2017年07月05日

九州福岡・大分県大雨10人行方不明2017年7月5日







ツイッター
大分県
福岡県


気象庁は6日午前3時10分、新たに

福岡県の柳川市、大牟田市、みやま市、大川市、筑後市、広川町、大木町の7市町に大雨特別警報を発令した。


大雨特別警報が発令された県内の地域は12市7町1村となった。気象庁は土砂災害や河川の増水に最大級の警戒するよう呼びかけている。


尋常じゃないですよね…集中豪雨…。
橋が壊れていく…自然災害なのかほんとうに?


上空からの映像などが撮影されていないため、被害の全体像はつかめていないようですので、判明するにつれ今後被害が増えることが予想されます。


24時間の雨量が540ミリを超えた大分県朝倉町、平年の7月1か月分のおよそ1.5倍に達しています。


hevenly20170705.JPG
画像は大分県日田市のかげつ川、2017年7月5日午後4時40分。
川の水は避難勧告レベルに達しました。(毎日新聞)




水曜日に南西部の九州本島に激しい雨が降り、河川洪水や土砂崩れが起き、福岡県や大分県の少なくとも10人が行方不明と報道されている。


一部の家屋は洗い流される恐れがあり、数十人が孤立しており、43万人以上が福岡の久留米に30万人を含む被災地の避難所や避難場所を避難するよう命じられました。


福岡県警によると、計6人の未成年者が子供を同伴し、生き埋めが懸念されている。福岡県朝倉市には70代の男性がいないという。


一方、福岡県は、朝倉市の県職員3人がパトロール中に連絡を絶っているという。日田市によれば、大分県の日田に住んでいた人は10人目だ。


朝倉は水曜日の洪水で最も打撃を受けており、水曜日の24時間に渡って515ミリメートルの降水量を記録した。朝倉市は5万4千人の避難命令を出しました。


気象庁は、福岡や周辺の大分市では、豪雨が1年半の災難をもたらす可能性があるとし、「最大限の警戒」を促すよう求めた。


雨が降って交通が崩壊し、日高の鉄道橋が川を洗い流し、久留米と大分市を結ぶJR九台線を運輸省に引き裂いた。他の橋も街で失われている。大分高速道路は雨のために部分的に閉鎖されていた。


福岡市と大分市の雨量は6,400世帯にも及ぶ。


朝倉市の自治体は、洪水が発生した地域の小学校で約50人が孤立したため、自衛隊に助けを求めた。福岡市と大分県も自衛隊の派遣を呼びかけた。


東京では、安倍晋三首相が、被害者の救済や被害者の救済に最大限努力するよう、政府に指示した。政府によると、消防士、警察官、自衛隊のメンバーで構成された6000人余りの人員が木曜日の午前中に救助、捜索、復旧作業に従事するとみられる。


朝倉の宅配業者である林裕道氏は、「川が氾濫し、住宅が氾濫し、川や道路のどこがわからない」と話した。61歳の男性は、知人が泥だらけに埋もれていたと語った。


気象庁は、木曜日までに豪雨が西日本の一部にヒットする可能性があると警告した。


朝倉を除いて、近隣の佐賀県の鳥栖や大分の日田では、特に雨が降り、時間当たりの降雨量は約110〜120mmであった。


日田では大井川が浸水し、少なくとも五人は孤立したまま、大分の中津では幹線道路が倒れた木で塞がった。福岡の東邦村では、3戸が掃除されたと伝えられているが、スガ吉秀官房長官は急いで記者会見した。


水曜日、西日本の他の地域にも大雨が降った。広島の川で男性の身体が見つかったため、地元の警察は、島根県と広島県を襲った豪雨のために川の水位が上がったために流されたのであろうとのことです。


島根県では、9,200世帯の2万人に住宅を避難させるよう促した。
島根県内の一部の学校で雨が降ったため、水曜日に休校とし、両県の列車運行を中断しました。


日本海に面した島根県の浜田市では、水曜日の午前80ミリの降水量が、東シナ海の雨水を吹き飛ばす季節的な雨の前で、嵐の雲を帯びていたという。



以下、ツイッターで。


福岡・大分両県での大雨被害を受け、ツイッター上では救助を求めたり、被害の状況を伝えたりするツイートが相次いだ。

 
福岡県朝倉市で工場2階に取り残された7人は、救助を求めるツイートに周辺の状況を撮影した動画を添付。道路を勢いよく流れる濁流や、積み重なった流木や自動車が確認できる。

 
大分県日田市でも、踏切を濁流が覆う動画付きで「浸水で遮断されて孤立です」と伝えたり、「大人が6人、赤ちゃん1人が孤立してます」と救助を求めたりするツイートがあった。

 
これに対し、発信者に状況を尋ねて励ます書き込みや、具体的な救助要請方法をツイートする人も多く見られた。

 
自治体側もツイッターの公式アカウントで情報を発信している。福岡県は、県内の気象情報や各自治体の避難情報を次々とツイート。大分県も、ホームページの災害情報更新や、土砂災害危険度情報サイトへのアクセス状況などを伝えた。


今後国内で気をつけるべくは、水害だと心しておかなくてはいけないですね。








posted by キキ at 23:00 | 災害・国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする