2020年02月04日

世見2020年2月4日 新型インフルエンザ







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
答えは


何かにつけて人に相談すると、自分の思考が衰えます。


重要なことほど、誰かに相談される前にじっくりと考え抜いてくださいね。


それとね。
相談される時は、ご自分にとって心地良い答を正解だと思わないようにしてください。


あくまでも参考意見としてお聞きになると、ご自分でもスッキリ出来る答が出て来ます。




―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年2月4日 新型インフルエンザ


新型インフルエンザの猛威に慄く日が、きっと又やって来るでしょう。


2009年の6月でした。
世界保健機関(WHO)がパンデミックを宣言。


世界はこの宣言に驚き、又、現実を見て心を震わせたのでした。


この時の新型インフルエンザウイルスは、過去のウイルスの広がる速度を驚きの早さで縮めたのです。


全世界での死者が2,000人を超えた期間は2ヶ月足らずでした。


免疫を持つ人が少なく、新型インフルエンザが人々を恐怖の世界に連れて行く日が来るかもしれません。


前回の新型インフルエンザは季節性インフルエンザ並のウイルスでしたが、次にやって来る新型インフルエンザも同様に思います。


感染力がとても強く、もしも日本に蔓延でもしたら、人口の4割もの人が罹患するかもしれないのです。


次に蔓延する新型インフルエンザに罹った人の致死率が何%かわかりませんが、0.5%なら大変なことです。


この新型インフルエンザを食い止める最も有効な手段がワクチンの接種ですが、このワクチンを用意できるかといったら簡単ではありません。


それよりも、国内生産では間に合わず輸入に頼ることになるのですが、あまりにも世界中に広がるスピードが早く、各国のワクチン生産が間に合わないと思うのです。


もしも、パンデミックが起きたらどうなるのでしょう。


ワクチンというのは徹底した臨床試験が不可欠です。


ところがです。
臨床試験が間に合わず、副作用が出る恐れのあるワクチンも使用せざるをえないかもしれません。


製剤メーカーは賠償責任を問われるのを怖れて、リスクを背負うことはしないでしょう。


パンデミックがいつ起きてもおかしくありません。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2020年2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする