2020年01月31日

世見2020年1月31日 巨大地震への備え







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
今日は


今日は先勝(せんかち)。諸事急ぐこと良しの日です。


午後にやるより午前中に吉を呼び込んでください。


今月も今日で終わりです。
何事も終わり良ければいいことありと申します。


今日一日、ご自分を大切になさってお過ごしくださいませ。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2020年1月31日 巨大地震への備え


いつどこで大地震が起きてもおかしくないくらい、北海道から奄美まで揺れています。


私も大地震が起きる気がしてビックリしています。


だからといって、怯えて待っていてもどうにもなりませんし、震度4クラスなら仕方がないなぁと諦めてもいます。


今までに起きた大地震から、私達は何を学べているのでしょう。


東日本大震災が起きてから一週間も経たない時、仕事で大阪に行きましたが、心斎橋を歩く人々は、何事もなかったかのように私の目には映りました。


勿論、道行く人々の心の内はわかりません。何事もなく見えても胸の中は騒めいていたことでしょう。


いつ来るかわかりませんが、巨大地震が起きる確率がアップするのを聞く度に、他人事と取らずに過去に学び備えることが、私達に出来ることではないかと思っています。


阪神淡路大震災の時も、東日本大震災の時も、起きてからというものは、防災準備をし、いつでも避難出来るようにと、大きめのカバンに、いざという時に役立つ品々を入れていました。でも「咽喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、今では準備しなくてはと思うものの、一日延ばしになってしまっています。


自分の身は自分で守る。
サバイバルにのぞむ気力。
書くことは簡単ですが、心構えひとつで私達は巨大地震に打ち勝てるのです。


原子力発電所は大丈夫なのでしょうか?
福島の原子力発電所の事故は、いまだに良き答を見出せていません。


私にはわかりませんが、原子力発電所って停止すれば大丈夫なのでしょうか?


巨大津波が、原子力発電所を木っ端微塵に壊したらどうなるのでしょうか?


心配をし始めると心が凍ります。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2020年1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする