2019年07月24日

世見2019年7月24日卑弥呼に思いを







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
いじめは


小学校の頃、今でいうといじめにあっていました。
松脂を指先に塗り服を破られたり、当時は水洗トイレでなかったので、便の汲み取り口に棒を突っ込み、その便を頭につけられたり、鼻をかんだ紙をクラスの子に見せて歩いたと言われたり、思い出すと様々ないじめにあっていたのです。


私がこうしたいじめにあっても、いじめをする人の心は、きっといじめられる私より苦しいと思えたのが不思議です。


嘘がクラス中に広がった時は、嘘を言った一番の子は本当のことを知っているから、まぁいいか、と思ったのです。


私は、現在なら発達障害に当て嵌まっていた気がします。


今いじめの問題で悩んでおられる方、発達障害と言われて心配をしておられる方に、お役立ちが出来る言葉はありませんが、私は、両親が「お前が一番可愛い」と育ててくれたことが、わかってくれる人が二人もいるということが幸せで、落ち込むことはありませんでした。



―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
世見2019年7月24日 卑弥呼に思いを


令和がスタートしましたが、「令和」の文字を何かに書く日はまだやって来てはいません。


令和の領収書もまだ見ていません。
日を増す毎に、令和の文字が頭の中に刻まれて行くことでしょう。


幻の卑弥呼の都とも言われる「纒向遺跡(まきむくいせき)」。

卑弥呼は、祭祀を司った邪馬台国の女王と言われています。

この纒向遺跡から、「卜骨」という占いに使われた動物の骨が見付かっています。


この卜骨は、辻地区の大型建物の跡から発見されました。

この大型建物は、祭祀を行う特別な場所だったと私は思っています。


卜骨とは、動物の骨の表面を焼き、表面のヒビ色で吉凶を占うというものです。


いったいどのような見方で吉凶を占うことが出来たのか、とても興味を覚えます。


卑弥呼もこの方法を使っていたのでしょうか。
“幻の邪馬台国”として注目されているのが纒向遺跡です。



この遺跡の出土品の中に卜骨があったのですから、もしも邪馬台国がこの地だとしたら、卑弥呼も卜骨占いをしていた、こんな思いになるのです。


三輪山に行かれたことがありますか?
古事記、日本書紀では、大物主大神が出雲の大国主神に国造りを成就させるために、三輪山に祀られることを望んだ、と書かれています。


邪馬台国、卑弥呼ファンの人には、三輪山には是非一度行ってみて欲しいと思います。


この遺跡からは、祭祀用の木製の仮面も見付かっています。
卑弥呼も木製の仮面をつけて祭祀を行ったのでしょうか。
夏休み、卑弥呼に思いを寄せるのもいいかもしれません。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2019年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする