2017年07月20日

農業関係者は、ほとんど見られない狂牛病がアラバマ州で発見されたと伝えている








農業関係者は、ほとんど見られない狂牛病がアラバマ州で発見されたと伝えている
ジョン・マクミラン農務長官の声明によると、11歳の牛では非定型のウシ海綿状脳症が確認されているという。


米国農務省は、これが、米国で確認されている非定形の疾患の第5例のみを示している。


マクミラン氏によると、その動物は家畜市場で日常的にスクリーニングされている間に発見されたという。牛は屠殺されず、その肉は食物連鎖に入りませんでした。


狂牛病は、飼い猫の副産物から繁殖する可能性がありますが、それは起こったことではありません。州ではこの発見は高齢動物で起こりうるこの病気の「まれで自発性の」ケースと呼んでいる。


brion.JPG



■狂牛病

ウィキペディアより

牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、英語: Bovine Spongiform Encephalopathy, 略語: BSE)は、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。


「ぎゅう かいめんじょう のうしょう」とも読む。一般的には狂牛病(きょうぎゅうびょう, Mad Cow Disease)として知られ、1986年(昭和61年)にイギリスで初めて発見された。


羊のスクレイピーや、鹿の慢性消耗病 (CWD)、他、ヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病 (Creutzfeldt-Jakob disease, CJD) などを総称して伝達性(伝染性)海綿状脳症(Transmissible Spongiform Encephalopathy, TSE)と表記される場合もある。


家畜伝染病予防法によって指定されている監視伝染病のひとつ。

この病気を発症した牛は、当初は群れから離れたり痙攣を起こしたりする程度で目立った症状は現れないが、やがて音や接触に対して過敏な反応をするようになり、病状がさらに進むと運動機能に関連する部位も冒されて立てなくなるなどの症状を示す。


BSE問題

2000年代の初頭に発生した、BSE(牛海綿状脳症、Bovine Spongiform Encephalopathy)に関する一連の出来事、事件、またそれらのメディア報道によって発生した社会問題である。


BSEをめぐる畜産業(食肉産業)や外食産業にくわえ、一般生活者を巻き込んだ社会現象となった。本項では主に、これらにまつわる社会動向を記述する。


報道の過熱によって、日本でのBSE感染患者は一人も出なかった(海外で日本人感染者一人)にもかかわらず、BSEが発生したと報道された農家や、目視検査をした女性獣医師など5人が自殺した。BSEは、俗に「狂牛病」 (mad cow disease) と呼ばれることもある。


ABCニュースより








【海外ニュースの最新記事】
posted by キキ at 01:00 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする