2014年11月30日

世見2014年11月30日卑弥呼は弟と双子だった!?








松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/11/30


佐賀県の吉野ケ里遺跡に行かれたことはありますか。
弥生時代の大規模な集落が吉野ヶ里の遺跡です。


弥生時代って、600年も続いたのですってネ。
侵入者を警戒していたのでしょう、物見櫓もあります。
王の住まいらしき建物もあります。


魏志倭人伝に一支国と記せられた原の辻は長崎県にあり中国と仲良くしていた証の中国の貨幣貨泉が見付かっています。


私は遺跡には大昔の息付きが感じられるので、写真を見るだけでもパワーをもらえます。


九州は過去にさかのぼるには最適な場所です。
日に向かう国、日向国も発見され古墳の数にもびっくりです。
「卑弥呼」と書くと胸を高鳴らす人もおられることでしょう。


あの頃も倭国内は争いが絶えなかった。
そこで女子を王にすることに決めた。


その王の名が「卑弥呼」。


卑弥呼が女王になった時、50才をもうすぐ迎える齢であったようだが、もしかすると弟と双子だったのではと私は書きながら思ってしまいました。


以前、卑弥呼は「ふたなり」つまり男と女の両方を持つ人だったと教えられた記憶がある。


それと顔にはあばたがあったのではとも思っているのです。
では何故、卑弥呼が時の人になったのか? それは星を見るだけで天候を読みとれ、人の心の内もよく見ることができたからのようなのですが、この卑弥呼は人と会うことを極力避けていました。


金印については有料サイトに以前書いた文がありますので興味のなる方は一度お読みくださいませ。

---------------------------------------

今月も
★2014年11月30日(日)

イヤーホホウヒャ〜
わけのわからない言葉が出てしまいました。


だって、暦が明日で後一枚です。
11月最後の今日は気合を入れて心身を張りめぐらせて頑張りましょうよ。


オハハハァ〜ヨイショウ
あなたにアイ・ラブ・ユーを送ります






記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2014年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

世見2014年11月30日 一部の人の思惑が歴史を動かす








松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/11/30


山々は美しく紅色に染まっていることでしょうネ。
その山々ももうすぐお山のてっぺんは白い帽子をかぶることでしょう。


季節の移り変わりを見ていると顔にしわが増えるのがわかります。


サテ サテ 今日も何を書けるのやら、私の楽しみの時間がスタートします。

もしも、我国の自衛隊が国防軍になったらこれからの日本はどうなるのだろうとフッと思った時、満州事変という言葉が浮かんだ。


関東軍というのがあったのかどうなのかわからないが、ほんの一握りの思惑で満州国が誕生したのは事実のようです。


「日中の争い」は現在とは随分と違いがあったようにも思います。


「イシハラを締め出したのは誰だ」

急にこんな声が聞こえた。
満州国を牛耳ろうとしたのは誰だったのか? イシハラなる人物とは? 誰のことなのか?満鉄の力は大きかったようです。


アレ、何でわたしは満州のことを書いているのだろう。とは思ったものの、意味なく書きたくなるのでそのまま進めることにいたします。


ここで私でも知っている名前を書きたくなった。

「岸信介」この人です。

陸軍が暴走しなければ日中戦争で満州国は歴史を大きく変えていたことでしょう。


昭和7年といえば現在でも満州国のことを覚えておられる方もおられることでしょう。


イシハラという人がどのような人物だったのか? 岸信介が満州国にどのように関わっていたのか今日はわからないが、軍が力を持つと必ず平和は崩れます。


もしもあの時、一部の人が欲をかかなかったら日米戦争もなく原爆を投下される流れも起きなかったことでしょう。


第二次世界大戦後日本は平和です。
でも、憲法改正されるとどんな日本になるのやらと心配になります。

------------------------------

<照の日記>


幸福だと
★2014年11月29日(土)


年上でも年下でも同じ齢でも恋する人には関係ありません。
恋心はこんなことを考えなくていいのですよ。


だぁってネ。
恋したくたって心が燃えることをどこかに忘れて来た人もいるのですものネ。


だから恋に恋するのではなく大好きな人がいるだけで本当は幸福だということを覚えておいてくださいネ。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2014年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

世見2014年11月28日日本の食文化を見直しませんか








松原照子氏のスピリチュアル情報

<世見>
2014/11/28



日本人の平均寿命は男性79.94才、女性は86.41才です。
日本でもっとも男女ともに長寿な県は長野県で、ワースト1は青森県です。


健康で暮らせる寿命というのもあるらしくて、男性70.42才、女性73.62才なのですって。


それとネ.
不健康な期間というのもあるらしくて、男性9.13才、女性12.68才なのですって。


このことを改めて受け止めるとこうして私が健康で書ける寿命は5年くらいなのかもしれません。


暗いお話ではなく、これは現在の現実のお話です。
戦後69年、私が歩んで来た今までを振り返りますと食文化も大きく変わりました。


自給率の低さひとつをとりましても我国の食は大きく変わりました。
私達が現在口にする食料の60%が輸入食材です。
日本の食文化を今一度見直しませんか。
安く 安く 安く できるだけ安く。それも大量に仕入れた食料が出回っているのが現実です。


ご自分の健康を気になさる前に召し上がる食をもう一度よくお考えになってください。


現在日本人の寿命は世界トップの座にいますが、それは我々の世代が元気だからです。
この2.30年を見ますと母親の手寮にも変化が見られ、食卓には皿に盛られることなく買ってきたそのままの透明容器が並ぶようになった気がいたします。


添加物だらけの食品を美味しいと食べていると、優れた日本人の味覚にも異常が起きて来ると思います。

どうか、ご自身と大切に思う人の食の安全を今一度よくお考えになってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心配の前に
★2014年11月28日(金)

「発達障害」
お子様がこのように言われてお心を痛めておられる親御さんも多いことと思います。


「発達障害」と言われたお子様のお話を聞いていると私の子供の頃と符合するところが多々あります。


いつ頃からなのですか?「発達障害」と「普通」とを決めたのは。


私が現在の時代に子供だったら両親はどんな思いになったことでしょう。


ただネ。
ありがたいことに私を育ててくれた両親は「お前が一番かわいい」が口癖でした。


子供心に私の未来を心配する前に私の話すことや行動することすべてを愛しさだけで見ていてくれたと思っています。


親が子を思う心配は子に伝わります。
「発達障害」と言われたお子様も自分のことを心配していることはわかっていると思います。


だからネ。
未来の心配の前に愛しい子と思う習慣を身に付けてください。
きっと、その思いは花開くことになります。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2014年11月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする