2020年02月14日

世見2020年2月14日 韓国情勢







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
バレンタイン


今日の主役はチョコレート。
どうも、人間は脇役のようです。
いつからなのでしょうかね。
バレンタインが今のようになったのは。


今日は自分にラブコール。
チョコレートケーキでもいただくことに致します。


―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年2月14日 韓国情勢


戦後最悪といわれる日韓関係ですが、昨年の9月に日韓関係が最悪の中、韓国に出掛けてみると、お店では日本人大歓迎で驚きました。


帰国する飛行機に乗るまでのタクシーでは、日本語が話せる運転手の方は日本人客が減って売り上げが減ったと嘆いていましたし、文在寅大統領のやり方に不満を持っていたのです。


日韓関係が最悪かもしれないと思ったのが空港でした。


食事をする時のメニューで、アサヒビールが×印だったのを思い出します。


文在寅大統領はいったいどうしたいのでしょう。


元徴用工が新日鉄住金に起こした訴訟で、最高裁判所が一人当たり1,000万円の賠償を命じる判決を出してからは、アレヨアレヨと仲が悪くなっていったのです。


韓国は、ジーソミアは昨年の11月末に破棄を撤回、延期は決まりましたが、いつ何をして来るかわかりません。


ジーソミアは防衛に関する情報を両国で交換し合う協定ですが、韓国は北朝鮮のことを心配していないのでしょうか。


韓国は米国からも中国からも信用されていないのでしょうか。


ジーソミア破棄を通達した時に、アメリカのポンペオ国務長官が「韓国に失望した」と表明しましたが、まさにその通りだと思うのです。


韓国国内の中小メーカーは給料が安い。だから職場定着率もとても悪いのです。


勤労者は圧倒的多数で大卒者です。
そのためか、中小メーカーへの就職はしたくないのです。


その結果、国内の品質が低下し、財閥は優秀な部品を輸入することにしたために、増々中小メーカーは大変になり、韓国経済は潤わなくなるのです。


内需振興はこの国の今後がかかっているのです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする