2016年11月30日

世見2016年11月30日日本のこと、世界のこと







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
一歩ずつ


頭の中でああでもない、こうでもないと思う前に先ずは思い付いたことから実行して見るのも良いかもしれません。



「一歩前進 一歩後退」
そりゃ、人生だもん。色んなことがありますが考え過ぎると何を考えたかさえわからなくなります。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/11/30


世界中の島の中で、日本の本州の面積は第7位なのをご存知でしたか?
河川の長さも、湖の大きさも、山の高さも、ベストテンに入っているのは島の大きさだけです。



アジアの山々は高い。8,848mのエヴェレストがどれほど高いのかは私には想像もつきません。

カスピ海は日本の本州がすっぽりと収まり、未だ随分と余ります。


ナイル河の長さを知ると、日本は小さな国に思えます。
年人口は東京都圏が世界第一位です。二位のインドのデリーより約1,300万人も多いのです。


あなたは日本のことをどれだけご存知ですか。
日本の年平均気温は16.3℃です。
黒潮と親潮が海の恵みを与えてくれてもいます。


アジアの政治のリーダーは来年も変わります。
バチカンの法王は健康に充分気を付けて欲しいとも思います。


メキシコ合衆国って、大統領は何年目に選挙なのでしょうネ。
トランプ大統領と現メキシコ大統領とは、相性があまりよくないように思うのです。


バラク・オバマ大統領は未だ若い。
彼の今後の生き方に凄く興味を持ちます。今年まだ55歳でしたよネ。


何かを期待したくなるのがオバマ大統領で、どこかの大学の教授などいいと思いますがどうでしょうか。


2017年は国の政治のリーダーの顔ぶれが大きく代わる気がしています。


「日中韓」の決め事にもひびが入るかもしれません。
「TPP」この言葉が来年は躍ることでしょう。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2016年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

世見2016年11月29日韓国







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
恋も仕事も


勢いに乗るのもいいのですが勢いって使い過ぎると休憩が来ます。
それと波に乗り良き運が続いているとそれが全て実力だと思い込まないことです。


人生には調子に乗り過ぎると必ずドボンが来ます。
恋も仕事も我を忘れることなかれ!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/11/29


昨年の11月と今年の11月とでは、随分と世の中が違います。
朴クネ大統領は、この日付の時は大統領でおられるのだろうか(11月14日今日の日付)。



「反日パフォーマンス」は本人の意志だったのか?


人間は愚かな部分をも持っています。
だからこそ、明日に希望を抱きたくなる。


朴チョンヒ元大統領は親日家だったと言われますが、娘の朴クネ大統領は父の想いをどのように受け止めていたのだろうか。



韓国の公安とは‥‥。
こんな思いが何故か浮かぶ。
もしかするとこの度の問題が露見したのは、公安関係者の恨みを買っているからかもしれません。



朴クネ氏はカトリックがあまり好きではない気がした。
父親は暗殺されたが、娘も手口は違っても悲しい末路を辿る。



今こんな声が聞こえた。
「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」
誰が言ったのだろうか、女性の声です。勿論日本語です。



「アメリカは日本をとる。韓国は2の次」
この思いを誰が持ったかはわからないが、反日を現わすことで朴クネ氏は何を得たのだろうか。



来年の1月20日、トランプ氏が大統領になってからの韓国の対応が今から心配になります。


韓国の軍事費がアップされるのは間違いがないことと思えるのです。
兵器の輸入額が大幅に広がるのも感じます。
世界規模でアメリカは兵力を削減する。
こんなことを書きたくなります。



「スピック」何故かとても気になる言葉が浮かびます。
韓国が一日でも早く静かな日々になることを願います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

世見2016年11月28日トランプ氏に残された欲望は名誉だけ?







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
心を


「心を遊ばせる」
人は心の内であれこれ考え自分との会話は誰にも邪魔されることではありません。


自由で平等な世界はご自分の心の中で思うことに尽きます。
だったら心が遊んでいるような時を持ちたいものです。


私が心を遊ばせている時ってどんな時間なのと自分に聞いて見たら、空を見てポッカンとしている時と食事をする時、次に何を口に運ぶかでした。


あなたはどんな時に心を遊ばせていますか!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/11/28


この度は書いても書いても、書きたくなるのがトランプ大統領のこと。


「驚愕な独裁者達の私生活」
こんな見出しを見たことがあります。


スターリン ヒトラー カダフィー大佐 金日成主席 毛沢東

歴史に名を残した人々の私生活。
権力者の多くは、本当のところ何を手に入れたのでしょう。


「金と女性」それだけだろうか。
「名誉」も時の流れで消えることもある。
物欲も国政が代わると国民の非難の嵐に晒される。



マルコス、フィリピンのトップの座にいたこの人は、ハワイに亡命した時の心の内はどのようであったのか。



トランプ大統領の誕生は、金の世界観が変わる気がしてならない。
何故かと云うと、金で買える力をすでに持っているから、物欲の世界は多くの有名権力者とは違う。



彼に残された欲望は名誉しかないはず。
「実績」を残す。このことも大事だとは思うが、若者達の心をどのように掴むかがこれからの課題。



EU離脱で賛成派だった人達に反省している人がいるとしたら、アメリカ大統領にトランプ氏を選んだ人々が後悔だけはしないで欲しいと思う。



大統領就任後、彼の一言一言で株価が変動するのも気になるものの、雇用問題には厳しい現実があるものの、州によっては明るく見える思いにもなります。



大災害の規模にもよりますが、まさに東京オリンピックの年まで、世界はトランプ大統領が命を落とさない限り、振り回されるのは間違いありません。



日本も腹を括って大統領と向き合わないと、とぼけられるかと思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする