2020年05月14日

世見2020年5月14日日本の火山







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
五月に


五月晴れのように、たまにはパッと明るい色目の服を着てみては如何でしょうか。


昔から“着たい服が似合う服”と言われているくらいですから、人の評価は気にせずに着てみてください。


私はおかげ様で、この太目路線が長いおかげで、20年前の服も未だに着られます。


今日はね、随分と前の、薄地の赤色のカーディガンでも着てみようと思っています。


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年5月14日日本の火山


4つものプレートがぶつかり合う狭間にある日本列島。


世界有数の火山国日本には、活火山がなんと世界の1割近くもあるのです。


温泉や地熱利用などの恩恵を与えられてもいますが、火山との付き合い方は非常に難しいのが現実です。


2014年の9月、御嶽山で水蒸気爆発が発生して、死者58名、負傷者69名、行方不明者5名を出してしまいました。


このことから、気象庁は2015年の8月、噴火速報の運用を開始したのです。


現在は24時間体制での監視が行われていますが、“常時観測火山”が対象です。


噴火速報はとてもシンプルな内容で、火山名、年月日時分、気象庁地震火山部発表。


「○○山で噴火発生 令和○○年○○月○○日○○時○○分頃、噴火が発生しました」というのが流れるのですが、どれだけ役立つのでしょうか。


東京都心からも近い観光地、温泉地として人気が高いのが箱根ですが、2015年の5月6日、噴火警戒レベルを1から2へ引き上げたことがありました。


大涌谷で新たな噴気孔ができ、噴出物の堆積も見られ、6月30日にはレベル3への引き上げが行われたのですが、覚えておられますか?


あれから5年が経ちましたが、今も大涌谷は元気です。


レベル3というのが入山規制です。
居住地域近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生しているか、それが予想される状態で登山禁止です。


各地で活発化する日本の火山。
このように書きたくはないのですが、いつ「噴火警戒レベル5」が起きるかわかりません。


「米丸」‥‥40数年前に知り合った方の名前が浮かびました。


「米丸さん元気ですか?」と書きたいのではなく、「米丸」この名前が気になりました。


桜島の近く?








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする