2019年07月12日

世見2019年7月12日幸せとは







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報


<世見>
世見2019年7月12日 幸せとは


花が咲いただけ枯れ花が出来ます。
枯れ花は、美しかったことを誇りに思っていることでしょう。


私達も、花のように、自分の人生に誇りを持って生きたい。
振り返れば、未練が残ることもあれば、あの日に戻りたくなることもある。


記憶から消したくなることを消しにくいのは、「学べ」と神様が教えてくれている証。


嫉妬心を体験したこともあれば、寂しさを味わったこともある。
後悔は齢の数だけ少なくなったが、ときめきも数が減った。


喜び事はいっぱい転がっている。
見付ければ 見付けるだけ嬉しくなる。
嬉しいという字は、女と喜がピタッと並んでいる。
男の人が喜ぶと、女性の気持ちがわかり、平和が漂うからこの字になったのかもしれない。



誰もが同じ感情を持っている。
誰もが幸せを口にする。
平穏な日々が一番幸せだ。このことを忘れて、刺激を欲しがる人もいる。


平等なのは、私達を生かすために働き続ける空気という存在。
空には愛情たっぷりのお日様。
空気は体を包み込み、愛してくれてもいる。
何が不服かと尋ねると、心から即答が帰ってこないことの多いこと。



自分の心を持て余し、不幸な顔をすると損をする。
誰もが幸せそうに見える時、自分も幸せに見えていることを思い出せ。


自分の人生を悔いなく送れる人っているのだろうか。「いない」と答えが返って来る。


作り笑顔を鏡に映し「可愛いね」と言ってみて。それだけで幸せが溢れます。


イライラの捌け口を他人にするな。自分にいつか帰って来る。
幸せとは、自分が育てて輝くことに尽きることです。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする