎日書ける喜びは、私にしか味わえません。
使命感もなく、誰かに評価してもらいたい訳でもなく、書けることが喜ばしくて楽しくて仕方がありません。
書く内容も決めたことなどありません。


原稿用紙に字が埋まっていきます。
手を停めてコーヒーを飲み、窓から見える空はいつもと変わらぬ空の色だけど、きっとどこかが違う気もします。


この空の下、あなたも私も暮らしているのですね。
人類が何故この地球に住み始めたのかはわかりませんが、いったいどれだけの人生が地球上で繰り広げられたのでしょう。


あなたも私も、この地球にとって必要な人だから今の世に生まれて来ました。
特別なことは何も出来なくても、自分の出来ることをして生きればいいと思いながら今は生きています。


男の生き方・女の生き方は時代によっても違いはありますが、女性の中で際立って凄さを発揮したのは「持統天皇」だったと思っています。


リーダーシップは見事でした。
血縁というのは深い縁でもありますが、争いも招くのは今の世でも同じです。


近鉄吉野線の飛鳥駅に降り立つと、体に緊張が走ります。
この地は、現代も人々に何かしら懐かしさを感じさせてくれます。


遠い昔に感じた何かをです。
県道を通って、何にも考えず風景を楽しみながら20分ほど歩くと、天武天皇と持統天皇陵に辿り着きます。すると心の中で、静寂とはこのような感じなのかということがわかります。


春すぎて 夏来にけらし 白栲の
衣ほすてふ 天の香具山


万葉集ですよ。
お正月には、子供の頃は百人一首で遊んだのですよ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 20:06 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする