2021年03月25日

世見2021年3月25日天災







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2021年3月25日天災


21世紀末の東京は一年の3分の1が真夏日になる、と言ったらどうしますか?


世界の平均気温は、132年間で0.85℃上昇しているのですよ。


昨年の夏(8月)、静岡県浜松では、最高気温の日本記録タイとなる41.1度をマークしました。


アメリカのカリフォルニア州デスバレーでは、世界最高気温(8月)とみられる54.4度もありました。


18世紀の産業革命以降、人間による森林伐採や化学燃料の使用で、CO2濃度が40%も上昇しました。


「暑い暑い」が口癖のように出る真夏日が、これからも続くのでしょうね。


私が子供の頃の夏って、今のように暑かったようには思えないのです。


路地には団扇片手に将棋をしている人がいたし、夕方になると打ち水をして、そのおかげで涼しさも感じたりもしていました。


勿論、家にクーラーなどありません。
扇風機はフル回転で首を振っていました。
私達は貴い何かを忘れてしまったのかもしれません。
2020年も世界各地で異常気象が多発しました。
7月には日本全土を豪雨が襲いました。
熊本県の人吉市では、球磨川が氾濫し7,400戸の家屋が被災。その後、岐阜、中国地方、東北と豪雨が続き、多い所では何と総降水量2,000ミリも記録しました。
「百年に一度」このよう

に言われる雨はもう珍しくなくなってしまいました。
今年もどこかの川が氾濫して冠水するかもしれません。
地震も、先月の13日23時7分に大きいのがありました。


私の住む街は震度4でしたが、4であの揺れかと思いますと、5だとどうなるのかと心配になりました。


また、いつ大きく揺れるかわかりません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2021年3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする