2018年04月28日

世見2018年4月28日地球家族







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
優しさ


ベランダには花々を中心に育てています。
目的は緑化です。


ほんの少しでも、いい空気さんがここを通ることで気持ちがよかったら、それでいいのです。


でも、小鳥がやって来て花を食べてしまうと、小鳥達を睨む私がいるのです。
優しいって本当に難しいことです。


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2018/4/28 地球家族


太陽誕生の名場面を見ることは出来ませんでした。
地球誕生が記憶の隅にでも残っている人などいないことでしょう。


広大なる宇宙では新たなる星が誕生しています。
又、寿命を終えた星もいます。


寿命が尽きた星は爆発を起こし、ガスや塵などを宇宙空間に飛び散らせました。
様々なこうした要因が重なり、太陽が誕生したのかもしれません。


一度は行って見たくなる神々の谷。
アメリカのアリゾナ州からユタ州に跨るグランドサークル。
天の川が広がる神々の谷には、人類には手に負えぬ世界があることに気付きます。


この天の川には、約2,000億個の星が輝いているのです。
地球における人類の先輩と言うべき生物達は、次々に滅亡して来ました。


海中においては96%が絶滅。
地球上の全生物の70%が絶滅したことのある地球です。


その要因は、火山の大噴火です。
恐竜が出現、そして大絶滅。
人類の祖先にあたる霊長類が出現して、今の世界が地球に出来ました。


コペルニクスは、太陽中心説を何故発表出来たのでしょう。
私達が住む地球は太陽系の一族だと思います。


こうして住んでみると、地球に住んでいる気になれないのも不思議ですが、私達は地球に住む“地球家族”なのです。


アリゾナ州の赤茶色をした大地には、450kmも続く大地の裂け目があります。それを目にした時の感動を忘れることは出来ません。


グランドキャニオンを見ると、自然の営みの凄さを感じました。


地球は生きています。
人類の絶滅だけはないことを祈ります。








記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索



posted by キキ at 00:00 | 世見2018年4月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする