2018年05月29日

世見2018年5月29日宗教がつくる世界



★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
言葉


2018年05月29日 (火曜日)

言葉は、声音で相手への伝わり方が違います。
「馬鹿」という言葉でも、優しく「馬鹿ネ」と言ってみると随分と違うでしょう。


言葉って、声音ひとつで相手を傷付けずに済みます。




―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/5/29 宗教がつくる世界



宗教とは‥‥。
大き過ぎるテーマです。
でも、世界各地で宗教紛争が激しくなるのを見ていますと、人間とは生きる上で守られる存在をつくりたい生物なのかもしれない、と思ってしまうのです。


後50年もすると、イスラム教が世界一の座を獲得するかもしれません。
いずれ、キリスト教徒が多いアフリカ辺りで紛争が起きると、今から心配しているのです。


「ジンバブエ・ザンビア・タンザニア」
地図を広げて見たら、この3つの字が大きく見えました。
エチオピアも気になったのです。


精神文化が人間の心にもたらす影響は大きい。
神の子として復活した後に、昇天した誰がしたのかはわからないが、復活の信仰が誕生し、キリスト教が始まりました。


このキリスト教の信者数を越えるイスラム教時代が到来した時、世界はどのようになっているのでしょうか。


人間が作り出す物語を見て、地中海は何を感じたのか、一度聞きたくなります。
あのエルサレムで十字架刑に処せられたイエス・キリスト。この日も地中海は、人間の心の内を見ていたことでしょう。


イスラム教も、爆弾がいつ爆発するかもしれません。元の教えは同じであってもです。


アラビア半島から拡大するイスラム教。
イスラム教の紛争も、これからは目が離せません。
元々はユダヤ教だったはずです。


こうして見るとユダヤ教からキリスト教・イスラム教の子が生まれ、又々双方から子が誕生したとしたら、宗教とは “信者獲得のためなら何でもあり” の世界をつくるものなのかもしれません。


紛争は多くの血を流します。
それでも人々が宗教を手放せないのは、何故なのでしょうね。









記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索




posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

世見2017年05月31日食事と病気 / 大地震







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/31


癌罹患数がこの数十年で大幅に増加したといわれます。
私が思いますには、日本の食文化がこの数十年で大きく変わったからなのではと思っています。


農薬漬けの野菜が横行しました。
添加物が入り放題でした。
電子レンジが普及して、家庭からおふくろ料理が減りもした気がします。


日本人の腸は外人さんより長いと昔教わりました。
それは、肉食ではなく、野菜を多く食べていたからだと教わっていました。


このお話が正しいかどうかはわかりませんが、多国籍料理に舌つづみを打つ現在の日本の食事の変化が、病気にも表れているように思うのです。


家庭の団欒は食卓からだった時代から、今は何かが違うようになりました。
自分の体は自分で守るためにも、今一度ご自分の食事の在り方を考えてください。


東京オリンピックは3年もするとやって来ます。
東京オリンピック後の日本はどうなるのだろうかと、フッと思うことがあります。


私だけが思っているのかもしれませんが、多くの人々は心の中でオリンピック開催を大喜びしているようにも思えないのです。


こんなことを書くと叱られるかもしれませんが、オリンピックより、30年以内に起きるといわれる首都直下型地震の方が気になっている人が多い気がするのです。今から30年というと2047年。


この間に起きるといわれる、首都直下型地震や南海トラフ地震。
もしも連動して次々に起きると、日本はどうなるのでしょう。
それと、東日本大地震の余震も気になります。


自然界の脅威に勝る方法はひとつ。
私達の気のエネルギーで、大難を小難にすることです。
自然界に感謝の気持ちを持つことです。


―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
風さんは


ベランダの花々が ゆらら ゆら

部屋からは、風さんは見えません。
花々が風さんと仲良くしているのを、体を揺らすことで教えてくれています。


目にとまる世界こそが自分だけのワールド。
今日のように、可憐な花達から風さんが部屋の外を通っているのを教わることがあります。


今日も世界中で風さんが生きているのですネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

世見2017年05月30日忘れられていく大火災







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2017/05/30


人々の心から忘れ去られる事件や事故。
明日で今年の5月は終わります。

5月といえば、娘が2歳と7カ月くらいの時、千日デパートで大火災が起きました。


人が9階から次々と飛び降りるテレビ映像は今でも忘れられません。
百名以上の犠牲者を出した大惨事でした。


確かアルサロだったと思うのですが、キャバレーと言ったのかなぁ〜?
あの時テレビに映し出された千日デパート火災は、私の心の中にいつもあるのです。


千日前のあの跡地は、今ではビックカメラになっています。
こんなことを書くと怨念話が出そうですが、時代が移り変わり、多くの人々が戦場や事故の場所を楽しげに行き通うと“清められる”と私は思っています。


昭和が段々遠くに思えるのは私だけでしょうか?
平成29年(2017年)の現在、そういえばバスで出会ったあの少年は30代になったのですネ。


バスの中で、少年が同学年の少年に「お前はええなぁ、平成で。僕は昭和なんや」
昭和生まれと平成生まれとの差はわかりませんが、元号が変わると一歳の差が大きく感じられるから不思議です。


火災といえば、ホテルニュージャパンの大災害も忘れることは出来ません。


現在はプルデンシャルタワーになりました。
私が今日このことを書きたくなったのは、火災が今年はとても気になるからだと思います。


火災はいつどこで起きるかわかりません。
千日デパートもホテルニュージャパンも、タバコが火元と言われています。


タバコを吸われる方は、充分にタバコの火の始末をなさってください。
お酒を飲み過ぎてのタバコも気になっています。

―――★―――★―――★―――★―――

<照の日記>
時の音


過ぎ行く時の流れの音を探すと、あった。
空気清浄機が音の主です。


耳を澄ませて聴いていると同じ音ではありません。
よく見ると赤色が見えます。


何だ、水がないのか。
「喉が渇いたの」と言われて水タンクに水を入れると、やっぱり音が変わった。


いつもは気にしない音もこうして聴いてみると、私のために働いてくれている音と出合えました。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする