2017年11月27日

バリ,アグン山噴火2017年11月27日







バリ,アグン山噴火54年ぶり2017年11月27日

先週54年ぶりに噴火したインドネシアバリ島のアグン山はその後も噴火が続いています。火山灰は上空数キロの高さまで上がりました。バリ島の空港では、封鎖されたり、航空機が欠航になるなど、観光客に影響が出ています。


54年前、アグン山は活発な火山活動が1年ほど続き、およそ1000人が犠牲になっています。


以前よりも噴火の規模が大きく、1.000メートル以上もの高さに上がっています。デンパサール空港は、営業はしていますが、火山灰による航空機の影響の懸念から、現在一部の便に欠航が出ています。


アグン山は、2ヶ月前から火山活動が活発になり、ついに噴火しました。火山灰が上空数キロメートルまで上がっています。今のところ当局は、危険はないとしており、新たな避難指示はでていません。


しかし、火山灰に含まれる小さな石の破片は航空機のエンジンには危険です。デンパサール空港方面に火山灰が近づいたため、ジェットスターとカンタスが、バリ島発着便の欠航や到着地の変更を決め、続いてバージン、KLL、エアアジアも欠航にしました。予約していた人たちは、空港に足止めです。


Bali-volcano-Mount-Agong-eruption-fears-1141656.jpg



お客たちの声

「チェックインカウンターに並んで待って、列の先頭についてから初めて欠航だと言われました。」
「事前に何も連絡がありませんでした。もうここで動けません。」
「帰国するところですが、欠航になってしまいました。」

その後航空各社は、噴火の勢いや風向きなどから安全性を検討し、カンタスとジェットスターは運行を再開し始めました。インドネシア政府は、航空機の運航への危険はないとしていますが、観光客は、休暇の予定を変えるべきかどうか、迷っています。


噴火の場所から遠く離れてはいるが、噴火そのものが大きいため、どうなるか様子を見るしかありません。アグン山の噴火が続く限り、バリ島とロンボク島への影響は続くと思われます。



インドネシアは日本と同じく、環太平洋火山帯に位置し、国内に120以上の活火山をようする世界有数の火山国です。これまでもたびたび火山の噴火に見舞われてきました。

先週54年ぶりに噴火したアグン山は、標高3.000m余リ。今月21日に起きた噴火が、昨日も続き噴煙は、最大で火口から4.000メートルほどの高さまで上がったということです。このためインドネシア政府は、周辺の空域で航空機を運航する各国の航空会社に対し、最大限の警戒を呼びかけています。


火山灰への警戒から、昨日はバリ島とオーストラリアを結ぶ国際線など81便が欠航となりました。またバリ島の東にあるロンボク島の空港が今朝まで閉鎖されていました。


前回アグン山が噴火した時は、活発な噴火活動が1年ほど続き、およそ1.000人が犠牲になっています。今後も火山活動が続けば、多くの住民の人々が避難生活を余儀なくされるため、年末の観光シーズンを前に、観光業が打撃を受けることも懸念されています。


以下機械翻訳

12.30am:バリ空港が閉鎖され、別の航空会社が休日のホットスポットを行き来するすべての便をキャンセルしました。


バリ空港は閉鎖され、別の大手航空会社が人気のある観光地へのフライトをキャンセルしたと発表しました。

カンタス航空の予算航空会社ジェットスターは、月曜日のバリ島発着便がすべてキャンセルされたと発表。

ジェットスターは声明の中で、「アグン山火山の灰雲のため、バリ島の飛行条件は今朝悪化している。



その結果、11月27日の月曜日のバリ内外へのフライトはすべてキャンセルされました。

航空会社は、キャンセルされた便に乗った顧客に連絡して、再予約する方法をアドバイスすると付け加えた。


12.05 am:インドネシア、最高レベル4への警戒

インドネシアの災害管理機関は、バリ島のアグン火山の最高水準4に警告を発したと述べた。


政府機関は次のように述べている。「灰色の火山灰と時折弱い爆風がピークから12km(7マイル)聞こえる。火炎は夜に見えて、潜在的な噴火がいつでも起こりうることを示しています。


PVMBG(Volcanology and Geological Disaster Mitigation Center)は、
現地時間午前6時からアグン山の警報レベルを3から4に上げた」と述べた。


午前12時:ライブレポートを引き継ぐNicole Stinson

11月26日日曜日
10.40pm: 'マグマ噴火'

当局者は、アグン山の現在の活動は、ガスの減圧と灰の噴出という結果を招く「マグマ噴火」となり、山の近くの人々にマスクを着用するよう勧告した。

9.50pm:アグン山(Mount Agung)は依然として「煙を噴出している」と目撃証言が報じた。

島のある旅行者はTwitterに次のように書いています。 "夜明けは#Baliの#MountAgungを突破しています。私は一晩中、私が吸い込んだ#VolcanicAshから咳をしてきました。#volcanoはまだ煙を吐き出している」

午後8時:他の便のキャンセル

ングラライ国際空港の当局は、キャセイパシフィック航空、ジェットスター、エアアジア、ガルーダインドネシアが日曜日に45便をキャンセルし、5,500人以上の乗客に影響を与えていると述べた。土曜日に14便がキャンセルされ、2,350人の乗客に影響を与えた

5.41pm:深刻な噴火で恐怖が深まる

恐怖は成長し、バリ島では深刻な火山噴火が起こる可能性があります。

災害当局者は火山周辺の村で厚さ半分の厚さの灰が沈着し、兵士と警察はマスクを配布したと語った。当局は、火口周辺の除外ゾーンにいる人は、火口から7.5キロメートル離れた場所に残っていると警告した。

午後5時30分Jon Rogersが報告を引き継ぐ

エアアジアは、アゴン山が火山灰を噴出し続けているため、バリへのすべての便をキャンセルする最新の航空会社です。


1.52pm:アンク雲がロンボクを漂う

ダーウィンの気象庁の火山灰諮問センター(VACC)は、主要な国際空港があるバリの首都、デンパサール(Denpasar)から離れた、ロンボクの隣の島に南東に向かう灰雲を示す地図を発行した。

1.48pm: ロンボク島の空港は閉鎖されたままです

灰雲はロンボク島の空港を少なくとも月曜日午前6時まで閉鎖させた。

1.30pm:灰の柱が空を3,000m上昇させる

BNPBインドネシアは、灰の柱が空に2500メートル伸びており、首脳会談から東東に傾いていると語った。

記事参考はこちら⇒/www.express.co.uk






posted by キキ at 10:00 | 災害・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

イランイラクM7.2地震から死者530人を超える2017年11月16日







イランの北東部で11月12日夜、日本時間午前8時頃、マグニチュード7.2の地震が発生してから、4日後の今日現在で死者は530人を超えています。


アルジャジーラによる報道

震源地はイランとの国境の山岳地帯のクルド人自治区で、多くの家屋が倒壊し、瓦礫や家具などが通りに散乱しています。


イラク地震観測所によると、揺れは3〜4分続いたとしています。クゥエート地震観測所によると、軽い揺れが観測され国民の大半が揺れを感じた、と話しています。


トルコのアルジャジーラ特派員によると、トルコ南東部のタキシでも揺れを感じたとのことです。またイラン駐在の特派員によると、イランのイラク国境沿いの5つの街でも揺れが観測されました。


またイラン国内の報道よると、イラク北部を震源とする地震で、イラン西部で被害が大きいと伝えています。


家を失った被災者、余震を恐れる人たちは、冷え込む屋外で夜を過ごしています。被災地を視察したロウハニ大統領は、テントの用意や助成金の支給などを約束しました。

IMG_3727.JPG

_98728300_iraq_iran_earthquake_640-nc.png

_98742414_mediaitem98742413.jpg



BBCニュース

現在破壊された建物を取り壊す作業が行われています。数千人が家を失い、物資を必要としています。避難所が必要な人は70.000人、国連は要請があれば支援すると言っています。


夜間の業務は氷点下以下に下がる気温の中で行われます。家が欲しいのは、家を失った人ばかりでなく、余震が怖くて家に戻れない人もです。12日のM7.2の地震以来、1時間に3回以上、すでに200回もの余震が続いています。救援部隊が救助犬などを使って被害の大きかった地域を集中的に捜索していますが、作業は難航しています。


捜索は14日の夕方に打ち切られました。家を失った人たちは、街の広場や公園に設置したテントで避難しています。

記事参考はBBC






posted by キキ at 00:00 | 災害・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

南米ペルーM8.4地震発生か2017年10月30日







いつも地震の情報を掲載しているサイトからは出てないのではっきりしませんが…。


10/30/2017 - 南米/ペルー - USGSダウングレードで報告された大規模な大地震(M8.4)

2017年10月30日

機械翻訳


あたかも夕暮れ地帯のエピソードであるか、マトリックス内のスキップするハードドライブにぶつかっているかのように、私たちが警告を発した後、再び非常に大きな地震が報告されました(ペルーの熱帯雨林でM8.4)今週太平洋を襲うM7.7からM8.7の地震。



何人かの人が私にメッセージを送り、それが「間違い」であると言うことを試みています。


私は彼らがMISQUAKEであることを意味すると思います。


さらに正確な大きさの突発的な地震と、私たちが注意を喚起する場所での誤った地震。これはちょうどチャンスまたは偶然であると信じるにはあまりにも頻繁になりつつあります。今回は巨大なM8.4の「間違い」。


うーん、これは確かに非常に奇妙です。


太平洋に警告するだけでなく、数日前に深刻な地震が発生したインドネシアと反対側の地域に警告しました。


このグラフィックは、インドネシアの深海地震の地点(M6.7)を示しており、ロシアのGSRC機関がペルーのプレートを横切ってM8.4を報告している場所を示しています。事実、私たちが期待していたのと同じ緯度。


large-earthquake-mystery-peru-oct-30-2017a1.jpg
上:2017年10月30日、GSRC庁は6日前の深刻な地震M6.7の地震とは反対に、直接緯度で神秘的なM8.4の地震を報告した。6日前、我々は太平洋の反対側にある深震災に平行して、M8.7までの地震活動の警告を発した。

________


この先週、私たちは、西太平洋の深いイベントに対応するパラレルで、東日本大震災に関する警告を出しました。


m8.4-earthquake-mystery-peru-oct-30-2017.jpg

上の図から分かるように、この週の深いM6.7地震の平行した場所はエクアドル+ペルーで、両地震は南緯7度に非常に近いところで起こっています。


人々はこれが「間違い」であると私に伝えています。これは、今年の28回目のミスを、地震予知と直接的に同じ大きさと場所に一致させることになります。


それが間違いであれば、地震、軍事試験、鉱山崩壊、ソニックブームの上でもミスクを予測できます!




私が "間違い"、テスト、崩壊、ブームを予測できるならば、コンサルティング会社ですぐに仕事をする必要があります。何百万人もの給料を払っています。他の人、またはコンピュータ。








記事参考⇒www.dutchsinse.com
posted by キキ at 00:00 | 災害・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする