2018年05月06日

ハワイキラウエア火山噴火M6.9地震発生2018年5月6日








米ハワイ州ハワイ島にあるキラウエア火山の噴火活動は5日も続いた。けが人の情報はないが、溶岩が住居のある地域まで流れ、住民ら2千人近くが避難。専門家は数カ月間は噴火や地震が起きる可能性があるとしており、長期化が懸念されている。

 
ロイター通信などによると、火山から約19キロの地点で、噴火による新たな地面の亀裂が確認された。ハワイの火山観測所は「噴火活動は強まっており、2週間〜数カ月は続く」との見通しを示した。地元観光関係者は「観光業への影響は、ほとんどない」としている。

 
キラウエア火山は世界最大級の活火山。3日に噴火し、イゲ州知事が非常事態を宣言。周辺では4日にマグニチュード(M)6・9の強い地震が起きたほか、有毒ガスも発生しており、当局が注意を呼び掛けている。
記事内容はスポニチより


Kilauea eruption20180506.JPG

180504163938-06-hawaii-kilauea-volcano-0504-exlarge-169.jpg

53020910c5.jpg

180504194700-hawaii-volcano-traffic-0504-exlarge-169.jpg

c28917ca82.jpg

gettyimages-954775046.jpg


画像はABCより








【地震と火山の最新記事】
posted by キキ at 23:00 | 地震と火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする