2017年03月22日

世見2017年03月22日皆様と出会えたことに感謝







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
良いこと


「何かいいことないのかなぁ〜」
こんな言葉が出ることってありませんか。


どんなことがいいことなのでしょうネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/22


大昔の人達は、空を見上げることで何を感じられたのでしょうか。
地球に現在住む我々は、他の惑星との距離を知り、自分達がいつの世にかそこに住めることを夢見るようになっている気がします。



でも、日が昇り日が沈む光景をゆったりとした思いで眺められるのは、一握りの人と、旅に出た時くらいしか味わえないのは何故なのでしょうネ。



都会からは満天の星が消えました。
月明かり、星明かりを頼りに歩いた頃は空気も美味しく、さぞや人々の心にありがたい世界だったに違いありません。



春の日差しが心地良い季節が始まります。
春霞みもおつなものと思うもよし、花冷えで冬とサヨナラをするもよし、四季のある日本を楽しめる時を過ごしませんか。



雲が流れ行く様を見とれることを忘れてしまった私達。
とても大切なことを、どこかに置いて来てしまったのかもしれません。



この齢になっても初体験ができる人生を、不思議な想いで受け止めながらも、講演会をさせていただいたり、本を出版させていただいたり、ご相談での人との出会いがあったりと、64歳までは考えもしなかった時を刻んでいます。



ご相談では多くの友を得ました。
桜島のターミナルで、人々が行き交う姿に人の温もりを感じ、子供とお弁当を食べる友もいます。



一人で病気と闘っている友もいます。
幸福っていったいどのようなことを言うのでしょう。



今日は、私から心を込めて、読者の皆様と出会えたことに感謝しているパワーを送りたいのです。


生きている時には様々な思いがやって来ますが、人生は終わってみるまで答は出ません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

世見2017年03月21日純金の神殿!?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
チャレンジ


やってみたいことってどんなことですか?


私は「スカイダイビング」には憧れますが、高いところは腰の辺りから下にゾクゾクッといいしれぬ不快感が走る私には無理な世界です。


春らしさを感じ始めた今。
あなたも何かにチャレンジして見てください。
私は一人カラオケにチャレンジしてみます。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/21


純金で覆われた神殿があったといわれます。
ダビデが作成した図面で造った神殿だとも、不思議な世界の方は話されます。



この神殿の大きさは耳を疑いたくなります。
神殿 約10m 奥行き 約30m 高さ 約15m
純金で覆われた神殿にしては大きいと、私は思ってしまいました。



7年と3ヶ月をかけて築かれた神殿。
ダビデの時代のことです。
ケルヒムは5mもあり、勿論純金。
それも2つあったとか。



ケルヒムと教えられるがまま書いていますが、人なのか動物なのかもわかりません。


レバノンの森には黄金が眠っていたようです。
ソロモンは、ダビデに負けずとばかりに純金づくしの生活をしていたようです。
レバノンの森の近くには今もまだ黄金が隠れているとも教えられました。



「膨大な黄金郷 ヌビア」
レバノンの森ではないのか。
疑うことはやめて先に進みます。
アレ、急に部屋が静かになりました。



すると、

「アフリカ東部の紅海の下」
こんな声が聞こえます。
「プトンは掘り尽くされたが紅海には夢がある」



「シバの女王も純金好きだったが、産出できる場所を封印してしまったためにわからないが、北イエーメンの砂漠の下に眠っている」



「砂金と砂漠の砂が入り混じって、太陽の光が当たると黄金の輝きだった」


このお話が本当だとしたら、黄金はまだあることになりますネ。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

世見2017年03月20日力強い男性の声が‥‥







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
身内


身内のことで悩む時の心得として申し上げておきたいのは、身内って「誰と誰のことなの」かが大切です。



縁があり、夫妻 親子 兄弟 姉妹 祖父母 親戚と人生に関わる人々が身近にいます。



でも、一番大切なのは、日々誰と生活をして、守るべき相手が誰で、守りたい相手に自分が出来る範囲がどこまでかを知っておくこと。それを知っていないと、あれもこれもしなくてはと思ってしまい心が乱れます。



時折、身近なる人への想いの整理をされると心が軽くなります。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/03/20


ムイマツシャーハ
トエー
ムヒーローエ
ラーパー
トシーレーベ
ツレアーハー トエーウエ



今聞こえた言葉を書き写しました。
意味も何語かもわかりません。
日本に於いても2000ページにも及ぶ大作だと言っておられます。



「創世記初めに神が天と地を創造した」


私でも知っている言葉が聞こえた。

「アフカリストー」この言葉が聞こえたので声に出して言ってみたら、「ありがとう」と日本語で返って来ました。



いつも何を書いているのかわからないのに、原稿用紙に何かを書こうと思ったら、こんな声がいきなり聞こえます。



「エフカリストー」「エフカリストー」と2回言って見たら、
「ソーテールが現れる」
「イエースース クリーストス」
あなたもお読みになって首を傾げるでしょうネ。
私だって同様です。



ただ、神様がおられると思う方が幸福になる気がしています。
神なる存在は、考え方によってはこの世に送り出してくれた両親もそうかもしれません。
命の尊属を続けさせてくれる自然界も神と言えます。



力強い男性の声が続きます。


「エローヒーム デバル」
アレ、何となく初めて少し違う。変なのですが、先程まで言葉が逆さまのような気がしました。


今日も意味がわからずごめんなさい。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年03月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする