2017年02月08日

大世見者松原照子「自分の勘を磨き不穏な時代をサバイバルせよ!」月間ムーよりその4









大世見者松原照子月間ムーよりその1
大世見者松原照子月間ムーよりその2
大世見者松原照子「暗い未来しか見えない⁉」月間ムーよりその3



★最善の未来を手にするためにわれわれができることは?★

読んでいただきその3では、暗澹たる気分になった人もおられるでしょう。しかし、最悪の結末に向かって進むか、そこから大きく舵を切って別の可能性を見い出すかは、私たち次第。今ならまだ間に合うのではないでしょうか。


●心の中の会話をきれいにする

「私な、こうしてしゃべってるときは関西のオバチャンやけど、心の中の会話はすごくきれいにしてるんよ」と松原氏。日常の話し言葉より、むしろサイトにアップする文章のほうが「心の会話」に近いようだ。


人間は、つねに心の中で何かをつぶやいているものだが、それをきれいにすることが重要なのだと、松原氏は指摘する。


どうしても悪口雑言を言いたくなったら、その元凶となっている相手に愉快なニックネームをつけ、それで呼びかける。すると、心中にわだかまっていたどす黒い感情が抜けて、「しょうがないなあ」という受容の気持ちに変化するという。




●自分の行動を自覚する

「電車に乗るとな、みんなスマホを(と、指を動かす)触っているけど、あのときは心を忘れてるねんで!」と松原氏。確かにそうかもしれない。このような時間をできるだけ少なくし、自分がいま何をしているかという自覚をつねに持つほうがよいそうだ。


とはいえ、たまにはゲームに興じたいときもある。「そういうときは、先に自分に言っとくねん。『これから30分間心を忘れます』って」。約束の時間が経過したら、自分を取り戻せばいい。




●自分の無事をイメージする

「みなさん、私に地震のことを聞くけどな、地震を怖がっている人なんて、ひとりもおらん。自分が死ぬことが怖いんよ」と松原氏はよく話す。



「今年、地震がきますか?」といった質問を受けると、松原氏は、地震がくるかどうかではなく、1年後にその人が無事かどうかをみて答える。「地震はくるかもしれんけど、あなたは大丈夫、生きてるで」



この方法は、日常生活に応用できる。



たとえば、旅行にでかけるとき、無事に帰宅できるかどうかが不安なら、「何かあったらどうしよう」と心配するのではなく、○月○日○時に元気に帰宅する自分をイメージし、それを言葉に出して宣言するのだ。




●グラリときたらこう唱える

もしも地震や災害に見舞われたら、気持ちを強く持ち、「大丈夫、私は今、生きている!」と口に出して言うことを松原氏は強く推奨している。



「怖い、どないしょう、とうろたえるばかりでは、人は何もできなくなる。生きてる! と自覚すれば、次にやるべきことが見えてくる」




●不測の事態を吉に転換する

ちょっとしたアクシデントが起きて予定が狂ったとき、松原氏はこう対処する。



「何かが起きて、予定が変わるでしょ。それが吉となりますようにと念じながら行動するの。人間ってたった1分のことで運命が変わる。予想外のことが起こったから、事故やいやな目に遭わずにすんだのかもしれない。そんなふうに気持ちを切り替える習慣をつけてる」




●「ガバジャラミタ」と唱える

これは「不思議な世界」の方々から授けられた謎の言葉である。この言葉が和音のように響くのを松原氏と一緒に複数の人が聞いたというから驚きだ。



「ガバジャラミタと唱えたら嬉しいことが起こったというご報告をいくつもいただいているから、若い人たちにも唱えてほしいなぁ」



毎週水曜日の午前4時、松原氏は手を塩で清め、朝日の昇る方角に向かって、この言葉を唱える。「ご一緒しましょう!」とサイトで呼びかけもしている。



先行きが不透明で不穏な気配が漂う時代だが、だからこそ勘を磨き、生き抜く力を蓄えておきたい。






続いて「不思議な世界」から聞こえてくる会話から、ダイアナ妃とローマ法王の死から、ロスチャイルドの世界における支配など、これまで世見でご紹介させていただいた内容とともに解説されたものを転載いたします。


松原照子大世見「ダイアナ妃と法王の死の影にロスチャイルド一族が潜む⁉」月間ムーよりその5へ続く
雑誌ムーNo434、2017年1月号より抜粋






【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 「世見」幸福への近道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

大世見者松原照子『ブラヴァッキー夫人の正体は?』月間ムーよりその2







大世見者松原照子月間ムーよりその1


☆松原氏に膨大な情報を授ける『不思議な世界の方々』とは?☆


●ニューヨーク47番通西302ホテル・シャーマンの謎

松原氏に情報を与えているのはいったい何者なのか。「不思議な世界の方々」と松原氏が呼んでいることから、複数の存在であると思われる。



そのうちのひとり、「ブルーグレーのおばちゃま」の正体は、「聞いてびっくりあの世の仕組み」で明かしている。神智学協会を設立したヘレナ・ブラヴァッキー。



2015年7月12日付けで松原氏のサイトに掲載された

「ニューヨーク47番通西302の HOTEL SHERMANにも行ってみたいのですが、このホテルってあるのかなぁ。又、ニューヨークにこんな番地って存在するのかなぁ。


今日、ブルーグレーのおばちゃまが四時起こしてくれました。
何となく今書いたところってブルーグレーのおばちゃまとご縁があるようにも思いますが、


「エンリコ・レスタさんと今も仲良くしています」
とブルーグレーのおばちゃまは言っておられたのですが、エンリコさんって誰なのですかネ。」


S__4644887.jpg



ニューヨーク行きが決まっていた前月(2015年6月)現地の友人と同行することになっていたことで、「せっかく松原さんがニューヨークに来るのだから」と、この友人が47番通西302について事前に調べてくれた。しかしここはHOTEL SHERMANではなくエコノ・ロッジというホテルだった。



エコノ・ロッジの従業員に「ホテル・シャーマンに心当たりはないだろうか」と尋ねたところ、エコノ・ロッジの支配人の名前が「シャーマン」であった。



帰国後松原氏は、ニューヨークでの件を知人に話しており、「ニューヨーク47番通西302の HOTEL SHERMAN」について調べた知人に「こうしていると建物の絵のようなモノが見えるから描いてファックスする」とブラヴァッキー夫人についての本を大型書店で探し、14年間も店内に埋もれていた「H P ブラヴァッキー夫人 近代オカルティズムの母」(神智学協会ニッポン・ロッジ)を入手、この書籍の中の説明に「ニューヨーク47番通西302の 二階のH P Bの家。下は現在の場所」と記されていた。



ついでに知人は「エンリコ・レスタなる人物」についても調べてみると、彼は写真家で、ブラヴァッキー夫人のポートレートを撮影していた人であることがわかった。良く知られる頬杖をついた写真は、エンリコ・レスタ氏によるものである。



●ブラヴァッキー夫人の訪れは松原氏にとって変化のサイン

松原氏によると、ブラヴァッキー夫人は、松原氏のターニング・ポイントに姿を現すという。最初の出会いは今から32年前。当時、神戸で割烹を営んでいた松原氏に、「(私たちが話すことを、書きなさい)と訴え続け、それを受けて松原氏は、500円の小冊子、『恐怖の大予言』を自費出版し、累計9万部を世に送り出した。自費出版としては異例の部数である。



その後、さまざまな事情から多額の借金を背負ってしまった松原氏の前に、ふたたびブラヴァッキー夫人が現れた。

「明日、訪ねてこられる方に、すべてをお話ししなさい」


翌日、ある人物が松原氏のもとを訪れ、あっという間にさまざまなことを処理した上、借金を肩代わりし、松原氏を自分の会社に入社させてくれた。



ある人物―――仮にS氏としよう。S氏は食品機械メーカーの経営者で、松原氏の不思議な力を非常に高く買っていた。何かにつけて松原氏の感性を大事にしたし、早稲田大学や東京農大といった大学の教授に声をかけて、共同研究の場を設けた。



共同研究といっても、松原氏がフラスコを振ったり、設計図を書いたりするわけではない。だが、松原氏には直観力があるし、見たり触れたりすれば、わかってしまうのだ。



たとえば、ある教授が電気機器の設計図を前に呻吟(しんぎん)していると、それを見た松原氏がいう。「先生、ここのところは、いらんのとちゃいますか」、「そうか、松原さん、やっぱりいらんかね」



こんなふうに、アカデミックな知性と松原氏の感性が補い合って、いくつものアイデアが具体化されていった。生ゴミ処理機、界面活性剤の入っていない石けん、時間が経ってもカリッとした食感を失わない炒りアーモンド、ダイエット効果の期待ができる風呂・・・・。



諸般の事情から、製品化されたものは少ないが、これまでに40ほどの特許を取得している。このように、ブラヴァッキー夫人が現れるたび、松原氏の身の上に大きな変化が起こった。



2015年7月からはじまった「ニューヨーク47番通西302」をめぐる一連の出来事は、ふたたび大きな変化が訪れるサインではないかと、松原氏は感じているようだ。

雑誌ムーNo434、2017年1月号より抜粋


★追記★
ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー
 
彼女は「神智学」を創唱した人物で、「神智学協会」の設立者でもあります。


その彼女は、インドの神秘を描いた通俗作家ルイ・ジャコリオの本を読んだことでインドに注目し、出航。


イギリスを経由する際、「英神智学協会」の会員らと交流した後にインドのボンベイへと赴きました。「神智学」はキリスト教を否定するものであり、インド人はブラヴァツキーを歓迎しました。


1922年に、ブラヴァツキーの後継者としてアリス・ベイリーが選出されました後、彼女はニューヨークに、「Lucifer Publishing Company(ルシファー出版社 )」を設立しましたが、後に「ルシス・トラスト(Lucis Trust)に名前を変更しました(管理人:そのまんまはマズイと思ったのでしょう)。


この出版社がとてーもマズイ事実を持っていることを書きたくて前置きしましたが、次には拙著『来るべき時への始まり』から引用させてもらいます。

 

「この出版社は国連の公式出版社となっている。(中略)神智学協会はオカルト結社である。そしてこの協会の幹部らは、全員メイソンだったことで知られている。



また、国連内部には「瞑想の部屋」なるものが存在するが、その室内には祭壇として6.5トンもの灰色の鉄鉱石が置いてある。これはスウェーデン政府によって寄贈されたものだが、もっと詳しく言うと、フリーメイソンのスウェディッシュ・ライトのグランドマスターを1973年まで務め、第2代国連事務総長を務めたダグ・ハマーショルドに贈られたものだという」P76-77

こちらから引用させていただきました)



大世見者松原照子月間ムーよりその3
「不思議な世界の方々の正体が少しずつ明らかになっていく⁉」へ続く

参考
世見2015年07月12日最近、行きたい国々。






posted by キキ at 00:00 | 「世見」幸福への近道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

大世見者松原照子「暗い未来しか見えない⁉」月間ムーよりその3








大世見者松原照子月間ムーよりその1
大世見者松原照子月間ムーよりその2

●不思議な世界の方々の正体が少しずつ明らかになっていく⁉

「不思議な世界」から松原氏をサポートしているのは、ブルーグレーのおばちゃまことブラヴァッキー夫人だけではない。たとえば、本誌連載「松原照子の大世見」にしばしば登場する「中国4千年のおじちゃま」も、松原氏に知恵を与えるひとり。



「中国4千年の歴史」というフレーズをよく使うことから、こういうニックネームがついた。この人物は、宇宙の摂理から知られざる歴史の裏側まで、幅広い話題を語る。松原氏によれば、タレントのキム兄こと木村祐一にそっくりだという。



いつも風呂敷包みを大事そうに抱え、作業衣のようなファッションで現れるのは、「風呂敷おじちゃま」。人の心の機微や、歴史上の人物の素顔、近未来の日本などについて教えてくれる。



この世に在命中は、宗教家だったことがわかっている。同時に、松原氏の窮地を救ったS氏の会社に勤務中、たまたま社長室に入ると、この人物の写真が飾られていたので、非常に驚いたそうだ。とても思慮深く、慈愛に満ちた存在だという。



理科系の話をしてくれるのは「スワニーおばちゃま」である。松原氏によれば、「フワッ、スワッとした印象」の外国人女性だという。放射能や放射性物質に詳しく、福島第一原発事故の対処方法についても、松原氏を通じて何度かメッセージを発信している。…と書くと、もしかしたらあの女性がとか想像を巡らせている人もいるだろう。それは正解かもしれない。
世見2014年4月22日今までとは違う放射性物質を集結させる



ほか、岸田劉生(きしだりゅうせい)の絵画「麗子像」にそっくりな「麗子おじちゃま」、動くたびにゴトン、ドトンと音がする「ゴットンおじちゃま」といった人びとがいる。



松原氏によれば、こうした「不思議な世界の方々」は、まさにそこに存在しているように見えることもあれば、声だけが聞こえてくることもあるという。また、映像、絵、数字などを見せられることも、たびたびあるそうだ。


(中略)


●暗い未来しか見えない⁉サバイバル能力を研ぎ澄ませよ!

この特集を制作するにあたり、松原氏から「せっかくの機会だから、20年くらい先まで起こりそうなことを書いてみようか」と提案があり1も2もなく快諾した。


「なんぼみてもね、暗いニュースしかないんよ」



それしか見えないなら、それでお願いします、と答えた。起こりうる未来から目を背けたり、「このまま進むとこうなる」という見通しを受け入れ、それを回避すべく努力するほうが建設的だと思えたからである。



というわけで、以下は松原氏の「スペシャル世見」である。

・パンデミックに警戒せよ
・外来種が人的被害をもたらす
・空き家の割合が3割を超す!
・4割を超す子どもが貧困に
・中国で自由主義志向が拡大
・人口減少が地方の危機を招く
・大地震発生の確立は9割以上




●パンデミックに警戒せよ

それほどの時を待たずして、世界を震撼させるトップの出来事は、感染症です。20世紀最大のインフルエンザといわれ、大流行した「スペイン風邪」に匹敵する新型ウイルスが、人びとを苦しめるのを心配しています。


通常なら人に感染しない、動物だけのインフルエンザ・ウイルスが、突然変異によって人に感染し、パンデミックという言葉を多く耳にする日が来ると思われるのです。


●外来種が人的被害をもたらす

少し前まで生物たちは、その土地の地形や気候といった条件のもとで、生殖系を保ってきました。しかし、人間の手によってそれが崩れ、わが国でも外来種が増加する一方、在来種が減少するという事態が起き、自然界が大きく変化しています。



なかでもアライグマやハクビシンは、寄生虫かなにかで人的被害をもたらすように思われ、気がかりです。また、タイワンリスが停電の原因になる日がくるようにも思います。外来種にとって、日本は天敵のいない国です。そのため繁殖力が高まり、人びとへの被害も拡大し、とてつもないことが起きるような気がしているのです。



●空き家の割合が3割を超す!

2035年までに、空き家の割合が35%に達すると思われます。別荘の多い県は特に気になります。東京都と大阪府、そして愛知県は、他県に比べれば空き家が気になりませんが、住宅事情は、この15年で大きく変わります。



●4割を超す子どもが貧困に

子どもの貧困率が上昇していきます。彼らの将来が閉ざされ、優秀な人材が世に出にくくなり、ノーベル賞に手が届かないという状況が生まれます。学力も低下するでしょう。



国は、子どもたちの未来を応援する基金を立ち上げますが、はかばかしい効果がありません。子どもたちの未来が心配です。



今はまだ、子どもたちにとって、「良き時代」なのかもしれません。それでも6人に1人が貧困に苦しんでいます。そして、私の感じる近未来の日本では、6人に2.3人の子どもたちが貧困にあえいでいます。そのことが怖く思えるのです。



●中国で自由主義志向が拡大

人民元が米ドルと肩を並べるほどの国際通貨へと成長する日は「ない」と思えます。その大きな理由のひとつは、共産党が揺れるような出来事が起きるのです。



自由主義を望む人びとの手が拡大するという声が今聞こえました。中国にとっては、イスラム過激派と、どのように手を結ぶかも課題のひとつ。



AIIB(アジアインフラ投資銀行。中国の主導で2015年に発足)は、中国政府が揺れると、他国に何かを奪われると思っているのです。何かとは、AIIBへの出資金かもしれません。


AIIBとADB(アジア開発銀行。1966年に発足し、日米が最大の出資国)が合体することは当面ないものの、神戸銀行がさくら銀行になり、三井住友銀行になったように、この2機関も変化すると思われるのです。



しかし、日本は意志を持たず、アメリカとともに歩くでしょう。



●人口減少が地方の危機を招く

人口の減少は避けられません。今のままなら2100年には、総人口が現在の半分以下になるといわれているのです。それ以前に、もはや2035年には、年金が老後の頼みの綱にはならない時代を迎えるでしょう。



これからの15年で、地方自治体の危機を感じる人が増え、県と県が合体することもありえます。インフラも老朽化し、大災害が起きたときは、孤立する人が多くなると思われます。



●大地震発生の確立は9割以上

2035年までに、東日本大震災や阪神・淡路大震災に匹敵するレベルの大地震が起こる可能性は、90パーセントだと思っています。



次に大きく揺れるのが日本のどの場所なのか、今は見えてきません。気になる地域が出てきたら、私のウェブサイトでそのつど皆様にお知らせいたします。



大世見者松原照子「自分の勘を磨き不穏な時代をサバイバルせよ!」月間ムーよりその4

雑誌ムーNo434、2017年1月号より抜粋






posted by キキ at 00:46 | 「世見」幸福への近道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする