2019年10月12日

世見2019年10月12日エジプト







★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
パターン


私はね。人が集まると、ついつい調子に乗ってはしゃいでしまいます。


そしてその後一人になると、はしゃぎ過ぎた自分が恥ずかしくなります。


いつもと同じパターンで、いつもと同じことで考えてしまいます。


こんな時というのはね。間違いなく楽しいからこそやってしまう行為です。


私と同じような思いを体験した人は、「アー楽しかった!」このように思うようにしませんか。



―――★―――★―――★―――

<世見>
世見2019年10月12日エジプト


「エジプト」 行ってみたい国です。
この齢になると、行くことのない国になってしまっています。


地中海・紅海はどんな色をしているのだろう。


シナイ半島にも小鳥はいることでしょう。


ナイル川は歴史を見続けた川。
エジプトの中央をナイル川に沿って細く縦貫しているグリーンベルト地帯。気候は比較的穏やかですが、このグリーンベルト地帯を離れると灼熱の日差しだといいます。


エジプトは97%が砂漠地帯。
それ故に典型的な砂漠気候で、昼と夜とでは服装で調整しなくてはなりません。


6月〜8月は日中40℃〜50℃もあり、3月〜5月は砂嵐の時期。


イスラム教徒の人達は1日に5回もメッカに向かって祈りを捧げるのですから、仕事に熱中出来ないのではと心配になります(笑)。


「子供達は人なつっこく旅人に声をかけますよ」とはエジプトに行った知人の話。


知人曰く、鳥料理を注文したら鳩の丸焼きだった、ですって!


でも、意外とあっさりした味で美味しかったと言っていましたが、鳩かぁ〜と思ってしまいました。


エジプトのことは、人からこの国のお話しを聞くか、ガイドブックを読むかくらいしかありませんが、先程から美味しいお茶を出す名店の名前なのか、それとも場所なのか、こんな声が聞こえるので書いておきます。


「ジャバルティー」 エジプトのことを書いているので、関係がある言葉に思います。ジャバルト地方出身ですって。なんだ、人の名前なのだ。


この人がどのような人かはわかりませんが、「エジプトの歴史を知りたいのであればジャバルティー」と書きたくなりました。


伝記と歴史における‥‥、次が聞こえなかったのが残念。エジプトは奥が深そうですね。


エジプトかぁ〜、やはり行ってみたいです。








記事引用元⇒幸福への近道より
【松原照子氏書籍をAmazonで】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする