2015年05月19日

世見2015年05月19日地球は今、水分を欲しがっています







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/19


「記録的な豪雨」こんな言葉を今年も聞くことになるでしょう。

過去の観測データーが役立たなくなってしまった気象。
海面水温がこれほどまでに上がってしまったら、エルニーニョ現象の定義も変えなくてはいけなくなる気もします。


赤道海域は地球の悲鳴を聴ける場所でもあります。
巨大エルニーニョが今年は発生しやすいのが気になってもいますが、一転するや否かでラニーニャになる気もしています。


「エルニーニョ・ラニーニャ」だけが要因とは思えない異常気象もこれからは多発することでしょう。
地図を触るとインド洋も変です。


南インド洋も気に掛かります。
熱帯域と亜熱帯の違いはわからないが、インド洋・南インド洋の周辺地域は大洪水と干ばつで人々を苦しめることでしょう。


集中豪雨によって10数万人もの被災者が出る日も近いと思われます。
エルニーニョはこれから増々巨大化するのは避けられないことでしょう。
ペルー沖は日本も注意していないと巻き込まれてしまいます。


地球は現在水分を欲しがっています。
降水量を増加させ、水蒸気量を増やし、地球を正常に戻そうと思っています。


熱帯低気圧がどのようなことを起こすのかはわかりませんが降水量は大が付く量になるのは間違いありません。


大洪水が壊滅的な脅威を私達に今まで以上に見せ付けて行くことでしょう。
このような地球を病気にしたのは私達人間です。


日本というのは不思議な場所です。
一人でも多くの方が地球に生かされていることに感謝すると、地球も私達を見守ってくれると思います。


dolphin crop.jpg




<照の日記>

家族

子供の一人部屋っていつから当たり前になったのでしょうネ。
一人で日常生活のリズムを作れない内からの一人部屋。


家族との団欒の喜びごとが減った生活環境を作り、食卓に並ぶのが家庭の味ではなく誰が作ったのかわからない食物が並び、会話もなく、テレビを見ながら食べている日々に子供達は一人部屋で暮らす内に家族との繋がりの接点さえわからなくしてしまいます。


子が親に依存する思いが物であったり、愛の証が見えるものであったりと変化すると子は本当の親の愛の形がわからなくなるのではと懸念します。


6畳一間に家族が折り重なるかのように寝ていた時代には「ひきこもり」なる人種はいませんでした。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

世見2015年05月18日コンクリートやアスファルトのある生活







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/18


「ヒートアイランド」の大きな原因は、都会から土の道の多くが消滅したからだと、不思議な世界の方は話されます。


クーラーのおかげで熱帯夜はまぬがれていますが、このことも自然界を脅かしてもいます。


郊外の2倍も発生する都会の熱帯夜。
今年も炎暑は覚悟しないといけません。
アスファルトの道は雨の日の泥濘に足を取られることもありません。
砂利道も舗装されている為に車も楽々走れます。


アスファルトは地球を自発呼吸しにくい場所を造ってしまいました。
アスファルトの下には世界でもトップクラスの土壌菌が棲んでいたことと大きく様変わりをしてしまいました。


真夏の熱を吸収する土の道のありがたかったこと。
夕方、家の前に打ち水をしていた頃は、日本人の心の中に自然界に感謝する思いがありました。


コンクリートが大中小のビル山を造り、アスファルトの道路はお日様から見たら太陽光線を浴びせたくなるのだなぁと思ってしまいます。


便利と快適を人々が追い求めた結果、光化学スモッグや熱帯夜を作りだしたことぐらいは忘れずにいたいものです。



熱吸収率の高いコンクリートやアスファルトのある生活から抜け出すことが無理なのであれば、日中60度にもなる舗装道路の下にこの温度をエネルギーに変える方法を考えて見る時期に来たとも思えるのです。



もしも、一軒一軒の風呂場の水が舗装道路の地熱利用になったら原発稼働を考えずに済むのでは、と思ってしまいます。


舗装道路に人工水脈を作ることで地面の熱も大きく下がり、各家庭のエネルギー使用も少なくなり、夏場は家庭経済に喜びをプレゼントできる気がします。


utimizu.JPG




<照の日記>

いい人

不満を言っている自分を好きな人はいません。
誰だっていい人でいたいのですもの。



でもネ。
いい人って、どんな人なのでしょうネ。
もしかすると、自分に都合がいい人のことなのかもしれません。



だからネ。
人からいい人と思われたいために無理をあまりしないこと。
思いやりを忘れないと自分が自分を認めるいい人にきっとなれると思います。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

世見2015年05月17日地球は、地表を変化させたいと思っている







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/17


東京には空がないと言った高村光太郎氏の奥様の智恵子さん。
彼女が話していたように都会の夜空から星達が消えた。
きっと、私の目には見えなくても天空高いところで煌めいていることでしょう。



そういえば、お正月の澄み渡った空の下では赤羽に向かう電車から富士山が見えました。ほんの少し前までは今より随分と空が美しい水色を見せてくれていたことでしょう。



都会の空も田舎の空も同じですが心を安らげてくれる空は都会にはありません。



「見上げてごらん 夜の星を」
坂本九さんのこの歌を今宵はあなたと共に歌いたい。



私達は自然災害に遭うと大騒ぎをします。
又、災害が起きてもいないのに先心配をします。



日頃から空を見上げたり、散歩をしながら地球を歩いている自覚を持ち生きていることに喜びを感じて暮らすと、心の内にある自分の思考に変化が訪れます。


地図を触っていると、地球は地球表面を変化させたいと思っているのを感じます。



2011年3月11日、宮城県沖で発生した超巨大地震の爪痕は日本中至る所に残っています。阪神淡路大地震の360倍ものエネルギーが宮城県沖で起きてしまったのです。



日本周辺にある四つのプレートはマグニチュード9.0という力に影響を受けたのは間違いがないと思われます。
太平洋プレートは今日も元気に潜り込みをしています。



今の地球の活動には想定という言葉は当てはまらない。
「アスペリティが多いのでこれほどの超大地震は起きない」と言っていた人がいたとか。



<照の日記>

何かあったら

自分の考え方が正しいかどうかなぁんて思い返すことすら忘れて生きている気がします。
もしかすると、自分の考え方は間違っていないと思いたいのかもしれません。



人が生きる上で自分の考え方が正しいか、正しくないかを見つめ直さなくてはいけない時って、きっと、自分にとっての事件が起きた時なのでしょう。



「日頃から何を注意して考えるか」
こんなことなんてそうそうできるわけではありません。



自分にとって不都合な出来事が起きた時くらいはご自分の心を慰めたり、痛めたりせずに真実の出来事と向かい合うときっとネ、今までにない考え方が出て来ると思います。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする