2017年08月31日

世見2017年08月31日古代の医療







★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報

<照の日記>
8月が


海辺から9月に入ると人影が減ります。
波の音だけが漂う浜辺。
8月は今日でさようなら。
明日からは9月です。
あなたにとってステキなことがいっぱい訪れますように!


―――★―――★―――★―――★―――


<世見>
2017/08/31


旧約聖書の時代も新約聖書の時代も、病気が流行ると悪魔が活動して起きると考えられていたと言われます。
古代メソポタミヤの時代や古代エジプト時代の衛生観念は、至るところで迷信と結び付いていました。


現代なら精神病の一種と考えられる現象も、悪魔の仕業になっていました。
皮膚病については、聖書の時代には祭司が鑑別し治癒の認定をしていたと、不思議な世界の方が教えてくれました。


ツァーラアトの患者は、“罪”が病気の原因であると言われ、病人はかなりの精神的苦痛を味わったのです。


旧約聖書には約50種の病気が書かれているとも教えられました。


外科手術が行われていたのも事実です。
パレスチナでは日本のような四季は期待出来ません。


夏季と雨季の二季しかなく、一日の温度の高低差が非常に大きく、40℃にもなる日があると言われています。


砂漠から吹く熱風のシロッコが吹き荒れるのですから、微細な砂埃が充満して病気にもなります。


あの頃、祭司や僧侶が医療を担当していました。
マラリアや赤痢も度々発生したのです。
聖書時代を読み解くにはこうした環境下も知っておかないといけません、と話される不思議な世界の方。


聖書と聞くだけで特別な書に思ってしまう私は、病気についてはとても気になります。
医療の発展は、宗教には重要なことだった気もしますが、ローフエーと医者のことを言っていたとも言われます。ローフエーの意味がわかりません。







記事引用元はこちら⇒幸福への近道より
【松原照子さんの書籍をアマゾンで見る】→松原照子検索

posted by キキ at 00:00 | 世見2017年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする