2016年12月22日

世見2016年12月22日江戸城の秘密







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
Xマスが


2016年12月22日 (木曜日)
クリスマスソングって騒音に聞こえないから不思議です。



愛する人と、テーブルのキャンドルの明かりの下で見つめ合いワインを飲む。
襟元のスパンコールの輝きと口のルージュのせいで、艶めかしい自分。



「大好きだよ」と低い声で耳元をくすぐる‥‥なぁんて夢のお話ですが、頭の中だけでもこんなクリスマスの夜を描いて楽しんでいます。


後2日、クリスマスが今年もやって来ます。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/22


2017年がもう少しでやって来ます。
徳川時代の年始はさぞかし賑わったことでしょう。
大名や旗本の数がどのくらいだったのかわかりませんが、将軍様への年頭のご挨拶。その光景を思い浮かべるだけで「凄い」と思ってしまいます。



そういえば、徳川最後の将軍の葬列は厳かに行われたようです。
小石川邸から寛永寺の葬儀場まで、白装束を身に纏い、白い旗をなびかせながら進むと、多くの人々が手を合わせたといいます。



小石川後楽園は慶喜の思い出が詰まった場所。一度足を運ばれて見ては如何でしょうか。


腕白坊主だったといわれる慶喜。
外国の文書には「keiki」と読むとされている慶喜公。
私が今更徳川家のことを書いても、知識人の多いことなどで面白みはないと思っています。



ただ、江戸城にはどことなく秘密の通路が幾つかあったと思い込んでいるのです。
秀吉の死後、戦国の世の終わりは近付き、ご存知の通りの歴史が待っていました。



「伏見城を家康が再建した理由がある」
と不思議な世界の方は話されます。


「あの城は大半を焼失したのだが至る所にカラクリがあった故、家康が再建させた。ただ、このカラクリの部分はなくしてなぁ〜」



山城の伏見城に行って見たくなりませんか。
「駿府城を築城の頃は信長の眼力を恐れ、江戸城ほどの裏技はなかった城が駿府城。江戸城の秘密は今後も暴かれることはない」  とも、不思議な世界の方は話されます。



江戸城の明け渡しの前にあった徳川家の大金の行方。
もしかするとM資金なるはマッカーサーのMで、このことと関係があるかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より



【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

世見2016年12月21日歴史の起源を知るのが好きです







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
我振り


携帯電話依存症でない私は、電車の中でスマホに見入る人のお気持ちはわかりませんが、きっと楽しいのでしょうネ。


人って自分がしていないことを理解するのに時間がかかります。
ただ、歩きながらはちょっとばかり心配。
そういう私も携帯が鳴ると取り出して会話しちゃいます。
ということは「人の振り見て我振り直せ」なのですネ!



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/21


私は未だにガラケーの携帯電話使用人です。
スマホといわれても複雑そうで、変更するつもりもありません。



私に必要なのは、持ち歩きの公衆電話のような備え付け電話の利用と同じで、他の機能はいりません。


でも今、私のこの世見をお読みいただいている方は、スマホで見て下さっている方が多いと教えられて驚いています。リニューアルしてお喜びいただけていると嬉しいのですが。



現代社会の便利追及は進みに進んでいます。
街のそこかしこにあった公衆電話ボックスは姿を消してしまいました。



時刻表を見ながらの旅も懐かしく、チョチョイノチョイで検索が出来る時代へと移り変わり、時の刻み方もどこか変わったかのようにも映ります。



偉大なる預言者達も、今の世をあの世からご覧になって、どのような感想をされるのでしょう。



私は、原始時代から現代の世への移り変わりを知るのが好きです。


いつも思うのです。
もしかすると、私の血の中にヘブライ民族の想いが流れているかもしれないと。



いろんな歴史にまつわる起源を知り得たからといって何になるのかと言われればそれまでですが、「アブラハムが何故故郷を離れたのか」こんな思いで日頃気にもならない言葉が浮かびます。



知識なのか遠い記憶かさえわかりませんが、ヨルダン川と地中海に跨る沿岸地帯にアブラハムが魅せられたのは、どのような理由だったのか?



私などが聖書の謎解きなど出来ないかもしれませんが、もしかすると宗教戦争が和らぐかもしれません。


あなた様のお心の中に平和の文字を焼き付けられたら、あなた様ご自身も平和な日々を得られると私は信じています。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より



【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

世見2016年12月20日TPP問題









松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
ロボットに


ほんのちょっとだけ考え方を変更すると気持ちが楽になります。
例えば、返事もろくに返って来ない人のことで腹を立てず、ペッパー君の方がましかくらいに思うと笑えちゃいます。


だぁって、ロボットのペッパー君の方が言って欲しい会話が返ってくるのですもの。
もしかすると私もあなたもペッパー君に負けているかもしれません。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/12/20


加盟国同士の貿易では全ての関税を原則として全面撤廃する目標を掲げた環太平洋パートナーシップ協定を「TPP」と云うのですネ。


太平洋に面した国々が仲良くすることはとてもいいことだと思いますが、トランプ次期大統領はTPPへの参加はしたくないとの意志は今日も固いようです。


私はこのような難しいことはわかりませんが、「デフレ」この言葉が頭の中に広がります。
「デフレ」と書きながら、デフレって何だったのかと恥ずかしながら思う私がいます。


それと、日本の工業製品ってそんなに輸出出来るの?と言いたくなるのですよネ。


ピントが外れていたらごめんなさい。
課題が難しいのと、このような問題はかなり苦手なのですが、書きたくなるのです。


内閣府の読みと言いますか試算通りに行かない気がするのです。
私、一番気になるのが、遺伝子組み換え食品が工場から製品になって子供達の口に入ることです。


現在でも農家を継ぐ人が少ないのに、もっと農家は寂れます。
小子化も加速しているのに日本の農業の未来は不安含みです。


「デフレの嵐がTPPと共にやって来る」こんなことを書きたくなりました。
アメリカの不参加はどのような流れを生むのか、来年になるとハッキリとした答を私達は見ることになります。


「知的財産の流出」こんな言葉も書きたくなったのでお伝えしておきます。


時代が大きく変わるであろう2017年は、後16日でやって来ます。
他人事のように思うTPP問題。
私も少しは関心を持ってみていたいと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする