2015年05月28日

世見2015年05月28日歴史が物語るものは何か







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/28


不思議な世界の方々から歴史物語を聞くのがとても大好きです。
だからと言って歴史に精通するほどの知識もありません。



歴史が物語るものは何か?
私はこのように歴史を捉えています。
人間は、いつの時代から思考が複雑になり、時の権力者達によって人々は自分の生きる姿勢を作り、生き永らえたのか。



そして宇宙旅行すら可能になりつつある現代においても、我々には迷い悩みをなくすことも出来ません。
むしろ昨今では心を病気にする人も増えてしまいました。


私が教えていただくことが真実かどうかはわかりませんが、有料サイトの月刊SYOでは「不思議という名の真実」と云うお題で連載記事をタラタラと綴っています。



今日も今日とて「歴史発見」とでも申しますか、ちょっぴりミステリアスな世界にご一緒していただこうと思います。


人力というのは時折神が宿ってでもいるかのような物語を作ります。
戦争には“戦争をする理由”が必ず存在します。



ペルシャ帝国のダレイオス大王もその一人。
彼の野望は果てしない。ギリシャ本土をどのようなことをしても手に入れたいと思っていました。



最初の遠征軍は嵐に敗れ、再び海路でギリシャに向かう。マラトンに上陸したが、アテネ軍の歩兵と騎兵と弓矢によって大敗してしまいます。


この戦いで今も残る歴史が動いたのです。
アテネ軍の名もなき16才の歩兵が、30キロ離れたアテネまで走って知らせたのでした。



彼の名はハデス。まさか、冥界の支配者の名が彼だったのかぁ‥‥とは思うものの、この出来事が「マラソン」の起源だと聞くと、歴史を知ることが何故か楽しくなってしまいます。


spirituality03.jpg




<照の日記>

喜び

百均で買ってきた観葉植物が大きく育ちました。


嬉しいなぁ。
植物は値段で価値は決まりません。


「ネェ ネェ 我家の子でよかった?」と、水をやりながら聞いて見た。


まさかとは思うのですが笑い声が聴こえた気がした。
朝から観葉植物から元気を貰えました。






記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

世見2015年05月27日「平和」の文字から遠ざかろうとしている日本







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/27


2015年は今年です。
今から10年前に政府は、食料自給率の目標を45%に引き上げると言っていたのを思い出します。


食料を海外に依存している日本。
国際紛争に巻き込まれたら日本は食料危機がやって来ます。
農家は跡取りが減り続け、高齢化も進み、日本の食料問題は深刻です。


戦前は100%だった食料自給率。
この問題はとても重要です。
次々に国民不在で法案が通ってしまう今の政治。
私達が感じとる以上に集団的自衛権の行使の意味は深い。


アメリカの特命使者だったと思い込んでいるオバマ大統領夫人。
いったいどのような特命を持ち、あまり好きでない日本国を訪れたのか。


日本は操りやすい国だと思う。
国民が政治に興味を持っていないことをよくわかっている。


「戦争に巻き込まれないだろうか」
こんなことをもう心配しても仕方がない。


テロのターゲットの国になり大変な事件と遭遇しない限り、我々は気付かないのかもしれない。


安倍総理自身も身を狙われている一人になっていることに気付かないといけない思いもしています。


2016年から18年にかけて事故・事件・災害は、もしかすると驚きの連続かもしれません。


国を売ったのは誰か?
日本はトップの座から降りると過去の人で終わってしまいます。
今、日本が向かおうとしている道に「平和」この文字は薄くなっていると思えて仕方がありません。


cfr2.jpg


<照の日記>

幸福って

晴れた日の空には白い雲がよく似合います。
私によく似合う相棒はこの原稿用紙に鉛筆かなぁ。


相棒がいてくれるだけで幸福。
不幸探しをすると本当はネ。
誰もが不幸になれるものなのですよ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 23:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

世見2015年05月26日関東地方の人は気象情報に耳を傾けて







松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2015/05/26


揺れやすい時期に又入ったようにも思います。
東日本大震災後、子供達から大人まで災害に対しての先取りを感じとれる人が増えたと思われます。


「体調が理由なくなんとなくスッキリしない」
「頭が重く思う」
「排便が軟便に思う」
「家から出たくない」
「普段あまり気にならないことが気になる」


とか、いつもと違うご自分の感じ方に注意をされておられると、地震や他の災害の前兆を体が感じて知らせてくれているのがわかります。


私達人間は動物なのです。
我身を守るために予知する能力は手に入れているのです。


だからといっていつもご自分の変化に気をとられて過ごすと、これは予知能力を低下させることになります。
不安や心配も又、予知能力を手に入れることを妨げます。


予知能力を高める方法は“心の中を複雑にしないこと”です。
私はこうして原稿用紙に向かい書き始めますと、心の中には何もなく自然に ごく自然に書くことに集中しています。


今年は関東地方の人は気象情報に耳を傾けて欲しいと思っています。
ご自分の感じるものと気象情報とがどう違うのかも予知能力を高めるのには必要です。


関東地方の人は、特に水の被害には十分気を付けて欲しいと思っています。
勿論、今年も揺れます。突風も吹きます。集中豪雨もあります。雹も年々大きくなって行きます。台風も数を増やすでしょう。激暑の日々もやって来るでしょう。異常気象を通り越して記録を塗り替えるのがごく普通になることでしょう。


心配をされる前に予知能力を高めてください。


Spirituality22.jpg


<照の日記>

恋しい

母のことが恋しくなる日があります。
仏壇の写真に向かい「元気・・・」と言っている自分が可愛く思えます。


私には育ての親という括りはありません。
母と呼べるのは仏壇の中で微笑んでいる写真の人だけです。


母にとって私はいい子だったのだろうか。
今ならわかることもあの時はわからなかった私。
誰もが再び逢えぬ場所に旅立ってから気付くものなのですネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索
posted by キキ at 22:00 | 世見2015年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする