2017年07月07日

蝉の鳴かない夏に要注意(梅雨明け猛暑でも蝉が鳴かない?・・怪)







7月に入りましたけど、すごく気になっていることがあります。
蝉が鳴いてない、蝉の声が聞こえない…。気がするんです。


皆さまの地域はいかがでしょうか。
土曜日から二泊三日で八ヶ岳に行って参りましたが、蝉の作った穴らしきものはたくさんありましたが、鳴き声は聞こえませんでした。


こちらは、西宮市北部ですが、まったく蝉の声を聞きません。
といっても、大阪府池田市石橋駅周辺や学校など、吹田市などでは、聞くとか。しかし確かに例年より少なく感じるとのことです。



以下の記事は、2011年6月のものです。

蝉(セミ)と地震の関係については、古来から様々な関連性が指摘されている。
即ち、地震の前兆現象を蝉が感じ取り、七年に一度の”開花”の時期をずらすと言う訳である。



1923年(大正12)9月に起こった関東大震災では、同年の7月から8月にかけて、神奈川県橘樹郡登戸村(現川崎市多摩区)の一帯で蝉が全く鳴かない夏であったと記録されている。



同様の現象は、埼玉や伊豆半島でも見られたという。
また、1707年(宝永4)夏には伊勢国萩原(現在の三重県亀山市の一部)で「蝉の声悉く打ち止まん…一帯真夜中の様に静寂也」と記し、天変地異の前触れではないかと心配した村民の不安を庄屋が地元の郡代に申し出るという記録が残されている。



死者2万人とも言われる宝永地震はその年の10月に起こった。
更に11月には世に言う宝永大噴火と呼ばれる富士山の噴火が起こり、農作物に大被害を与えた。


http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/468.html


蝉の声とは関係ないですが、三重県熊野市などでは魚がまったく獲れない、そして海開きも延期になっています。熊野市遊木町や二木島など、魚がぜんぜん獲れないとしきりに言っているようです。








【空耳の最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする