2017年02月16日

世見2017年02月16日朴クネ大統領問題







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
心の


2017年02月16日 (木曜日)

心の傷を癒す方法を知りたくなる日があります。


誰かに胸の内を語っても、慰めの言葉や勇気付けの言葉は一時だけ。
人の心の傷を治すのは、やはり自分なのかもしれません。



でも、心の傷は気力を落とします。
「忘れられぬ心の傷は学び」とも思います。



でもネ。淋しい気持ちは現実。< こんな日は早寝が一番。 明日はきっといいことがありますから。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/16


微笑の国タイでも、クーデターが幾度となく繰り返されています。
歴史問題で、終わりがいつ来るのかと思わせる韓国もお隣にいます。
中国も南京大虐殺30万人説を、証拠もない中で広めてもいます。



北朝鮮は電力事情がお粗末なのに、ミサイル発射や核実験をしています。
中国のウイグル地区は問題だらけです。



世界に目を向けると、平和とは縁遠い国があり過ぎます。
日本に住む私達は、こうした現実を素直に受け止めなくてはいけません。



「慰安婦問題」は女性なら悲しい出来事だというのがわかります。
「慰安婦」――どことなく優しく聞こえる言葉ですが、旧日本軍が20万人もの性奴隷なる虐待をした出来事です。



たしかに戦勝国だからといって許される枠を超えています。
でも、朴クネ大統領問題から目をそらす目的でやり玉に挙げる人がいるとしたら、これこそ問題です。



独裁者として暗殺された朴クネ大統領の父と同じ轍を踏んでしまった娘。
この度の問題は、この韓国のお国事情から生まれた気がします。



サムスンのような一握りの巨大企業を優遇している事実は今に始まったことではないのですが、フェイスブックへの書き込みが世論を動かす時代です。



朴クネ大統領が大統領選で公約した、財閥改革や経済民主化の答がこの度見えてしまった。



元側近がフェイスブックに書き込んだ、「最高指導者のご機嫌だけを考えている」。このことが真実だったのがわかります。



政治戦争の国、韓国。青瓦台は今後もトップをどのように操るのか。
どうも青瓦台にテロが潜んでいる気がします。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

世見2017年02月15日 天空の支援に感謝







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
夢で


2017年02月15日 (水曜日)


「夢に出て来て」と思う日がある。
あの世に行った私の大好きな方々。
父も母も、生きていたら100才をゆうに越えています。


「夢」をコントロール出来る機器が発明されたら、どれだけの人が喜ぶことでしょうネ。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/13


「大宇宙に思いを馳せる」
いいと思いませんか。


見上げると空は日々姿を変え、私達に自然界の素晴らしさを見せてくれています。


忙殺された時を過ごす人もいるでしょう。
介護で大変な人もおられるでしょう。
悩み事で胸をいっぱいにしている人もおられるでしょう。



どんな思いの人にも、空は平等に微笑んでくれているように私は思います。
お月様も、三日月・半月・満月と「生きていますよ〜」と語りかけているのです。



見上げましょうよ。空を!
すると、雲達が地震を教えてくれたりもします。



夕焼け、朝焼けも美しいだけではなく、空からの伝達事が秘められているようにも思います。



銀河が群れをなす広大な世界。
それは全て宇宙なのです。
現代の天文学は進み、多くの謎解きをして来ました。



古代人は、私達のように空があるのさえ忘れる人がこの地球に住むとは思わなかったことでしょう。



天空には人類を支援する星達がいて、パワーを注いでくれていると思います。
宇宙の遥か彼方の光をとらえる大望遠鏡もあります。



古代人が何を想い空に祈りを捧げていたのかは、私達のように空を見上げて心を癒す時間を忘れた者にはわからないことでしょう。これからは地球災害を教えてくれる空もあることを忘れずに、少しゆったりとした気持ちの時間を過ごしてください。



2017年〜2019年、いつ何が起きるかわかりません。
日頃から、自然界に生かされていることを喜び過ごしていただきたいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

世見2017年02月14日情報機関による通信傍受・盗聴・暗号解読







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
楽しむ


2017年02月14日 (火曜日)

テレビを見ていても、次から次にチャンネルを変える時ってありませんか。


「見たい番組がない」とも違うチャンネルいじり。
もしかすると、テレビを見ることに飽きが来ているからかもしれません。


そんな時はチャンネルいじりを楽しみましょうよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/14


不自然な死は、枚挙にいとまがないくらいあると思います。
書き終わるとと直ぐに忘れてしまう私のようなノー天気者ならいいけれど、真実の扉を開けてしまった者達の末路はもしかすると「死」なのかもしれません。



ペンタゴンとかNSA(米国家安全保障局)とかには秘密事がぎっしり詰まっているのは私でもわかります。


007のようなカッコいいスパイもいるかもしれませんが、「スパイ」なる人々もきっといることでしょう。



秘密漏洩事件は、世界中の人々を震撼とさせる内容のように思います。
ただ、この事件は近いのか遠いのかわかりません。
でもきっと、表に出ることがあるでしょう。



私はパソコンができませんが、グーグルくらいの名は知っています。
このグーグルって、どんな役目を担っているのでしょうか。



私のような者が書くこの文章は必要事項に入れられてはいないでしょうが、地球の全ての情報を集約できている世界の存在の現在の活動は、目を見張るものがある気がします。



携帯電話の記録も、もしかするとペンタゴンあたりでは調べようと思えばお手のもののように思います。



でも、このペンタゴンやNSAでも、磁気嵐やウイルスには負けるかもしれません。
このウイルスは人の手により作ったものではなく、コンピュータ自体が再動して解明不可能にするウイルスです。



「ニイタカヤマノボレ」
何を書いているのかわかりませんが、旧型の通信が一番秘密を守れる時代なのかもしれません。



インターネットの普及はこれからの時代に何をもたらすのでしょうか。



新たなる洗脳の世界ができるかもしれません。
電磁場が物言う時代になるやもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする