2017年09月19日

「安倍晋三総理大臣が臨時国家の冒頭解散を検討か」今日の焦点原田武夫氏2017年9月19日号








⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「安倍晋三総理大臣が臨時国家の冒頭解散を検討か」です。

⇒その理由は……:

 ─我が国を巡る真実。
  それは「立憲君主制」であるという点です。

 ─さらにその奥底にある真実もあります。
  それは「神権政治」であるということです。

 ─「まさか」と思われるかもしれません。
  しかしこれは現実です。

 ─総理大臣に選ばれた瞬間から世界は変わるのです。
  「風」を感じ取られなければならない。

 ─風が吹いている間は辞められないのです。
  他方でぴたりと凪になった瞬間に交代しなくてはならない。

 ─それが求められる資質なのです。
  そしてその淵源は「神権政治」にあります。



我が国の安倍晋三総理大臣が衆議院を解散すると報じられています。
本人は「訪米後に判断する」と述べてはいます。


前後関係から見て、余りにも他律的なわけです。
大義名分もないことが明らかなのです。


それでも「解散総選挙」だと言い張るわけです。
2012年の「野田佳彦総理大臣」の時も全く同じでした。


「敗北する」と分かっていて選挙が行われたのです。
そして構造転換が行われた。


そう「構造転換」が行われたわけです。
そこにポイントがあります。


着実に今回は「次」に移ります。
・・・あなたには、”分かり“ますか?

もっと知りたい方はこちら⇒IISIA
IISIA公式メールマガジン 2017年9月19日号
発行:  http://www.haradatakeo.com/






【原田武夫の最新記事】
posted by キキ at 11:00 | 原田武夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする