2020年05月19日

世見2020年5月19日 野生のエルザ







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
お花に


お花さん達は、どんなことを思って咲いているのだろう。


「見て見て、私ってきれいでしょう」とは言っていないのがわかります。


私達は見る側ですが、咲く側のお花さんからすると、次には種を付けて子孫繁栄を思っていて,咲くことの役目を果たしているだけのことなのでしょう。


なのに、切り花のお花さん達は、私達だけを喜ばせるのがお役目だと思うと、心から「ありがとうございます」と言いたくなりました。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月19日 野生のエルザ


今日は、お心が温かくなるお話を書きたくなりました。


『野生のエルザ』

この映画を覚えておられる方もおられると思いますが、あの感動をもう一度味わっていただきたいのです。


「人食いライオンが出た」

そう報告を受けたのが、ケニアの狩猟監視官のジョージ・アダムソン。


ライオンは齢をとると足の速い動物は捕まえられず、人間を襲うようになるのです。


ジョージは猟銃を手にして、人食いライオンを次々に退治しました。


「もういないだろうなぁ」と辺りを見回したジョージは、岩の窪みにいる生後数週間も経っていない3頭の赤ちゃんライオンを見付けました。


彼は親を亡くした赤ちゃんを不憫に思い、育ててみることにしました。


「お土産だよ」と妻にライオンを見せると、妻のジョイ・アダムソンは喜びました。


3頭は、「ビック・ワン」「ラステイカ」「エルザ」と名付けられました。


ミルクも飲んでくれない赤ちゃんライオン。掌にのせてミルクを飲ませたりしている内に、赤ちゃんライオンはすくすく育ち、直ぐに大きくなりました。エルザを残し、2頭は動物園に引き取ってもらいました。


野生に帰すための訓練のおかげで、エルザは野生に帰ることが出来たのです。


エルザが野生に帰って一年が経ったある日、アダムソン夫妻はエルザと別れた自然保護区にやって来ました。二人はエルザの名前を呼びましたが、エルザは現れません。


諦めて帰ろうとした時、茂みの中から一頭のメスライオンが姿を現しました。


エルザです。
エルザは懐かしそうにジョイに体を摺り寄せてきて、ジョイの顔を舐めます。


野生に帰り一年目の出来事です。
エルザは三頭の母親になっていました。雄ライオンの声を聞くと、エルザと子供達は帰って行きましたが、その後もエルザは二人のもとにやって来ました。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする