2015年08月31日

世見2015年08月31日9月は世界中で自然災害に気をつけたい







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/08/31


明日は9月です。
今日で8月は終わります。


政党の歩みを不思議な世界の方に教えられると、“あれ、面白い”と思うことがあります。
戦後の日本は平和だったのか、党が幾つも出来て政党要件喪失したり、解党したり、合流したりと、新党がひしめき合っています。


日本共産党だけが1922年7月からずっと日本共産党を貫き、自由民主党は新党さきがけ、新生党とかにいっぱい枝分かれしています。


新党さきがけはさきがけに変わり、約8年間存在しました。
太陽党とか、新進党とか、「国民の声」なぁんて言う名もあったのですよ。


私など、前代の総理大臣の名前すらスラスラと出て来ません。
まして党の名前など覚えてもいません。


政界が動く時、新党が誕生しているのですネ。
1993年、1994年、1998年はどんなことが起きた年だったのか、新党が幾つも出来ています。
1998年といえば、「平成」の字を国民に示した小渕恵三総理大臣が誕生した年です。


私達は日本の歴史認識を高めないとおいてけぼりにされちゃいます。
アメリカの同時多発テロは思い出すかもしれませんが、米英がイラクを攻撃したことも、北朝鮮がいつ核実験をしたのかさえ忘れてしまっていると、自分の心眼が曇ります。


9月という月はアメリカに何かが起きやすい月に思います。
同時多発テロも9月。リーマン・ブラザース破綻も9月です。


今年の9月は世界中で自然災害に気をつけたい月になる気がしています。




<照の日記>

同志

「気が合う 気が合わない」ってどんなことかなぁ。
気が合う時は同意見とか「同」この字がある時かなぁ。
それとも「わかってもらえた」と思ったからかなぁ。


人ってネ。
そんなに深くない感情で「気が合う」と思い込むのかなぁ。


だぁってネ。
気が合うと思った人と、気が合わなくなることもあるでしょう。
だから気が合う・合わないよりできるだけ相手の話を聞き、相手の考え方をわかってあげるようにすることですネ。


そうすると、本当の気が合う人同志になれます。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 22:00 | 世見2015年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

世見2015年08月30日吉田松陰、“幕末の寅さん”に学ぶ







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/08/30


吉田松陰って、寅次郎って言うのですネ。
寅次郎‥‥親しみが湧く名前だこと。
「フーテンの寅さん」の幕末編かなぁ。



好奇心旺盛な幕末の寅さんは、あろうことか下田に停泊していた黒船でアメリカに行こうとしたというのですから、実に愉快な人です。


彼は何故、死に急いだのだろうか?
1859年10月、江戸の伝馬町の獄で斬首刑にされた寅さん。29才の若さだった。


「松下村塾」は、寅さんと門下生との思い出深き場所。
私は、性格が自分の大半の人生を作っていると思っています。


寅さんは人を引きつける魅力があったのでしょう。
あの当時、身分が低いと学ぶことが難しく、明倫館は特権階級の人の学びの場になっていました。


そうした中、向学心を持つ者を松下村塾は受け入れたのですから、寅さん人気が上がるのがわかります。


寅さんが残した言葉は熱い。
「目前の安楽は一時しのぎということを知れ」
「いたずらに時を過ごすことのなきように」


現代人が忘れてしまった何かがこの言葉にはあります。
寅さんが松下村塾で先生をしていたのは2年ほどですが、90人もの生徒さんが寅さんから学び又、日本の在り方を語り合ったといいます。


今年の夏は暑かった。
私達も自我欲求ばかりを追求せずに、寅さんのように日本の未来を熱く語り合える仲間を作りたいものです。


寅さんが斬首刑になってから156年。
寅さんが言っていた「100年の時は一瞬に過ぎない」の意味、わかる気がします。



<照の日記>

自然界が

意味もなく窓から見える空に向かい、ヤッホーと言いたくなりました。


私ネ。時折「空気さんひとりじめ」とか「お日様はわたしのもの」とか「お月さんいつの日か帰りますよ」とかいっぱい独り言を言ってしまいます。


あなたも目に付くものに話しかけて見てください。
勿論、空気は見えません。


でもネ。
今日も私が生きるために自然界は愛情たっぷりです。
ホ〜ラ あなたの傍にも自然界が包み込んでくれています。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 22:00 | 世見2015年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

世見2015年08月29日30年後、日本はどのようになっているのでしょう







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/08/29


30年後の100年目、日本はどのようになっているのでしょう。


富士山の大噴火もありえます。
首都直下型大地震もありえます。
千島海溝での大きな揺れも起きているでしょう。



日向灘も今後注意すべき場所であり、30年以内に大きく揺れていることでしょう。
東海地震が起き、東南海地震も起き、南海地震も30年内に起きていることでしょう。


もしかすると、凄く早い勢いでこれらの地震は私達に自然界の脅威を見せ付けることでしょう。
東海地震が次起きると大きな揺れになり、東南海、南海、阪神と連鎖するようにも思います。


だからと言って何ひとつ恐れることはない。
関東大震災後、東京は復興しました。


2つの原爆を投下され、日本中を米軍によって焼野原にされても復興しました。
福島原発事故も自然界に放射能被害を残すものの、30年後は復興しているでしょう。


外交問題にトラブルさえなければ、私達は自然界との戦いだけで済みます。
だが人口の減少は、地方自治体がかなりの数字消滅することを意味しています。


戦後100年目の2045年には、私は今世にはいないことでしょう。
30年と云う年月は長くもあり短くも感じます。


インフラが老朽化しているであろう30年後、自然災害に勝つ手立ても打てないであろう。
少子化問題。40才の人が70才になる30年後は「現役」が普通になっていることでしょう。
30年後、平均寿命も低下していたら、日本は本当にどうなるのでしょう。



<照の日記>

体験を

自分の出来ることが人も出来ると思うといろんなことを見誤ります。


人ってネ。
体験ってやっぱり凄くてネ。
後の人生で大いに役立つものです。


自分の考え方 思い方で相手を見ると時にはその人がわからなくもなるし、馬鹿だとか、阿呆だとか言いたくもなります。


でもネ。
どんな人も自分より下に見る癖は必ずや自分も人から下に見られることがあるので気を付けてくださいネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 23:00 | 世見2015年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする