2017年02月25日

世見2017年02月25日あの世と相対性理論?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
一人旅


旅に出たくなる日があります。
一人旅に憧れる私です。


実行には中々移せません。
きっと「旅に出たい」と思うのと実行とは別の考えなのでしょう。



人って、思うのも自由だし、実行するのも自由。
でも、心が朗らかになるためなら行動力をアップさせるのが大事。
私は、春になったら一人旅に出てみようと思います。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/25


私は「宇宙」と聞くだけで心が躍ります。
「ホーキング宇宙を語る」だったかなぁ〜。タイトルは忘れましたが、随分と前にホーキングの本を読んだ時は宇宙が身近に感じた思いになりました。でも、内容は全てどこかに飛んで行ってしまいました。



車イスの天才物理学者、スティーブン・ホーキング。何故彼のような天才が誕生するのか。その鍵は“あの世”にあり、と不思議な世界の方のお話から感じ取れて、現在進行形で『あの世の仕組み』第二弾を執筆中です。



こんな面白いお話を不思議な世界の方から教えてもらいました。
「私達の一日の時間は?」と問われると、即座に24時間と答えますが、宇宙船の中では地球の時間の進み方よりゆっくりと進むようです。



あの世の存在を信じるか信じないかは読み手の思いと重なります。以前この世見でもお伝えしましたし、『月刊ムー』の新年号でもお読みいただけたかと思いますが、2015年のニューヨーク物語は、私にあの世のあることを証明していただいたと思っています。



アインシュタインの相対性理論。こんな言葉を書くだけでも「なんだこれ」感がある私なのに、「あの世の謎解きには相対性理論あり」と書きたくなるのです。



新幹線に乗り、イスに座っていると虫が飛んでいました。時速300キロは出ているであろう新幹線内で自由に飛ぶ虫。いったい何キロで飛んでいるのだろうと不思議感満載でした。



この世で生きていると当たり前になっていることだらけですが、身近には「?」マークを付けたくなる現象は幾つもあります。



私達はこうして地球星に住み、個人的な思いの日々を続けていますが、宇宙に目をやると、宇宙は膨張あるいは収縮を続ける巨大生物にも思えます。



今日は、「自分も宇宙の中の生物の一つだ」と思ってみてください。心が何故か大きく思えることでしょう。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

世見2017年02月24日パワースポット







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
縁ありて


愛用品の数々です。
あなたはご自分が主役の品々をどのように思っていますか。
縁ありてご自分だけのための物になった品々に、一度、ご挨拶をなさっては如何でしょうか。きっとその品物は喜ぶことでしょう。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/24


昨年出版しました『あの世から神様を引き寄せるパワースポット』は、コンビニでもご購入いただけますが、宝島社の編集担当者の方から、一部には私が書いていないのではと言われる方がおられることを教えて頂きました。



私は、旅や仕事で日本中の至る所に行きます。昨年は取材旅行で青森も訪れることができ、残すは高知のみでしたが、今月足を運ぶことが出来ました。



父親が仏像や茶器に詳しかったため、子供の頃から教えてもらっていました。旅に出ると神社や寺に手を合わせにも出掛けましたが、神社のことや、お寺のご本尊様が何なのかを知らず、ただ手を合わせるのでは御利益がないと思い、父から教えられたことと私が書き留めたことをこの度の本にまとめたのです。



日本中には、まだまだお伝えしたい“人々を元気付ける場所”があります。
いつからなのでしょう。「パワースポット」なる言葉が広まったのは。



日本は、私から見ると不思議な国です。
奈良時代に神社と仏教が仲良くなり、日本中にごく自然に神と仏に手を合わせる風習を作りました。



明治政府が神社と寺を分けたからと言って、千年も続いた神頼み・仏頼みの心は消えず、現在でも、新年には神社や寺に初詣に出掛け、手を合わせます。



セドナに行った時のことも書かせていただいていますが、今まで目にしたことのない光景と、遠路遥々と時間をかけて着いた場所だけに、パワースポットは此処だと思いたかったのです。



雄大な自然の美しさで確かに心が洗われましたが、英語が話せない私には自分の胸の内を語れず、やっぱり日本の地にあるエネルギーの高い場所の方が心の整理できる思いにもなり、日本のパワースポットをお伝えしたくなりました。そうして書き上げたのが『あの世から神様を引き寄せるパワースポット』でした。


是非一度、お読みいただくと嬉しく思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

世見2017年02月23日EUとアメリカ







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
人の目は


誰も人のことなんて気になどしていません。
自分と関わりのある時だけ気になるものです。


だから人の目など気にしなくたって大丈夫。ごく普通に暮らしていればそれでいいと思います。


だぁって、あなたも誰が何をしたかなど興味がないでしょう。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2017/02/23


EUに加盟するメリットが経済成長と近代化だとしたら、加盟国のバランスはどうなるのだろうか?



ドイツとフランスのEU出発当時の思惑は上手くいっているのでしょうか。


インフラ計画は順調なのでしょうか。
アメリカの一極集中なる世界を、よく思っていない国もいたはずです。トランプ大統領の政策を喜んでいる国もいるように思っています。



歴史が浅いアメリカ。古い歴史に誇りを持つ欧州。国としての想いは様々で、イラク戦争の裏の狙いがわかるだけに、ドイツとフランスは反対の声をあげていました。



勿論、アメリカとの政治的関係は壊れてもかまわないという勢いだったに違いない。
陸続きの国家のあり様など日本に住む私達にはわからないのですが、ヨーロッパは大戦を二度味わったことが、EUに夢を懸けているのでしょう。



イギリスのEU離脱から、ヨーロッパの結束が綻びを見せ始めているように思います。
トランプ大統領が目指す国家の在り方は、一極集中アメリカではなく、この星の中でアメリカというひとつの大国の存在でいい、というようにも見えます。



地球共同体ではなく、アメリカ内での自給自足と言ってしまえば終わりですが、アメリカ国民が一丸になると、ヨーロッパの単一市場などどうでもいいと思っているかもしれません。



勿論、円も考えの中に入っているでしょう。再びアメリカに端を発した金融危機のようなことが起きると、ユーロは問題が大きく膨れ上がることでしょう。



文化や歴史が違う国の連合体、EU。
人の想いも国によって違うはず。


金融界を束ねる機関が曖昧なうちは、EU崩壊はないとはいえないかもしれません。中国の元がこれからどう動くのか‥‥。


2017年は不安材料満載のように思えるのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年02月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする