2017年07月06日

第四の神器と裏・闇・表の世界








本当に物事を動かしている者たちは“そうではないこと”を知っています。


なぜか。国家財政とは異なる「簿外資産」が歴史的に存在するからです。


太陽活動の激変に端を発している現状の動き。
激しさを増す一方のその動きはもはや世界の根底にまで達しています。


そしてついに、動かしてはならぬ「簿外資産」まで達しているのです。
根源的な階層、すなわち王族たちが静かに動き始めています。


そう、もはや選挙で選ばれたリーダーたちが収められる問題ではないのです。
未来を決めるのはこの「簿外資産」のレヴェルでの決断なのです。


「闇の世界」、すなわち本当に世界史を動かすリーダーたちを知るIISIA。
だからこそ、他のどこでも知ることが出来ない真実を特別にご説明します。



私は "偽造" と "人類のための世界的救済基金" に関する私の以前の記事を公開して以来、いくつかの友人や同僚は親切に私と共同で課題に取り組むために連絡します。彼らが私に与えてきた詳細な情報のおかげで、重要なものを見つけ出すことができます。


この機会に、 "IBOE" が何であるかを理解しているかどうか私に尋ねた。そしてそのために、華僑の尊敬に値する伝統的な家族のリーダーである私の年長の友人の一人に心から感謝したいと思います。


さて、今、私はあなたに同じ質問をしたい: "IBOE" とは何ですか?
(IBOEとはInternational Bond of Emperor)


1-kennedy-bearer-bond-image-2.png



完全に問題を理解するために、我々は2012年、イタリアとスイスの国境で起きた事件を思い出すことを始めたいと思います。西側金融メディアの報道によると、2人の日本人の紳士は、1934年USG債券の箱を引き出すことを試みたために容疑者として逮捕されました。(2009年、ポンテ・キアッソ事件)


そしてのちに、米国当局の権限で、事件が公に知られるようになった後すぐ、「USGの結束は「偽造」である」と発表し宣言しました。そして、時間の経過とともに、誰もがもうこのイベントを振り返ることはありませんでした。


それにもかかわらず、偽造と "本物の" 金融インテリジェンスの専門家は、このような方法で問題を単純化すべきではないと知っている。


特に、あなたが "IBOE" の存在を知らされている場合は、自動的に "IBOE" と、これらの古い "偽造" の間に重要なものを知ってもらうために招待されているのです。それは、巨大なはるかに価格のUSGの債券であります。


人は非常に好奇心旺盛ですが、本当の金融の世界に分類された情報への直接接続を持っていないために、私は簡単に次のように言及してみましょう。:


完全に問題を理解するために、あなたは途方もない額面価格で USG の債券の完全だったヴェルサイユ条約ポイントはUSGのために債券を担保した人です。そして、誰が信じられないほどの額面価格で発行された債券を買ったのでしょう?


あなたが "偽造" として、それが本物であるとは考えない、と全体の話をみなす場合、私と一緒にさらに行く必要はありません。いわゆる「常識」に固執せず、マスメディアから与えられた知的な枠組みから飛び出したいというのであれば、まずは何によって債券を裏付けたかという問いに取り組む必要があります。


単語 "IBOE" は、あなたに債券と起こっている現実の間に不足しているリンクを与えます: 問題であって、そして 米国大統領の選挙の時のある4年ごとに発行された IBOE のすべての所有者は、合法的に彼らの祖先を主張する権利があります。


Box-of-Chicago-Bonds-340x255.jpg


今、彼らが誰であるか疑問に思うかもしれません。IBOEを保障する人の中には、「第4の神器」を所有する鎌倉に住む紳士が含まれます、その第4の神器が茶匙(tea scoop)であること、奈良の正倉院にあった木片で作られていること、その茶匙を保有している者が真の日本の天皇である。つまり、日本の真の天皇は皇居ではなく鎌倉に住んでいるのです。


ヴェルサイユの幽霊が明かす。その意義と現実を認識せずに、前進することはできません。私は金融インテリジェンスの私のメンターと、さらにこの問題に取り組んでいきます。ご期待ください。

記事引用元以下

http://haradatakeo.com/?p=64150

http://haradatakeo.com/?p=63847

https://planetwatcher311.wordpress.com/2016/03/








【空耳の最新記事】
posted by キキ at 00:00 | 空耳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする