2017年07月21日

セシルライオン息子ザンダも射殺さる2017年7月







ジンバブエのスターだったライオン・セシルの息子ザンダXandaもトロフィーハンティングによって射殺されました。6歳のザンダはスターでした。


ジンバブエのトロフィー狩猟師が死亡したセシルの息子は、父親と同じ運命に見舞われました。ザンダの父セシルは、2015年に死亡したことで世界的な抗議が起こっていました。


Xandaは6歳で、数多くの子を育てました。彼は7月7日、the Hwange national parkのすぐ外で撮影されました。セシルが死亡した場所から遠く離れていませんでしたが、死のニュースは木曜日に公開されました。


zanda.jpg
ザンダ

Cecil_the_lion_at_Hwange_National_Park_(4516560206).jpg
セシル


トロフィーの狩猟は、ジンバブエの民間狩猟者、リチャード・クークによって企画されましたが、数万ドルを支払ったかもしれない彼のクライアントは明らかにされていません。


XandaはGPS追跡首輪を着用していました。オックスフォード大学のAndrew Loveridgeが率いる科学者たちは、黄色の首輪ライオンを長年研究していました。


「Xanda は、大きなたてがみ、大きな体、美しい個体、-非常に、非常に美しい動物」。 Loveridge はガーディアンに語った。「個人的には、誰でもライオンを撃ちたいと思うのは悲しいことだと思いますが、そのためにお金を払ってくれる人がいるのも事実です」


セシル・ライオンの遺産:死は彼の孫のために新たな希望をもたらします。
「昨年10月、Xandaに首輪を着け、彼の周りで少しの時間を過ごした。研究者として、誕生以来追跡している有名な研究動物の死を非常に悲しんでいる」と電子メールでAndrew Loveridge氏は語りました。



しかし、Loveridgeはトロフィーの狩猟を完全に非難していません。「トロフィーの狩猟は、アフリカでのフランスとスペインの規模に関する地域を保護します。しかしあなたがトロフィーの狩猟をすると、その生息地はどうなりますか? 」…。



「Xanda は国立公園の境近くで歩き回っていた3頭の大人の雌ライオンと7頭の子のグループでのプライドオスだった。彼は公園の境界から2km のところで射殺された、」と Loveridge は言った。



科学者たちは、公園の周りに5km以内の狩猟禁止ゾーンを望んでいます。「何年も前から提案してきたことだ」と述べた。しかし、多くの狩猟は動物がいる場所である境界線上で起こるため、多くの反対があります。ワンゲの写真観光事業者は、この議論を非常に熱望しています。これが起こることは悩ましいことだ」



「Xanda の死は15000平方キロメートルに広がるワンゲ国立公園の強い550頭のライオンの人口に即時の危険をおy星はしない」と、Loveridge は話すが、同時に「ライオンの人口は、それが起こらなかったらおそらくよりよい」、Loveridge は言った。


科学者は、クックは責任ある運営者であり、狩りのための法的な責任を持っていたと述べた。「彼は非常に倫理的である、彼は私たちへ首輪を返し、起こったことを伝えた。彼は1人ではない。クックは、過去にいくつかの首輪付きのライオンを殺した。狩りは合法で、ザンダは6歳以上だったので規定された規則通りだった」、Loveridge は言った。クックは、コメントの要求に応答しませんでした。



「私はGPSの首輪のデータを見てきましたが、それはすべてクックのように思われます」とLoveridge氏は言います。「首輪は狩猟のキャンプに行き、これは動物が撃たれたことを知っているということです」





2015年、米国歯科医ウォルター・パーマーによって殺されたセシル・ライオンは、過去10年間に3倍の死亡者数を誇る大きなビジネスになっているトロフィー・ハンターの批判に広がった。ライオンは過去一世紀に全体の90%を失ってしまい、約2万頭しか残っていません。



フィリップ・マンスブリッジ国際動物福祉基金のディレクター、フィリップ・マンズブリッジは、「IFAWは、レクリエーションのための野生動物の残酷で不必要な殺害に反対し、持続可能なエコツーリズムの機会を通じて自然生息地内でこれらの壮大な動物を楽しむことを奨励する。これは、野生動物と一緒に住む地域社会にとってより有益であることが証明されています。



「セシルが死亡したあと、前例のない世界的な抗議は、大多数がトロフィーのためにこれらの動物を虐殺する少数派の行動に反対していることを示している」と彼は語った。"これらの動物は、弾丸ではなく、私たちの保護に値する。"



Humane Society InternationalのMasha Kalininaは次のように述べています。「トロフィーハンターは何も学んでいません。ライオンが消滅するのを止めるためには、ジンバブエのような国ができるだけ多くのライオンを保護することが重要です。それは、トロフィーの狩猟を禁止するボツワナとケニアの例に従うことができます。


オックスフォードのもう一つのチームであるDavid Macdonald教授は、12月にガーディアンに厳重に規制され持続可能な狩猟がライオンの生息地を保護するための貴重な資金を提供できると語った。



結局何も学んでないのです。

世界的に動物保護の意識の高まりの中でも、特にライオンや像は射殺されることが普通に行われてきています。ハンティングする観光がビジネスとして非常に大きなものであるからですが、少しずつでも「見る、動物を見守る」観光に変わってほしい。


2016年7月時点、射殺された13歳だったセシルは、13人の息子および娘および15の孫がいると考えられています。

オックスフォード大学の野生生物保護研究ユニットによるセシルと寄付のためのウェブサイトはこちら


<関連記事>
人気ライオン「セシル」を射殺した米国人ハンターの行方
エイミーオランウータン7年の時を経て救出される2017年4月3日
アルビノ白いオランウータン命名「アルバ」2017年5月18日







記事引用は⇒ガーディアン


【海外ニュースの最新記事】
posted by キキ at 12:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする