2013年09月30日

世見2013年9月30日私達は死んだ後、地球?を守る働きを開始する







<世見>
2013/09/30

人の死はいつやって来るかわかりません。
あちらに帰依する方法は数多くありません。


病死・事故・自殺・他殺・老衰
こうして改めて書いてみますと何とも言いようのない思いが心に広がります。


「死後の世界」に興味のない私も周りの友人が次々に病気になりラストシーンを考え始める姿を見ていますと、他人事とは思えなくなって来ます。


先月発売させていただいた「不思議な力を借りて幸せになる」では不思議な世界の方に教えていただいた死後の世界は私的には納得できてもいます。


人類が誕生して人々の心に芽生えることの中に「死」の世界があります。未知なる世界だけに生前様々なことを思い、未来に自分の今の思いを託したくなるのだと思います。


私が不思議な世界の方に教えていただいたのは、私達が死んだ後には地球を守るべく働きを開始するそうです。


私達は地球の細胞のひとつに過ぎず地球と共に生きる生物です。私達は光の子でもあるのです。


「不思議な力を借りて幸せになる」
本文から抜粋すると、亡くなった人とすぐわかるのはその人から光が消えたからです。


人は生きている間、生命の光を放っています。
気力のない時はその光に勢いがありません。
パワーがある人は私達の目にはその人が放つ光を感じているからでしょう。


死後の世界が気になられる方は先ずご自分が「今生きている」ことを自覚されて、大きく深呼吸されて、生きているぞ〜とご自分に言ってみて下さい。


きっと元気のよい光があなたから出ることでしょう。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より

【松原照子さんの書籍】
「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる
あなたの心が奇跡を起こす 幸せを引き寄せる68の言葉
幸福への世見
="border:none !important; margin:0px !important;"
/>
posted by キキ at 21:45 | 世見2013年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

世見2013年9月29日プレート境界地震と日本海東線の地震には注意が必要








<世見>
2013/09/29

「地震保険」に入っておられますか。
地震の発生確率や地震による火災が起きやすい地位は保険料が高いと聞いたことがあります。


いつ起きるかわからない地震。
揺れる我家は本当に嫌な時間です。


北アメリカプレートと太平洋プレート、フィリピン海プレートの接点のある場所を中心に動きやすくなっているのを感じています。


私ネ。スラスラと3つのプレートの名を書いていますが今ひとつプレートの位置を知りません。ユーラシアプレートの線が太平洋プレートに抜ける場所はどこなのですか?


そこの線上が気になってもいます。
そこが何処なのか?
海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む ウ〜ン 何を書いているのやら。


プレート境界地震と日本海東線の地震はこれから注意が必要に思われる。大地震が引き起こす大津波を私達は体験してしまいました。


大昔の人々が私達に残した記録を今一度よく覚えていることがとても大切です。


「活断層と原子力発電所」


こんなことを今更書いても私達にはどうすることもできません。柏崎刈羽原子力発電所事故は確か地震が原因だったと記憶しているのですが、私達はこの事故を学びにはできませんでした。


福島原子力発電所の事故が起きてやっと人々は目覚めました。柏崎刈羽原子力発電所事故は神様の警告だったと私は思っています。


私達は自分が体験するまで他人事として片付けているのかもしれません。
震度6強以上の巨大地震を体験する前に「備えあれば」を忘れることなく、地震大国に住む私達は心しておかなくてはいけません。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より

【松原照子さんの書籍】
「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる
あなたの心が奇跡を起こす 幸せを引き寄せる68の言葉
幸福への世見

posted by キキ at 00:00 | 世見2013年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

世見2013年9月28日最近気になる飛行場があって







<世見>
2013/09/28

ジャンボジェット機は1ℓで60m飛行できるってご存知でしたか。
ジェットエンジンの飛行機ってガソリンではないのをご存知でしたか。
大型バスは1ℓで3km進むそうですネ。


私ネ。飛行機に乗るといつも不思議で仕方がなくなるのです。
世界最大の旅客機を思い浮かべるとあの巨大な物体が空に浮かんでいるのですから凄いという一言に尽きます。


ほんの少し前まで海外旅行は大イベント的な面持ちを持っていましたが、今は身近な旅に変わっています。
最近気になる飛行場があって書いておきたくなっています。


目の前が海と云うのは至る所にあるとは思いますが、後ろは山と云うとそんなにはないのではと思います。
目の前が海と云っても結構切り立った山の上のようにも思います。


強風なのか飛行機が揺れています。
大事故にならなければよいのですが心配です。
飛行機事故が起きると続きそうなのも気掛かりです。
私がこうして書くと飛行機に乗る人は気になるかもしれません。


気を付けようがないのが飛行機事故。
お乗りになる時は着陸後の時間や日を先ずは頭の中でしっかりと認識をさせて自分は大丈夫だと思い込むと大難には遭いません。


私はいつも着陸後のイメージをして乗るようにしています。鳥が飛行機に直撃。映画のようでした。


今日はあなたとこのような事故が起きないことを心から願いたいと思います。韓国旅行をする人が少なくなったのも私はさびしいなぁ とも思います。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より

【松原照子さんの書籍】
「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる
あなたの心が奇跡を起こす 幸せを引き寄せる68の言葉
幸福への世見
posted by キキ at 12:34 | 世見2013年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする