2019年08月27日

世見2019年8月28日富士山の噴火







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
自然に


花を見ると心が落ち着くのは何故なのでしょうね。


でもね。咲き乱れた花の中に枯花が増え始めると、花が愛しくなくなるのか、扱いが今までとは違う人もいる気がするのです。


やがて美しく思えた花達も、人々から忘れ去られて行く日が来ます。


切り花は特に、お別れの日が早くやって来ます。
でもね。花達にも意識があると私は思っていますので、心を込めて会えたことに「ありがとう」と言っているのです。




―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年8月28日 富士山の噴火


富士山がいつの日か必ず噴火することは、誰もがわかっています。


ただ、自分が生きている時は噴火を見たくない、と思っている人も多いようにも思います。


312年前の12月16日、富士山は南東の山腹(4〜5合目)に火口が開き、爆音と共に大爆発しました。


富士山は日本最大の活火山です。
この富士山、火山としては若いのだそうです。


噴火によって、昔は「せの海」と呼ばれていた湖は、精進湖と西湖に分断されました。


これが宝永噴火です。12月16日午前10時頃、地震が起きたかと思ったら大爆発したのです。江戸でも正午頃には火山灰が降り始めたと言われます。


私は、箱根が火山だとは思いにくかったのですが、箱根山も立派な火山なのです。


富士山は、どうやら4つの火山がひとつになっているらしいのです。


地図を触るとね。
箱根火山が元気になると、愛鷹火山も元気になりたがるのです。


古い富士山ってあるのかなぁ。
富士山に凍土或いは氷床ってあるのかなぁ。あったら「溶ける」この字が出て来るの。出来れば小さな噴火で終わって欲しい。


南海地震が起きたとき、富士山に影響がなければいいのですが。


箱根火山は今日も元気です。
もしも今度富士山が大噴火をしたら、火山灰はどうなるのでしょうか。


人々は火山灰が重くなり、災害が大きくなると思います。


富士山はいつの日か噴火するでしょう。
でも、小規模噴火で終わって欲しいです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする