2016年12月19日

世見2016年12月19日アラビア半島のこと







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
私達って


「感情 環状 勘定」読み方は同じ。

日本語ってやっぱり難しい。
意味が違うのですものネ。


こんな難しい日本語を使い分けている私達って凄くないですか。
今日はご一緒に「賢いでしょう」と言ってみませんか!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/19


アラビア半島のことに興味が湧くのは何故なのでしょうネ。


「それも西部」
今日も原稿用紙に向かうと、アラビア半島を旅している感覚になります。


「ヘブライ語」「カナン語」
今書きながら「カナン語」ってあるのかなぁと思いました。
「h−yrdn」間違ってないといいのですが、こんな横文字が今見えました。


「断崖・峰・川」

今日も興味のない人にはごめんなさいなのですが、聞こえることや 見えたことを書きたくなっています。



近隣の工場の音がうるさく大好きな音楽も聞こえにくいのに、心だけは静かで書けています。


「yrdnは複数ある」と誰かが言った。
沿岸側の無数に起伏した峰々のひとつに、
「イスラエル人の国を指す国ユダがある」
「エデンの国」


夢が膨らむこの名前。
今聞こえる言葉を書いておこう。


「ビ・シャ・アテナ ラウジャー ジュブイナ」
「アブハ―は面白いところだ」
「紅海を人々が見た時 神に近付いたと思った」
「旧約聖書の六章は特定の川ではなく峰」
「陽皮の丘」ヨルダン越えをした人々の誓いの場。


「dgip」2つ目の字は8にも見えたりしたのですが、どこかの国の文字にも見えました。


この言葉が何を指すのか?
どうも陽皮の丘と関係があるのか。
「旧約聖書」まで出て来た今日のお伝え事。


いつの日か日の目が見られる日が来る気が何故かしました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

世見2016年12月18日日本の未来を真剣に考える時期







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
だから


みんな一緒。
悩む日もあれば少々のことは気にしない日もあります。
人恋しい日もあれば人と接するのが鬱陶しくなる日もあります。


みんな自分勝手な感情を持ち、思い込みに縛られ、人の言葉に振り回される。
だから人間なのですよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/18


日本の国債の格付けは実に低い。
「先進国」の仲間入りをしているつもりでいるのかもしれませんが、これが現実です。


新たな国債が売れなくて資金調達コストが上がります。
日本の未来を国民は真剣に考える時期に来ていると思われるのです。
後5年もすると、銀行からの借り入れの利率が上がるかもしれません。



財政状況は非常に悪いのです。
確かに日本の国債は国内で保有されてはいますが、いつ崩れてもおかしくない時期が近付いているとも思っています。



「満期になると額面金額が戻って来る」
この神話はいつ終わりが来ても不思議ではありません。


2017年はもうすぐやって来ます。
JA全中を廃止されて株式会社になるとも言われます。


日本の農業の見直しは、改革をどのようにするかにあると思いますが、減反政策がどのような答を出したのか、私達は知っておかなくてはいけません。



消費者は結果的に高いお米を買うことになりました。
日本の2017年の景気は「良い」とは思えないのです。
「爆買い」も落ち着きを見せ、消費者は買い控えもします。
不動産も一年また一年と進む毎に地位の格差が広がり、市場は冷えていくことでしょう。



百貨店の売上高も伸びるとは思えないのです。
日本においては若者のクルマ離れは進みます。
消費税率を引き上げないと日本国はやってはいけません。
気が付くと消費税15%〜18%の国になっているようにも思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

世見2016年12月17日幻の大陸







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
ほのぼの


夜空に向かって手を合わせるとお星様がピカッと輝いてくれました。
なんだかあのお星様を私が独り占めしている気分になれて、「ヤッター」と思いました。
たったこれだけなのですが、なんかしら心が温かくなりました。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/16


「時は流れ行く」こんなフレーズが好き。
この地球にどれだけの人が生まれ、死んでいったのでしょう。


私もその中の一人です。
アッと言う間の70年。
きっと誰もがこのように思うのでしょうネ。


ある方が言ったという。「宇宙人の子孫が地球人だ」と。そして、「人類の教師として宇宙人が又々降臨した」とも。


真実がどうなのかはわかりませんが、誰もそうではないとは言えないのかもしれません。
UFOの存在は、目にした者からすると真実としか言えないものがあります。


プラトンは言った。
「かつて神々はすべての土地を区分けして自分達で配分した」と。
「神々」と人は言うが、神とはどのような存在なのか。



私などは困った時に願い事を言ってしまう存在であり、底知れぬ力を持っている存在だと思いたい。


ムーやアトランティスが実在していたとしたら、今の陸はいつか海底深くに沈み込むかもしれません。



太平洋に夢が眠っているとしたら、科学が進み謎が解かれる日は来るだろう。


ハワイに行くと思うことがある。
これほどのエネルギーが高い地故に人々が集まるのだと。


もしかするとインド洋にも幻の大陸があったかもしれません。


「マダガスタル」を地図で見ていると、ここも昔は陸続きだった気がして来ます。


「化石が物語る」ものは何か?


北アメリカで世紀の大発見なる見出しのニュースが飛び込んで来る気もしています。


地球は太陽系のひとつの生命体。
そこに住まわせてもらっているのが私達です。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする