2015年05月25日

世見2015年05月25日一部屋で寝食を共に過ごす時間が大切。







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/25


お子様にかける教育関係費っていくらくらいなのでしょうネ。
幼稚園から大学まで、私立に行くと2,371万円も違いがあるようです。
勿論、医学部とか特別な学科はこれ以上になります。


私ネ、最近思うことは、親から見て子供は宝物以上の存在であるのはわかるのですが、子供にご自分の願望を押し付けている親が増えた気がするのです。


「ひきこもり」こんな言葉は私の子供の頃にはあまり耳にしませんでした。
このひきこもりの最大の原因は、一人で過ごせる子供部屋を作ったことだと思っています。


長屋と云われる家が日本中に多くあった頃は、6畳一間に家族が寝起きを共にしていたのでひきこもれる場所などありませんでした。


「子供部屋が必要か、必要でないか」
本当は子を育てるのに大きなテーマなのだと思います。
子育てと介護を卒業し、我身だけのことを考えればよくなった今だから思えることは、一人で過ごす時間の何と自由なこと。


子供達も自分の部屋はきっとお城なのでしょう。
暇を持て余すと人は必ず何かをしたくなるものです。


でもネ。今は退屈な思いを打ち消せるゲーム・パソコン等々があります。
又、生きるために努力をしなくたって食事・洗濯・部屋付きです。

確かに心を病んでいるお子様もおられるでしょう。


でもネ。ほんの少し前なら寝食を共に過ごしていたので、子の心の病にも今より早く親は感じとれたことでしょう。


ひきこもりのお子様のことで悩まれないためにも、出来るだけご家族は一部屋で寝食を共に過ごす時間を多くお持ちになってください。


-Drifting-Spirit-spirituality-and-religion-31221350-900-590.jpg



<照の日記>



恋は恋している数だけ恋物語があります。
相思相愛は恋する者同士の理想です。


でもネ。
恋って した者勝ち。


だぁってネ。
あのトキメキ感は実らぬ恋であっても生き生きと男女を問わず輝かせます。


好きになるのって本当は神様の仕業のように思うのですよ。
タイプとは違う人や性格が今ひとつの人や趣味も合わず年齢だって差があったりしてと自分の好きになる基準と懸け離れた人を好きになることもあるのですよネ。
きっと恋神様が恋をさせたくなったからだと思います。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

世見2015年05月24日自分の今世の使命は







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/24


黒柳徹子さんがご自身の番組でステキな言葉を言っておられました。


「齢をとったら ○○したい」


私は心が若くなりました。
黒柳さんが今年おいくつになられたのかわかりませんが、この言葉は私の心に響きました。黒柳さんの齢をとったと思われる年齢がおいくつなのかなぁんてことも気になりません。


「生涯現役」こんな言葉が浮かびます。


以前にも黒柳さんの名言を私は忘れることができません。
最愛のお母さまに最後に話された言葉だったかなぁ。


お母様に「怖くないからネ」とあちらに旅立つ時に言われたそうです。
「怖くないからネ」私もあちらに帰る時にこの言葉を言ってもらいたくなりました。


私達は心にしみる言葉を絶えず求めている気がいたします。
私も心を清らかに保ち、あなた様が心を健康にしていただける文章が書けることを願いたくなりました。


日本の将来を思うと心に不安が広がりますが、今の時代を生きている以上、自分の役割をポツポツとやっていく以外無いと思います。


このような質問をよく私は聞かれます。
「自分の今世の使命は」と。


私は思うのですよネ。
今世に生まれた使命とは“今を大切に生きること”だと。


出来れば思いやる気持ちを今以上に育み、ご自分が地球に住めたことを喜び、ご自分の生き力を信じて明日の自分が朗らかに過ごせるためにも、今日の心の内をほんのちょっぴり整理してゆったりとした思いで眠りにつくことが最良の使命。


だぁってネ。
最近、私達ひとりひとりの胸の内を地球はご存知に思えるのですもの。



spirituality1.jpg

<照の日記>

頑張って

職場に苦手な人がいると仕事に行く足も重くなります。


でもネ。
職場って働く場所なのですよ。
職場にまさか友達を作りに行っているなぁんてことはありませんよネ。


金銭をいただいて働く行為に誰誰が嫌いというのは少し変だとは思いませんか。
働きに行く以上、自分の仕事に責任を持ちご自分の仕事を頑張ってください。
そして、堂々とお給与をもらってください。


誰かのことが気になって職場を辞めたいと思えるのですから、きっと生活には困っていないのだとは思いますがネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 22:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

世見2015年05月23日東京、関東地域で気をつける場所







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/23


人は何故陸地を増やしたがるのだろうか?


平清盛といえば神戸を思い出す。
清盛塚も市電から見えたように思い出す。


あの頃、神戸の街々を市電が通っていたことを知る人も少なくなりかけています。
JR兵庫駅の近くには“えべっさん”があり、両親に連れられて寒い寒い冬に参拝したことも思い出します。


平清盛が港の防風を目的として築いたのが大輪田泊の終ヶ島。
阪神淡路大地震の時、此処はどうだったのだろうと思ってしまった。


関東大地震のXデーが来ないことを願うひとりですが、不思議な世界の方々が気にかけておられる所をお伝えすると、霊岸島、佃島、東京駅から新橋駅の西側の日比谷入江、越中島、永代島、お台場。江戸時代に埋め立てられた場所の地下は至る所が東日本大地震で地下の水脈が動き、東日本大地震の時の揺れまではなくても地盤が脆さを見せると言われます。


レインボーブリッジの南側と言ったらどこになるのだろうか?
関東大震災の教訓は生かされるのだろうか。


千葉県の富津沖、横須賀の観音崎。
今何気なくこの2ヶ所を書いたのですが、「気を付けなさい」と言っているのかもしれません。


東京アクアライン、木更津を結ぶ線。
何故かこの工事の後遺症が残っていて、次は関東大地震が起きた時被害を拡大する要素があるようにも思ってしまいました。


いつ どこで 何が起きてもおかしくない時期に入ってしまった今の日本。
台風の当たり年に先ずはならないことを願わずにはおれません。


自然界に感謝! 
地球さんにありがとう!



How-to-improve-your-spirituality-1d9cok1.jpg


<照の日記>

自分に

大きく鼻から吸って口からフゥ〜と言いながら息を吐いて見た。
静かなこの部屋に私が発する音だけが聴こえる。


一人で過ごす時間に慣れてしまった私。
今は一人でいるのが心地良い。
人って本当に勝手者。
傍にいるとうるさくて、いないと淋しがる。


でもネ。
家族との繋がりを切ることはできません。


だから
傍にいる家族には願望を押し付けちゃ駄目。
時折今日のように静かなひと時を楽しむのもいいものです。


それと
永い間 相手がいない一人身に慣れちゃった私がここにいます。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 22:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする