2018年03月28日

世見2018年3月28日去の地震から学べること







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自分は


自分の存在がちっぽけに思える時があります。
そんな時って、私に何が起きているのでしょう。
よくよく考えると、自分が大きく思えた日がなかったのに驚いた。
ちっぽけに思えた私も私です。
理由がわからないのが、どこか良いように思えました。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/28 去の地震から学べること


1995年1月17日、私は大阪の吹田で阪神淡路大地震を体験しました。
あの阪神淡路大地震の約5年前から、近畿地方北部には微小地震が多発していました。


中国の大地震前と同様、微小地震と平穏が繰り返し起きていたようです。
約10年前、私も覚えているのですが、神戸市中央区の山本通りの井戸が30℃に上昇したのを知りました。


地下水が私達に警告をしてくれていたのです。
ただ、私達にとって10年の歳月は永く、又、神戸の地は地震とは無縁だったために、気にも止めなかったのです。


神戸薬科大学における大気中のラドン濃度測定データの分析によると、地震の約1カ月前にラドン濃度が上昇し、地震後は下降していたそうです。


大気中のイオン濃度が約1週間前に上昇したともいわれています。
FM電波はノイズで乱れたといいます。


2日前には地下水が噴出していました。その場所は明石海峡でした。
明石発淡路島行きの客船の船長が、海面のブイ(灯浮標)の附近が黒く渦を巻いていたとの報告もあります。


これから日本列島においては、長期間地震が起きなかった場所も油断は出来ません。まさか明石海峡で地震が発生するとは思いませんでしたから。


あの日は、地震直前に至る所で発光現象が見られたといわれています。
地震当日の朝方、空全体が夜明けのように明るくなり、夕焼けのように染まりました。


あの名湯有馬温泉も、温泉の色が1年前くらいから薄くなったと聞きました。


私達は過去の地震から学べることが多くあります。
安政江戸地震で前兆現象を学んでおくのもお薦めです。
浅い直下型地震が気になります。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

世見2018年3月27日何かが近付いている







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
母恋し


母がいた時は、一人暮らしもいいなぁ〜と思った時もあった。
母があの世に帰ってからは、母がいるといいなぁ〜と思う。


人って皆、自分勝手な生きものです。
今は、お母さんの代わりと言って飲むビールが、母と一緒にいる時間のように思える。


 お母さん、お元気ですか?
 お父さんと 仲良くしていますか?
 今夜は カレー。
 美味しく出来たよ〜!


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/27 何かが近付いている


30年以内に、どこでどのクラスの大地震が起きるのだろうか。
東日本大地震が起きた年のお正月、関東大地震を気にしておられる方の顔が浮かんだと同時に、来ると思いその方に電話を入れました。


勿論どこなのかはわかりませんでした。
東日本大地震が起きる前年の秋頃から、福島にある原子力発電所が気になり始め、この世見でも書かせていただいていました。


あの時のお正月に“来る”と感じたあの感じや、阪神淡路大地震が起きた初出勤の日、社長と来訪者に話した「神戸が危ない」と言ったあの時の感じまではないものの、何かが近付きつつあるのを感じています。


地震はどこで起きても喜べることではありません。
30年以内ではなく、15年いえ10年、もしかすると数年以内‥‥。今年でないことを願わずにはおれません。


1975年に起きた中国海城地震から学ぶことがあります。
中国では、私の生まれた1946年には地震学者は3人しかいなかったそうです。
今月も後4日で終わりますが、中国で起きた大地震は2月から3月に起きています。


周恩来は陣頭指揮をとり、地震の予知予報をはじめましたが、科学者は動物の異常、井戸水の変化、微小地震を調べたのです。


微小地震の多発、平穏、そして大地震発生を研究所は察知したといいます。
この地震の予知方法で1975年の2月に起きた地震を察知して、100万人余りの人が予報を聞き、避難して助かりました。


私達も自然界の変化に気付き、動植物の変化にも気を配り、微小地震に感心を持ち、我身は我身が守ることを柱に、今生きられていることをありがたいと思い暮らして欲しいのです。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

世見2018年3月26日予知と予言







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自信とは


自信があるとかないとかと人は言うけれど、自信満々の人ってそんなに多くいるのかなぁ〜。何かが上手く運んだ時とか、思い通りの学校に入学出来たりすると、自信が湧いてくることがあるかもしれませんが、東京大学を卒業した人でも自信をなくす人もいれば、人様から成功者に見える人でも自信を失くしたと言う場面があります。


ということは、自信なんて“瞬間の想い”ということだと私は思います。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/3/24 予知と予言


今年に入って暖かな日が続いたかと思ったら、1月23日は大雪が降りました。
次の日、雪になれない私は歩く時滑りそうで、一歩一歩に注意しながら歩きました。
25日の朝、驚いたのは、災害に備えてペットボトルに水道水を入れていたのですが、それが凍っていました。


自然界の恵みに感謝することを忘れると、私達はお灸をすえられるみたいです。


今日は、昨日の続きのことを書きたくなりました。
研究や調査に基づいて、これから起こることを前もって知ることが「予知」なのですって。こうしたことを知的活動というそうです。


でもね。私達には動物的勘があり、東日本大地震後から多くの方の動物的勘が活動をし始めたと私は思っています。


地震予知というのは、どうやら日本独特な言葉のようです。
本当は、理論や経験からものを言うのが予言なのですってね。
予知は予め知りたい願望のことなのです。
科学の世界では中間子の存在を予言したというそうです。


まぁ〜ネ。予知でも予言でもいいので先に知りたいのが地震です。


地震の巣は、日本列島至る所にあります。
日本には発生場所が決まっている場所があるといいます。


同じ規模の地震が繰り返し起きた場所、この場所がどこを指すのかはわかりませんが、そろそろ動くのかなぁと思い始めています。


連鎖的に発生しやすい場所です。
これとは別なのかもしれませんが、早霧湖と書きたくなりました。
明日もこの続きを書くかもしれません。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2018年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする