2016年08月25日

世見2016年08月25日私達は自然界に守られて生きている







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
気持ちは


何ひとつ特別な不満も不安も不幸でもないのになぁんとなく取り残されたような気になる時ってありませんか。



自分の居場所もあるのかないのか。
何もしたくないし、何かにチャレンジがしたくもなる。



それって自分だけがそんな気持ちになると思っていませんか。
意外と誰もがこんな気持ちになるものだと思いますよ。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/25


自分のことでは中々泣けなくなっているのに、オリンピックを見ていると涙が頬を伝う。



熊本大地震で見付からなかった学生さんが見つかった時も涙が止まりませんでした。



ある番組で、涙を流すことは精神にとてもいいと言っていました。
齢を重ねると、我慢強くなったわけでもないのですが、少々の出来事では泣けなくなります。


それはきっと自分の抑え所を知っているからだと思います。



パソコン、スマホと見開き状態の目。
それと、これらを作動させている時は息を殺しているために、もしかすると今までの社会になかったストレスが肉体に溜まり、鬱病が増えたのではとも思います。



感情を素直に受け止めて、ご自分の心を洗うために泣きましょうよ。
深呼吸もしましょうよ。



大昔の人々はお日様が昇り、お日様が地の果てにお帰りになるまで、お日様を感じながら生きていました。



夜空に輝くお月様とお星様に、ご自分の気持ちを伝えていたことでしょう。
でも現代人は、こうした自然界の中の自分を忘れてしまっています。


今日は、ブラックス族の首長クロウフッドの言葉を送ります。


「命とは何か
 それは夜を照らす蛍のキラメキ
 凍てつく冬の空気に野牛の吐く吐息
 草の上に落ち着かない姿を映しながら
 日没と共に消えて行く ちっぽけな影」



インディアンの首長のこの言葉、私達はちっぽけな影です。
でも、私達は自然界に守られてこうして生きています。
病気に苦しまれている方もそうでない人も、皆守られて生きているのです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

世見2016年08月24日たまには世界に目を向けて







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
あちらへ


人はどこからやって来て、どこに帰るのでしょうネ。
5月26日に発売した『聞いてビックリあの世の仕組み』を今一度読み返してあの世に帰るのだと思いました。
帰る所があるのって心がホッとしますネ。



―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/24


古代アッシリアのニムド遺跡も、古代ローマのパルミ遺跡も、イスラム国に破壊されました。



中東、アフリカ情勢は厳しい日々を送っています。
日本への原油輸送ルートは大丈夫だろうか‥‥とフッと思った。
尖閣諸島問題は、国民一丸となって立ち向かう気力を持たないと、心配になってしまいます。



2016年も後4カ月。
大きな出来事もなく終わって欲しいと願わずにはおれません。
「北朝鮮は核弾頭小型化にまだ成功していない」といきなり書きたくなったが、発射実験は加速しそうで恐ろしい。



核弾頭数が20もあると云う北朝鮮。

「核」を考える時、
いつも思うことは、「小惑星が地球に激突をしたらどうなるのだろうか」ということに尽きます。



中国は地方政府の乱れをとめることが出来るだろうか?
中国の地方政府には、我々が知りえない大きな問題がある気がします。



日本が、あのギリシャより上位にいるのが「債務残高」。不名誉な世界第一位が日本なのです。



日本はこれからも国債発行を続けるだろう。
デノミがいきなり実施されたら日本はどうなるのだろう。
日本人はのん気な人が多い



たまには世界に目を向けて欲しい。
「テロ」だけは身近に感じずに過ごしたいものです。
2100年には、世界の人口が112億人になると云われています。



地球の温暖化も進むでしょう。
人類が生き抜くためには、自然界との共存を真剣に考えないと大変な事になりそうに思います。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

世見2016年08月23日今日も何を書いているのやら‥‥







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
明日に


後悔しないと言い切ったのは宮本武蔵。
私などは「後悔しません」とは言えません。



でもネ。
失敗や間違いを犯すから気付きも起きます。
今日は過去を振り返らず明日に向かってご一緒にニタッとしましょうよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/8/23


「IMFが揺らぐ」
原稿に向かうと、いきなりこんな声が聞こえた。
「IMF」意味はわからないが書いておこう。



「FTAの数字が変わる」
「脱アメリカ」「メルコスール」が変動する時期に来た。



「CAN」は先行不安定。
チリの今後の動きに注目。

「原油価格」アメリカ市場で荒れる。
「アメリカ」ローン弾ける。

サブプライム問題より強烈。
アメリカの株価下落がブラジルを直撃。

石油の寿命は後43年。
タックス・ヘイブンに新たな手口登場。
ペニン山脈が二分するイギリス経済に赤信号。


ドイツの銀行は統合せざるを得ない。
日本の地方銀行は縮小される。


ノキアに異変が
フロストベルトは蘇らない。
アメリカとインドのIT産業に次なる手がスタートする。
ランパクシー社が狙うシブラ社。第一三共は振り回される。


沿岸部と内陸部の貧富の差が加速する中国。
カナダの小麦生産量には注意。


後15年もすると世界は水不足。
人口増加・工業化・農耕によって中国は干ばつが進む。


ゴールドマン・サックスの読みが外れる。
新疆ウイグル自治区のウイグル人は牢獄で暮らしているが動き出す。


都市鉱山で日本を立て直せ。
今日も何を書いているのやら‥‥。
もしかするとわかる人にはわかるのかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする