2014年09月30日

世見2014年9月30日稲荷山古墳の鉄剣


松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/09/30



稲荷山古墳にお出掛けしたくなりました。
と申しますのは、不思議な世界の中国四千年のおじちゃまが髭を撫で撫で、「あの古墳はドラマが多い」と話されたからです。


「以前にも照に話したと思うが覚えておるかなぁ」
「ごめんなさい。覚えていません」
と答えたものの、この世見に書いた気がします。


「雄略天皇は実に激しい性格で気に入らないと些細なことで処刑をするくらいだったから、身近な人はいつもビクビクしおってのぉ。朝に見ゆる者は夕べに殺され、夕べに見る者は朝に殺される。雄略天皇の又の名を大悪天皇と言っておったぁ。



彼は安康天皇を暗殺。兄二人と眉輪王を焼き殺し、従弟2人は射殺して天皇の座を手に入れおったのだが、彼の野望はでかかった。


彼の動きは早く、東は埼玉、西は熊本ぞぉ。
百済王は雄略天皇の志を気に入ってなぁ、稲荷山古墳の鉄剣には百済の技法が入っておるわ。



倭王は我なりを中国の皇帝にまで届けたのだからなぁ。
確かに暴君には見えるが安康天皇も又、身近な人を殺しておるわ。



だがなぁ、なかなかの男でなぁ。
大きなる器の持ち主でヤマト政権を拡大させた私などから見たらいい男ぞぉ。



鉄剣はまだ3刀あるのだが、石上神社の昔の祠辺りを探すとよいのじゃが、草や石におおわれてわかりにくいとは思うがなぁ〜」



甲冑をつけて山を登り、川を下る、まるでサルのように素早く走り回る人々が毛人や海北を制覇する姿だという映像を今見せてもらったところです。

-----------------------

九月が
★2014年9月30日(火)

アッという間に終わってしまった九月。
あなたはどんな九月を過ごされましたか?


明日は十月。当たり前ですが今日までのことは今日までとして、来月は私とご一緒に明るく元気に過ごしましょう。





記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2014年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

世見2014年9月29日今年の冬は雪が牙をむく!?



松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/09/29



沖縄の那覇市で157年前に雪が降ったことがあるそうです。
雪って少しなら何となくロマンチックな景色ですが、積雪それも人が歩けなくなるほどの雪は住み人々には大変です。


あの赤道直下のキリマンジェロにも雪が降るのですネ。
今年の冬は世界中ドカ雪で大変な被害が出ることでしょう。
157年振りに沖縄に雪。こんなニュースが流れるかもしれません。


今年は雹が気になっていたのでこの世見にも何度か雹のことを書いた気がします。
空から降って来る雨・雪・雹これ以外になにかあったかなぁ〜?
雪が牙をむく年になるのではと今から心配しています。


このことは日本だけではなくアメリカの西部の山々にも雪崩が例年より多く発生して犠牲者が多く出るのではと、地図を見ていて気掛かりになっています。


スキーよりスノーモービルをする人達は雪を過信せずに楽しまないと雪崩に巻き込まれます。


雪崩って斜面に積もった雪の塊がひょんなことで剥がれたことから、転げ落ちそれが見る見ると大きくなり巨大化して数百万トンもの雪を下へと押し流します。今年はこの雪崩による被害が日本に及びそうで心配なのです。

ただネ。


小さな雪崩でも人は命を落とします。
雪崩が列車に迫っている光景が今見えました。
何もなければよいのですが。
世界中で雪の被害が報告される気がしています。


「異常気象」


この言葉が聞こえなくなる日が一日も早く来ることを今日は秋の空を見ながら心から願ったところです。

--------------------------------[

優しさは
★2014年9月29日(月)

空の青さを心に映し
今日は清らかな心で過ごします。


人ってネ。
こうして改めて自分に心地の良い会話をすると、不思議と優しい人になれるものなのですネ。





記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 14:00 | 世見2014年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

世見2014年9月28日日本の人口とご先祖様


松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/09/28



日本の総面積は37.8万㎢。
現在地球にはどれだけの独立国があるのでしょうか。
日本は面積からすると小さな国かもしれませんが、海も領土なので海の面積をプラスすると小さな国ではありません。


我国の宝物は海です。
悲しいかな、この海も人災のために接続海域はおかされた。


でも海って凄いのですよ。
海は病気になった場所を今日も元気を取り戻すため頑張っています。
竹島・与那国島・尖閣諸島は排他的経済水域です。
いつまでも竹島・尖閣諸島問題を長引かせてはいけません。


「一日も早くこの火種を消さないと」
こんな思いがいつも心に広がります。
私達も日本の将来のことを真剣に考える時期に来ています。
話は変わりますが、弥生時代の日本の人口は約59万人ほどだったといわれています。


私ネ。
この数字を知ってからご先祖様ってどのくらい前の人のことを言っているのかわからなくなってしまっています。


現在の日本の人口は1億2700万人だったかなぁ、少し間違ってもこのくらいの人が日本に住んでいます。


昭和5年頃からすると倍近くなっています。
よくご先祖様の祟りとかのお話を耳にしますが、江戸前期でも日本の人口は1227万人です。


この頃のご先祖様が私達に祟ったとしたら日本中に悲劇が起きることになります。私が思うご先祖様とは一度はあった人のことのような気がします。


勿論自分は記憶していなくても逢えた身内の人達のことをいいます。
今日は私を思ってくださったご先祖様に逢えてよかったと申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今を
★2014年9月28日(日)

全ての悩みや苦しみから解放された清浄で安楽な世界が極楽浄土というそうです。


でもネ。
生きているから味わえることっていっぱいあるはずなの。
焦らなくたって私達はいつの日か終わりが来ます。


その日までのお楽しみ場所として極楽浄土とやらはほんのちょっぴり忘れましょうよ。
それよりも、ホラ〜どこかで子猫があくびをしていますよ。




記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 12:00 | 世見2014年9月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする