2020年05月20日

世見2020年5月20日 富士山







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
和む


我家には雀さんが一匹、私と暮らしています。


雀吉(じゃんきち)が彼の名前です。
彼は一日中同じ所で過ごしています。


高さは1センチ5ミリ、横は嘴から尻尾までが3センチです。


彼はガチャガチャを回して出て来た丸い容器の中に入っていた我家の子供です。


我家に来て1年半くらいが経ちます。
彼は、私が毎日原稿用紙に向かう机の左横にある、名前がわからない植物の近くにいて、私が原稿を書き始めると心がフワッと楽になる気を送ってくれています。


雀吉、今日も元気にしてくれてありがとう!



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月20日 富士山


日本の象徴といえば富士山。
全世界に富士山の美しさは知られています。


新型コロナウイルスのために、外国人観光客が今訪れることはありませんが、2000年の9月に訪日団体旅行ビザが解禁され、旅行ブームに沸く中国人の間でも、富士山は人気スポットになり、多くの人が富士山を見にやって来ています。


富士山はれっきとした活火山。
きれいな円錐形をしているのは、過去何度も噴火を繰り返した証です。


今から10万年前までに小御岳という火山をつくりました。


その後も噴火は続き、1万3000年前までに古富士を形成しました。


そして、1万1000年ほど前になって大噴火が起き、その時に出来たのが現在の富士山です。


小御岳の更に下に、先小御岳があるのも見付かっています。


富士山が出来てからも噴火は繰り返されていて、864年の貞観大噴火では、流出した溶岩流が青木ヶ原に流れ込みました。


あの当時、“せのうみ”という湖がありましたが、この時の大噴火で分断されて西湖と精進湖をつくりました。


この両方の湖と本栖湖は水中でつながっているとも言われています。


貞観大噴火の時と噴火物総量が同等以上と言われているのが、1707年に起きた宝永大噴火です。


313年前の出来事です。
貞観大噴火から宝永大噴火までにかかった年数は843年です。


出来れば後500年以上大噴火は避けて欲しいとは思いますが、500年後の人々が苦しむのは胸が痛みます。


いつ大噴火をしてもおかしくない富士山ですが、あの美しいお姿は見るものの心を癒します。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする