2016年01月31日

世見2016年01月31日聖なる高野山







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
遊び


「後ろの正面だぁ〜れ♪」
こんな遊びをしている子供を見なくなりました。


缶けり 竹馬 かくれんぼにドッチボール、人がいて遊びが楽しかった時代がありました。


確かに怪我もしました。
砂場での遊びは菌があるので出来ないといわれる現在。
なぁんとなく淋しくなります。


今は道路が舗装され雨上がりのぬかるんだ道はなくなり、銀蠅が食品に夏場集ることも見なくなりましたが、創意工夫も時代と共に薄れた気もします。


「後ろの正面だぁ〜れ♪」を一度やって見たくなります(笑)。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/01/31

1200年とは途方もない年月に思われます。


教王護国寺 東寺と云われ人々に愛されている寺。
真言密教の修禅道場
弘法大師空海
高野山は聖なる場所


私は恥ずかしながら、齢になっても密教がどのような教えなのかわかりません。


ただネ。
あの高野山に想いを馳せた人々が今の世まで続いていることが最高に思えるのです。


もしも、織田信長がもう少し長生きしていたならば高野山は現在とは随分と違っていたでしょう。
秀吉も高野山を再び攻めていたらどうなっていたのでしょうネ。
この高野山はこうした意味でも底知れぬ聖なる場所に思えて来ます。
日本の神社仏閣が建つ場所には昔の人々が如何に地球と合体していたかがわかります。


人は誰もが心清き人でいたいもの。
戦国の世には多くの血が流されました。
この狭い日本で人々は争い続けました。
戦争を指揮する者。指揮に従う者。


ご先祖様の祟が存在するならば、私達の多くは崇を受けるかもしれない戦国時代でした。


だからこそ、神様や仏様に手を合わせたのかもしれません。
あの戦国時代、金星が火星に接近し地球にも火星が大接近していたと不思議な世界の方に教えられますと、
人間って小さな生物に思えます。


火の玉が次地球に近付き地球人が驚きの声を上げる日がやって来るかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

世見2016年01月30日お酢ダイエット







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>


「愛」誰もが嫌いになれない言葉。
なのに、愛は時折苦しめもします。


だからネ。
「愛されたい」より「愛せた」喜びの方が人ってネ。本当は最高の幸福だと云うことを忘れないでくださいネ。


いつの日か愛せた時代が懐かしくなりますよ。


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/01/30


あなたは肥満ですか?(笑)


私は昨年の7月頃から食事にお酢(すし酢)を出来るだけ摂り入れるようにしたおかげで月に1キロずつ減り、5ヶ月で5キロ減量しました。


今までが太っちょだったので、人から「痩せたネ」とは言われませんが、おかげ様で腰の痛みがかなり軽減されました。(笑)


肥満と云えば肥えていることが良いとされている伝統的価値観のある地位もあるのですネ。


太平洋諸島諸国ではトップ10の8位までに入っているようです。
中国も5人に2人が肥満なのですって。


でもネ。
肥満を気にするくらいだから私達って幸福です。
今もアフリカでは飢餓の人々が増え続けています。
北朝鮮も40%以上の人が飢餓状態だと言われています。
世界の人口は2100年には112億人になると言われています。
その中でも日本は人口の自然減は約27万人だといいます。
鳥取県の人口が58.3万人です。
子供達の貧困状態は深刻です。
6人に1人が貧困状態です。


私達は日々何を思って生きているのでしょうネ。
肥満ですか、なぁんてたずねている場合ではありません。
日本の子供達の未来をもっと考えなくてはいろんな意味で手遅れになります。
生活保護を受けている人も216万人もいます。


今日という日を経済的に心配せずに過ごせる人はご自分がどれだけ恵まれているのかをわかってください。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

世見2016年01月29日おへい様の話







松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
合掌


お子様の目を見て手を合わせて見てください。
ご夫妻で目を見て手を合わせて見てください。
いろんな人と目を見て手を合わせて見てください。


きっとネ。
目を見つめ合いながら合掌すると、出逢えたことが喜べますよ。
いて当たり前の人に対してどれだけ自分にとって大切な人なのかを忘れやすいと思うのです。


だからネ。
逢えてよかったと思って合掌して見てください。
心が温かくなりますよ!


―――★―――★―――★―――★―――

<世見>
2016/01/29


あのね あのね こんなお話を耳にしたのよ。
人ってネ。誰かに教えたくなる話ってありますよネ。


おへい様のお話なのです。(おならのこと)
あなたのおへい様はどんな感じですか。


3人に1人はメタンガスを手にしているらしいのですって。(笑)
メタン生産能力のある人が3人に1人おられるのだと思うと、何となく笑えませんか。
もしも、ご自分がメタン生産能力保持者かどうか知りたければお風呂が一番。
湯槽に浸かっておへい様を出し空き瓶でキャッチして見るとわかるようですよ。


おへい様ってネ。
あなたの大腸の働きぶりを教えてくれているのですよ。
おへい様のことを改めて考えてみると人間っていっぱい面白いところがあるものですネ。


それはそうと、今年が申年だと云うことを忘れかけてはいませんか。


お猿さんネ。
昔の人は山の神の使いと思っていたみたいです。
鬼門がどこなのか私はわからないのですが、鬼門にお猿さんを置くと魔除けになったとも言われています。


もしも、あなたが鬼門を気にしておられるのなら、そこにお猿さんの絵でも何でもいいので置いてみられては如何ですか。


宮本武蔵に縁のある飛騨の猿丸神社
京都の赤山禅寺 敦賀の気比神宮


無病息災を祈願されるのなら京都綾部のくくり猿にも行かれるといいですよ。
貞観の申年に富士山噴火しているのが気になりますが、今年の申年ポカポカの陽気でスタートしました。


今年も始まったばかり。いっぱいいいことがあなたに起きますよ〜に。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2016年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする