2017年08月25日

世見2017年08月25日二十四節気







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
三味の音色に


チントンシャン どこからか聴こえる三味線の音色。
珍し過ぎるので、足を止めて三味線の音が聴こえる方に耳を傾けると、日本舞踊の稽古場からでした。


やっぱり日本楽器の音色は最高です。
三味の音にしばし心が洗われます。
今日は散歩してよかった。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/08/25


処暑が過ぎて今日で二日目です。
8月23日を「処暑」と言っていたことも忘れていました。


処暑は厳しい暑さが峠を越えて日毎に涼しくなる日のことですが、最近思うことは、子供の頃の夏は今とは随分と違う気がしているのです。


あの頃はクーラーの室外機もありません。だからもう少しカラッとしていた気がしているのです。


昔の人は季節の移り変わりを、星空を見たり、太陽の方向を見たりして、特に太陽の方向を目安に、1年間を24の季節をあらわす二十四節気をつくりました。


昔の人は風流だったのですネ。
現在とは随分と感じ方は異なりますが、昔の季節感はこの二十四節気だったのだと思います。


8月7日の「立秋」はまだ暑い盛りですが、風の音に秋の訪れを感じたというのですから、何とステキな描写なのでしょう。


後13日もすると「白露」と呼ばれていた9月7日がやって来ます。
日本列島は細長いので私には今ひとつピンと来ませんが、北海道ではこの白露なる光景を目にするかもしれません。


草木の葉や茎に白い露で白露と名付けられましたが、この節気を改めて見ていますと、どことなく涼しさが立ち込めた気持ちになります。


9月1日は立春から数えて210日です。
夏が過ぎ、台風シーズンが到来しますと、二百十日を心の中に刻み込んでいた昔の人達の生活振りを、今一度認識してもいいのではとも思います。


星にも一生があるように、この地球も我々にも一生があります。
時が流れて行く様を、昔の人の心意気で感じてみるのも乙なことのように思います。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

世見2017年08月24日イースター島が辿って来た道のり







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
出合い


百円均一のお店で買ってきたサボテンが、立派に育ちました。
どこまで伸びるかわからない子もいます。


彼らは、我家を気にいってくれているのでしょうか。
縁ありて出合えしこの子達。
いつまでも我家の窓辺で暮らしてくださいネ。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/08/24



太平洋には、個性が分かれるふたつのタイプの島があります。
大地の変動が起き、かつては大陸の一部と繋がっていたところが分離して、大小の島々を造りました。


ニュージーランドは昔、オーストリアや南極大陸と地続きだったともいいます。
私達は現在目にする地形しか現実に思えませんが、地球は生きていて、地表表面を活動によって変化させて来ました。


勿論、現在も生命維持活動を続けていて、今は活発化し始めていると思っています。
ニュージーランド南島に行くと、3億4千万年もの大昔の岩石と出会うことが出来ます。
太平洋上に今も残る島々は、大昔あった大陸のかけらだと、不思議な世界の方は話されます。


あのイースター島は、火山の噴出物で出来た島だそうです。
ある時、噴火が度重なり、ムクムクと海面から姿を現し、島の東部を造りました。
この島で一番高い山も、海面から顔を出して出来たものだそうです。


「テピトオテ○ヌ○」 ○は聞こえなかった部分ですが、この島の火山活動を見て、天高く噴き上げる姿を見て、このように呼んだとか。とは申しましても、「テピトオテ○ヌ○」が何語なのかもわかりませんし、本当にこんな言葉が存在するのかもわかりません。


タキライトタフは硬過ぎて、石のハンマーぐらいでは何かを完成させるのは無理だったとも不思議な世界の方は言われるので、「何かとは何ですか」と聞いて見ると、「石像」と自分で答えを出していてビックリしました。


イースター島がこれまで辿って来た道のりを、私達がいつ辿るかわからない気がしてなりません。

<関連記事>
世見2016年12月27日イースター島
世見2014年6月13日イースター島の歴史の中に人類が進むべき道が
世見2012年9月27日イースター島







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

世見2017年08月23日地球に住まわせてもらっている








世見2017年08月23日
★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自分の


「朝顔」何とよいお名前なこと。
お花の名前が有名ですが、ご自分の“朝顔”をじっくりとご覧になってください。


寝癖で髪はボサボサかもしれません。
瞼も腫れぼったいかもしれません。
鏡の中の自分は、今日の朝顔を映し出してくれています。
朝顔に夕顔、花の名前だけではなく、ご自分の顔のことですよ!


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/08/23


紀元前5600年前後の頃、
ヨーロッパの氷河が融けて地中海へ向かった。地中海の海水は一挙に黒海に流れ込み、黒海の底に都市が沈んだ。


もうこの頃には、北アフリカでは砂漠化がスタートしていました。


地球は生きています。
現在も進行形で様々な変化をもたらし生きているのですが、一番厄介なのが人間です。


縄文人の平均寿命が20歳にも満たなかったと言われる時代から見ると、寿命が如何に延びたかがわかります。


しかし、それに伴い地球を大切にしなくなったのが心配です。
過去を見ても、温暖化が進み海面が上昇したこともあります。ヨーロッパの大陸から大ブリテン島なる島が切り離されました。


地球の力は偉大で、大陸から切り離して島にするくらい、なんでもありません。
世界各地に残る「大洪水伝説」を、私達は真摯に受け止めなくてはいけません。


トルコ共和国にあるアララト山のノアの箱舟が真実かどうかという前に、地球は生物であることを忘れてはいけません。


私達は、宇宙の中で生きる惑星の地球に住まわせてもらっているに過ぎないのです。
記録的な豪雨、洪水、海面上昇は、大昔の人々が伝説として私達に警鐘を鳴らしていると思っているのです。


世界中を見ても、人間の奢りが見え過ぎています。
私達は粘土板に言葉を刻まなくても、未来の人々に近未来にやって来るかもしれない大洪水を知らせることは出来ます。


地震も、揺れ方がどんどん大きくなるのもわかります。


自然界は地球の分身なのです。
私達は地球に住まわせてもらっている生物に過ぎないことを忘れてはいけません。

<関連記事>
世見2014年10月28日アララト山と豪雨







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする