2016年11月22日

福島・宮城M7.4震度5弱地震発生2016年11月22日








午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、この地震で気象庁は福島県と宮城県に津波警報を発表しているほか、青森県から伊豆諸島にかけて津波注意報が発表されています。気象庁は、津波の到達が予想される地域では高台に避難するよう呼びかけています。


白い波が押し寄せています。津波のようです。
仙台港は午前8時3分に津波がきていて、上昇中です。
福島・宮城に津波警報が出ています。


震源の深さは、25キロ
最初10キロと発表されましたが、30キロに修正?して25キロとNHKでは報道しています。



東京電力では、福島第一原発の3号機の冷却プールで一時的に冷却が止まったとのことですが・・・1時間ほどで再開しているようです。


11月22日
午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震があり、この地震で気象庁は、福島県と宮城県に津波警報を発表しました。


予想される津波の高さは最大で3メートルです。福島県などではすでに到達予想時刻を過ぎているところもあります。今すぐ高台や高いビルの上、海岸から遠く離れたところに逃げてください。


また、青森県の太平洋沿岸と、岩手県、茨城県、千葉県九十九里・外房沿岸、内房、それに伊豆諸島に津波注意報を発表しています。予想される津波の高さは、いずれも最大で1メートルです。


この地震で、福島県と茨城県、栃木県で震度5弱の揺れを観測したほか、東北と関東、それに新潟県の各地で震度4の揺れを観測しました。


気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で、震源の深さは25キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定されています。



津波注意報
また、津波注意報が宮城県、茨城県、岩手県、千葉県九十九里・外房、青森県太平洋沿岸に発表されています。いずれも予想される高さは1メートルです。海岸や川の河口付近から離れ、近づかないで下さい。様子を見に行かないで下さい。



さらに気象庁は午前7時26分に、千葉県内房と伊豆諸島に津波注意報を追加しました。津波警報は福島県で変わっていませんが、津波注意報の範囲が南に広がりました。


IMG_1323.JPG

20161122060518495-220559.png

Japan TV_0.jpg

m7.4.PNG



<東京電力のお知らせ>

11月22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生しました。
午前6時10分頃、福島第二原子力発電所3号機 燃料プール冷却浄化系が自動停止しましたが、午前7時47分、運転を再開しました。
その他、当社原子力発電所を含む主要な電力設備への影響は確認されておりません。



各市町村の震度は以下のとおりです。

▽震度5弱
福島県いわき市、福島県白河市、福島県須賀川市、福島県南相馬市、福島県国見町、福島県鏡石町、福島県天栄村、福島県泉崎村、福島県中島村、福島県浅川町、福島県広野町、福島県楢葉町、福島県双葉町、福島県浪江町、茨城県高萩市、栃木県大田原市。


また、福島県大熊町では震度5弱の揺れが観測されていると見られますが、震度のデータが送られてきていないということです。


▽震度4
仙台市青葉区、宮城県石巻市、宮城県塩釜市、宮城県白石市、宮城県名取市、宮城県角田市、宮城県岩沼市、宮城県登米市、宮城県栗原市、宮城県東松島市、宮城県大崎市、宮城県蔵王町、宮城県大河原町、宮城県川崎町、宮城県丸森町、宮城県亘理町、宮城県山元町、宮城県松島町、宮城県利府町、宮城県大衡村、宮城県色麻町、宮城県加美町、宮城県涌谷町、宮城県美里町、


秋田市、
山形県米沢市、山形県上山市、山形県村山市、山形県天童市、山形県東根市、山形県南陽市、山形県山辺町、山形県中山町、山形県河北町、山形県西川町、山形県高畠町、山形県川西町、山形県白鷹町、福島市、福島県会津若松市、


福島県郡山市、福島県喜多方市、福島県相馬市、福島県二本松市、福島県田村市、福島県伊達市、福島県本宮市、福島県桑折町、福島県川俣町、福島県大玉村、福島県西会津町、福島県磐梯町、福島県猪苗代町、福島県会津坂下町、福島県湯川村、福島県柳津町、福島県会津美里町、福島県西郷村、福島県矢吹町、福島県棚倉町、福島県矢祭町、福島県鮫川村、福島県石川町、福島県玉川村、福島県平田村、福島県古殿町、福島県小野町、福島県富岡町、福島県川内村、福島県葛尾村、福島県新地町、福島県飯舘村、


茨城県水戸市、茨城県日立市、茨城県土浦市、茨城県古河市、茨城県石岡市、茨城県下妻市、茨城県常総市、茨城県常陸太田市、茨城県北茨城市、茨城県笠間市、茨城県取手市、茨城県つくば市、茨城県ひたちなか市、茨城県鹿嶋市、茨城県潮来市、茨城県常陸大宮市、茨城県那珂市、茨城県筑西市、茨城県稲敷市、茨城県かすみがうら市、茨城県桜川市、茨城県神栖市、茨城県行方市、茨城県鉾田市、茨城県つくばみらい市、茨城県小美玉市、茨城県茨城町、茨城県城里町、茨城県東海村、茨城県美浦村、茨城県阿見町、茨城県河内町、茨城県五霞町、


栃木県宇都宮市、栃木県鹿沼市、栃木県日光市、栃木県小山市、栃木県真岡市、栃木県矢板市、栃木県那須塩原市、栃木県さくら市、栃木県那須烏山市、栃木県下野市、栃木県益子町、栃木県市貝町、栃木県芳賀町、栃木県高根沢町、栃木県那須町、栃木県那珂川町、


群馬県渋川市、群馬県邑楽町、
埼玉県加須市、埼玉県春日部市、埼玉県久喜市、埼玉県幸手市、埼玉県宮代町、
千葉市中央区、千葉県松戸市、千葉県旭市、千葉県浦安市、千葉県印西市、
千葉県香取市、千葉県山武市、千葉県横芝光町、千葉県白子町、新潟県見附市。


USGSによると、震源地はFunehikimachi-船引町の37キロ(23マイル)浪江のESE(人口21 866)、59.7キロ(37.1マイル)いわきのNE(人口357 309)、73.3キロ(45.6マイル)Eを位置していました(人口23 524)、80.9キロ(50.3マイル)丸森のSE(人口16 752)、および91.7キロ(57マイル)福島(294 237)

記事引用は⇒www.zerohedge.com









posted by キキ at 08:53 | 「大震災・原発」国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

東海第二原発で国の基準超える放射性廃液漏れる








東日本大震災のあと、運転を停止している茨城県東海村の東海第二原子力発電所の構内で、2日午後、国の基準を超える放射性物質を含む廃液およそ750リットルが床に漏れるトラブルがありました。環境への影響はないということです。



日本原子力発電によりますと、2日午後3時ごろ、東海第二原発の「廃棄物処理棟」と呼ばれる建物の地下の床に液体がたまっているのを、巡回していた作業員が見つけました。



調べたところ、液体は放射性物質を含む廃液で、地下1階と中地下1階の2か所で、合わせておよそ750リットル漏れていて、表面からは国の基準の40倍を超える1平方センチ当たり1700ベクレルのコバルト60と呼ばれる放射性物質が検出されたということです。



廃液は建物内のせきの中にとどまっていて、環境への影響はなく、作業員の被ばくもなかったということです。
廃棄物処理棟は、放射性物質を含む廃液を処理するための建物で、内部は配管が巡らされ、日本原電がどこから廃液が漏れたのか調べています。


K10010544601_1606030026_1606030029_01_02.jpg



東海第二原発は、東日本大震災のあと運転を停止していて、おととし再稼働に向けた審査を国の原子力規制委員会に申請しています。(NHKより)


ツイッター上で、「東海村JCO臨界事故の遺族らは、今回の東海第二原発のニュースを見たら何を思うんだろうか」とありましたが、どのように思っておられるでしょうね。


【東海第二原発】
1号機、1978年11月28日運転開始
沸騰水型軽水炉(BWR)
GE、日立製作所、清水建設
110万kW 329.3万kW 35.1%

38年経過している




【上の動画は村上東海村村長(前)の記者会見】
2011年3月、東日本大震災の時、東海村も大変なことになっていました。
(文字起こしありカレイド・スコープさん)

2012年9月5日、外国特派員協会で行った村上前東海村村長の記者会見で「あと70cm高かったら」、「あと2日早く津波が来ていたら」、東京は完全に終わっていたでしょう。「私も今頃、こうして生きていたかどうか分からない」と発言しました。


何しろ、防潮壁がもともと4.9mであり、(増設して)6.1mの壁になったわけですが、壁が完成したのは実は(3月11日の)2日前でした。3月9日に完成したということだったわけです。






posted by キキ at 11:24 | 「大震災・原発」国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

川内原発を止めましょう!ネット署名でみなさまも








私は、現在は県外在住ですが熊本市の出身です。
2016年4月14日及び4月16日に発生した震度7、震度6といった巨大地震及び百数十回を超える余震が続いています。


報道を見るにつれ、被害の状況が拡大し故郷の町が変わり果てた姿を見るに堪えません。
にもかかわらず、熊本県に隣接する鹿児島県にあり、今回の地震の震源となったと考えられる活断層上に建設されているといわれる川内原発は稼働を続けています。


万が一、福島第一原子力発電所のように事故が起きれば、九州全体が放射線の海と化することは想像に難くありません。


美味しい水と美しい自然に囲まれた熊本、そして九州のために川内原発の稼働の即時停止を決断してください。


sendai.PNG


署名へ


Petitioning:
Motoo Hayashi, Minister of Economy, Trade and Industry
Shinzo Abe, Prime Minister of Japan
The President of Kyushu Electric Power Co., Inc.
Yuichiro Ito, Governor of Kagoshima Prefecture
Tamayo Marukawa, Minister of Environmental Issues
I am originally from Kumamoto, although I don't live there currently.
Over the past few days, Kumamoto and surrounding areas have been hit by 2 huge earthquakes and continue to experience hundreds of smaller aftershocks.
As the reports continue, I am overwhelmed and saddened to see the damage that my beautiful hometown has suffered.
Despite this, in Kagoshima prefecture (next to Kumamoto prefecture), Sendai Nuclear Power Plant (which is situated right above the fault line that is likely the hypocenter of the earthquakes) continues to be in operation.
It is not hard to imagine the whole island of Kyushu bathed in radiation in the case that something similar to the Fukushima Nuclear Power Plant incident should happen.
For the safety and preservation of Kumamoto prefecture and surrounding areas, please make the decision to cease operations at Sendai Nuclear Power Plant immediately.
賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
林幹雄経済産業大臣
安倍晋三首相
九州電力社長
伊藤祐一郎鹿児島県知事
丸川珠代原子力防災担当大臣


gCxDkbiIpmDtjkV-800x450-noPad.jpg
中日新聞掲載


ドンドン署名をして下さっています。うれしいです、ありがとうございます。
ネット署名、多くの人にご賛同していただきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。


msUZGWDZshfiyoK-800x450-noPad.jpg


2016年4月21日 − 本日、朝9:00より、内閣府の内閣官房内閣総務官室請願担当主査の方に、安倍晋三 内閣総理大臣、林幹雄 経済産業大臣、丸川珠代 原子力防災担当大臣宛に、一時集約分として98889名分の署名と21350件のコメントを紙媒体で届けさせていただきました。

もちろん、提出時点で10万6000名を超える署名が集まっていることも申し添え、川内原発の即時停止の決断をしていただくように申し入れました。

賛同者の方4名に同行いただきました。

こうした署名の提出については、国会議員の取り付けがないと難しいことから超党派議員連盟である原発ゼロの会共同代表の近藤昭一議員の協力を
得ることができました。(近藤議員も同席していただきました。)

「帰れない故郷にしたくない」というシンプルな想いに10万名を超える方がご賛同いただいたことに深く感謝申し上げます。
署名へ





posted by キキ at 23:00 | 「大震災・原発」国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする