2017年11月16日

トルコが米ドルを手放して市民へ金を購入するように勧める








トルコ政府は、ロスチャイルドの下院を拒否し、国民に対し金を購入するように勧めています。

以下Google翻訳

世界銀行の報告書では、国際通貨基金(IMF)に対する反発を呼び掛けた動きのなか、中央銀行は最近数ヶ月で急激に買い物を急増させた。


この報告書によると、人民が立ち上がり、ロスチャイルドが管理するIMFを拒絶すると、金への投資は過去最高に達している。


Rt.comは次のように報告しています。「2017年の投資需要の指標であるバーとコインの購入は、前年同期の14.8トンと比較して47メートルです」と、ZeroHedge氏は述べています。


Turkey-bans-rothschild-banks-678x381.jpg



トルコの中央銀行は今年、約30.4トンの金を買った。伝えられるところによると、買収の急増は、トルコと伝統的な欧米の同盟国である米国と欧州の緊張の高まりから、国際的な埋蔵量の多様化を目指す国家措置によって引き起こされた。


一年前、レプ・タイイップ・エルドガン大統領は、金を節約し、米ドルを避け、中央銀行にその政策を取り戻すよう求める、とトルコの国民に要請した。


t2017.JPG


同時に、トルコのリラの交換価値は10月初めから15%低下した。この急落は必然的に、貯蓄手段としての国の通貨をますます魅力的にしてしまう。


ほとんどの新興市場通貨は圧力を受けているが、タトゥー・トゥ・タット旅行とビザの制限によってエスカレートされた米国・トルコ行は、投機を押し上げた。

一方、金需要は世界的に低迷を続けています。今年第3四半期には9%減の915トンとなり、2009年以来の最低水準を記録した。この減少は、ジュエリー業界ではより緩やかな四半期で、為替先物ファンドへの流入が減少したことによるものであった。

以上

この動きが今後世界で加速するのではないでしょうか。
アメリカも金本位制となる前段階なのでは…。







記事参考はこちら⇒yournewswire.com


【海外ニュースの最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする