2016年03月31日

世見2016年03月31日今後の世界情勢







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
誰も


誰もが いい人に人から思われたいと思っています。
誰もが 人から愛されたいと思っています。
誰もが 自分に対して相手がどう思っているのか気になっています。


あなたが思う想いは誰もが思う想いです。
だから何事もあまり気にしちゃ損をします。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/03/31


1950年、日本の総人口は8,411万人だったのですよネ。
いつ日本は人口が1億人になったのですか?


沖縄が返還されて、まだそれほど時は経っていないのですよネ。
日本はロシアに、何故強く実効支配をしている北方4島の返還を求めないのでしょう。


私は国民の関心度が低いのが大きな原因だと思うのです。
北方4島が無くても人々の生活に影響がないからだと思います。
早く返還手続きをしないと、何かしらロシアに問題が起きそうに思えます。


「ウクライナ」も中々落ち着かない国ですが、日本人には関心がないことでしょうネ。
パリ同時多発テロから4カ月が経ちましたが、いつ又どこで、どの国で同じことが起きるかわからない世の中です。


ギリシャの危機も改善されぬまま時間だけが過ぎています。
スコットランドの独立を願う人々には不満があり過ぎてもいます。


ロシアと中国が合同軍事演習をする裏側には、途轍もない物語が隠されているようにも思います。


アメリカは11月の選挙までは大きな動きはしたくないかもしれませんが、オバマ大統領が目を大きく見開いているのが見え、何かが起きたかのような映像にも見えます。


キューバとの国交回復が新たなる火種になるかもしれません。
銃乱射事件もアメリカでは起きますが、少年が乱射するのではと心配しています。


メキシコの警察は信用できないような出来事も起きます。
山火事も、どこの国かわかりにくいのですが大規模な山火事に見えました。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2016年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

世見2016年03月30日日本の農業







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
言葉には


糠っていう字でわからない言葉発見。
糠雨ってどんな雨の事を云うのでしょう。


糠喜びはわかるのですが、
わからないことがいっぱいあります。


だからネ。
何もかもわかった会話は人にしない方がいいのかなぁ〜と思います。
体験したことから来る言葉って重みがありますものネ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/03/30


「花冷え」、こんな言葉がありました。
櫻の花が咲く頃はなんとのう心がピンク色に染まります。
花冷えでもいい、春はやっぱり外に出るのが一番です。


でもネ。櫻さんには気の毒な雨が降りそうです。
子供の頃、我家では「お花見」が一年で一番の行事だった気がします。


須磨浦公園でのお花見では、三味線に太鼓の音を合わせて母も私も日本舞踊をお披露し、父は自慢の小唄に都々逸と優雅で日本らしいお花見でした。


春という字が付いても、「春闘」は耳にしても他人事気分に思えるのは何故なのだろうと思うと、春闘の枠内に入らない人の方が多いからかもしれません。


一流企業と中小企業の差。
格差社会は今後も広がって行くことでしょう。


私が心配していることの中に日本の農業があります。
農協改革について「?」が起きているのです。
JAの中のトップの蓋を開けたら、穴ボコだらけと暗い部分がある気がしてしまっています。


零細農家は次々と廃業。
跡取りがいないのも廃業のひとつなのだけどネ。


アメリカ的農業株式会社が出来たりして、日本の農家は東京オリンピック開催前後には本来の日本の上質なお米が少なくなると思っています。


「減反」、それとネ、
誰かにお叱りを受けるかもしれませんが、農協が出来てから農薬野菜が増えたと思っています。


最近ではこの農薬のことは話題にもなりませんし、添加物のことも気にしなくなりましたが、やっぱり心配です。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 10:34 | 世見2016年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

世見2016年03月29日日本の歴史は天皇と共に







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
良いところ


人の欠点が目に付く人って、きっと自分の欠点を隠したいからかもしれません。


人ってネ。
欠点があるから良いところもあるのですよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/03/29


今上天皇は第125代の天皇です。
日本の歴史は天皇と共に歩んで来たと言っても過言ではないでしょう。


第1代の天皇は神武天皇です。
古事記、日本書紀が伝えている初代の天皇です。


兄を倒して即位された天皇もおられました。
在位102年という天皇も日本書紀には登場します。


7代目の天皇の娘が卑弥呼と言われているともいいます。
日本武尊も天皇家には出て来ます。


仁徳天皇の頃は難波に都がありました。
恐怖政治で反乱を招いた雄略天皇。
天皇も人間だったのがわかるのが、皇后の嫉妬に悩まされたこと。


朝鮮半島諸国との交流を深められたのが第30代の天皇。572年頃でした。
崇徳天皇は非業の最後を遂げられて、後に祟りがあったと言われています。
孝謙天皇は女性でした。


いつの世にか、女性天皇様誕生の日が来ると思える私です。
天皇家にまつわる物語には、数々の悲しい出来事がありました。


真実かそうでないかなどはわかりませんが、今上天皇様が高齢なのに美智子皇后様と共に海外に足を運ばれるお姿には頭が下がります。


今年の12月で83才になられます。
日本国の象徴の天皇様。


お元気で永生きしていただきたいと思っている一人です。
次の 次の天皇様の争い‥‥それだけは無しの天皇家であっていただきたいと願わずにはおれません。


今日、何故このようなことを書いたのかわかりません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする